水族園

2010.11.22

ガザミ発見!

01干潟を散歩していると何と青色が美しいカニを発見!甲羅が取れていて死んでいました。渡り鳥の一撃をくらったのでしょうか…。大きさは大人の手のひらよりもすこし大きいくらいでした。

名前を調べてみるとタイワンガザミというカニで食用にもなっていました。ワタリガ二の一種で、たいへん美味しいそうです。WEB検索してみると通信販売でも結構売られています。

干潟に生息するカニですが、今まで西なぎさでは記録されることがなかったことが、水族園の今年10月39号「なぎさ通信」の巻末に書かれていました。海がきれいになっている証拠ですね。たいへん嬉しいことです。
でも名前からして外来種の様な気もしますが、果たして生息していて問題ない種なのでしょうか??

まぁ、こんど生きているのを見つけたら間違いなく持ち帰って食べてしまおうか…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.23

水族園/改修問題の記事

葛西臨海公園の水族園のインフラが老朽化し、2020年には大改修の必要性がある記事が、日経新聞に載っていました。

開園から20年が経過し、配管やろ過装置などの老朽化が進んでいる様子で、来年度あたりから改修の設計がすすめられるそうです。海水を扱った施設ですから、インフラの傷みも早いのでしょう…。
当初の設計は、建築家:谷口吉生氏の設計で、同氏は同じ公園のクリスタルビュ―の設計者でもあります。

マグロの水槽も改修の対象なのでしょうか?詳細の記事は出ておりませんでしたが、そうなると120匹のマグロの大引っ越し作業が発生するわけですね。たいへん大掛かりになります。いっそ食べてしまったほうが…なんて提案したら、きっと非難ごうごうでしょう。

改修費用は数十億~100億円かかるというからビックリです。マンションの様に、中長期修繕計画を立案し、入場料等でみたてた事業計画を立てていなかったのでしょうかねぇ…?
やはり記事には、詳細不明で公共コスト面がどのように扱われるかが心配です…。

他にも全国の水族館にも同様なことが懸念されている様子です…。「自治体財政を圧迫」なんて小見出しがありますが、地方自治体自身にも、この時代には他人事でなく事業を運営する事業主感覚が必須です。

1023

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.08.10

水族園の夏休み企画が盛況

現在、水族園で開催されているイベントが盛況です。
子ども達の自由研究ネタにもなるので、賑わっているのでしょう。
情報をUPしておきます。

夏休み企画展「昆虫水族館──里山のなかまたち」
会期 2010年8月7日(土)~29日(日)  
場所 葛西臨海水族園本館2階「レクチャールーム」
展示生物 タガメ、ゲンゴロウ、メダカ、
     ニホンアマガエル、イモリ、
     ニホンイシガメ、カブトムシ、
     ノコギリクワガタ ほか

他にも8月のイベントとして、
◎水族園ではたらく車両の展示
◎氷の彫刻実演
→氷のアート職人による海の生き物を題材とした彫刻の実演
◎スーパーボールすくい :
→かわいいペンギンやラメが入ったスーパーボールあるそうです。
◎テラス de ライブ
が開催されています。くわしくは、水族園のWEBページで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.08

カワセミ撮影するもDETA保存失敗…

100207kawasemiカワセミが水族園の観察小屋から間近なところにいました。チャンスと思い何度もシャッターをきりましたが、なんとうっかりしてデジカメのDETA保存に失敗してしまいました…。アップで撮影できたのに・・・。くやしくて涙もでません…。
残っていた動画撮影モードの映像から写真化してみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.29

年末年始イベント情報

情報として載せておきます。

葛西海浜公園
元旦:午前5時開園 『西なぎさに一番乗り』/初日の出が美しく見えます。
ちなみに写真は昨年の様子です。

090101hatsuhinode091226par_imfo

水族園イベント
1月2日(土)、3日(日)、4日(月)
『ペンギンちゃん&ガンちゃんがお出迎え』
『「水族園おみくじ」で運だめし!』
『凧をあげよう~凧揚げ迎春で~』

091226suizokuen_imfo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.12

水族園の年内の行事

水族園の年内の行事です。参考までに…。

■キッズカレンダー2010
・11月14日(土)、15日(日)
・概要:お子様向けカレンダーの配布

■まつぼっくりでツリーを作ろう
・12月14日(月)、15日(火)、17日(木)、18日(金)
・概要:松ぼっくりを使った「オリジナルクリスマスツリー」の作成

■「水族園マスター20!!」
・(今後)11月15日(日)、22日(日)、29日(日)
・概要:水槽観察で20種の生き物の名前を当てるイベント

■「未来に残そう青い海ザ図画コンクール」作品の展示
・11月19日(木)~24日(火)
・概要:優秀作品の図画7点の展示

■モーニングアクリウム
・第1回:12月13日(日)8:45~10:15
・第2回:12月27日(日)8:45~10:15
・概要:開園前の水族園を見学するツアー

いずれも詳細は、水族園のWEBからご確認ください。

0911suizokue_imfo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水族園:11月12日~15日の期間入園無料

天皇陛下御在位20年を記念して水族園は11月12日~15日の期間入園無料だそうです。

【参考】
葛西臨海水族園のWEBページ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.11.10

東なぎさ大クリーン作戦に参加

東なぎさの大クリーン作戦に参加してきました。
都魚連内湾釣魚協議会主催の環境活動です。

穏やかな天候でコンディションはまずまず。大勢の方が参加していました。
参加人数はクリーンアップ参加者が約80人、調査・研究者や主催者が約40人、総勢120名も集まったとのことです。

東なぎさは普段は立入り禁止となっているエリア。野鳥をはじめ水生物などの楽園でもあります。
ですがロケーション上漂流ゴミが漂着しやすい場所でもあります。都魚連内湾釣魚協議会では10年にわたって年2回クリーンアップを継続されているそうです。

都魚連内湾釣魚協議会による船で東なぎさに渡り、東に約100mくらい移動してから清掃開始。
はじめは大量の漂流ゴミを見てその量に驚きましたが、大勢でコツコツとゴミを収集すること約1時間。かなりきれいにすることができました。

ゴミ収拾の成果を荒川クリーンエイドフォーラムより報告がありましたが、全部でゴミ袋340個分集まったそうです。大人数での実施はさすが成果も大きいです。

ゴミ収集のあとは、日本野鳥の会他、江戸川区内で活躍するボランティアの方々によって、東なぎさで今日見つけることができた野鳥、野花野草、水生生物の説明がありました。それぞれが専門的ではある一方で、わかりやすく楽しい解説でした。たいへん勉強になりました。

興味深かったのは、日本のレッドデータブックの絶滅危惧Ⅱ類となっているエドハゼがなぎさの葦の間にたくさん生息しているとのこと。

都政で開発事業で埋め立てられ一度無くした自然ですが、20年前にその代償としてつくった人工なぎさ。確実に自然回帰をしていることを実感することができました。

あいにくも石原都知事が本日2020年の夏季オリンピックの誘致に再び名乗りを上げるというニュースがありました。葛西臨海公園については、2016年の誘致計画の様な計画は撤回してもらわなければなりませんね…。

今後日本が国際的に経済的に自立するためには、環境技術立国を目指すべきだと思います。
特に東京にとっては『自然と都市の共生』が重要な課題ではないでしょうか。

さらには葛西臨海公園と海浜公園は1000万人を超える都市の中にありながら様々な種類の動植物が生息しています。『生物多様性』という点からもたいへん注目すべきロケーションです。
いろんな専門分野の方々と連携して、この土地を大切にしたいとも強く感じた日でもありました。

主催者の方々をはじめ一緒に活動できました様々な方々、貴重な経験をすることができました。感謝です。
今後もできる限り参加していきたいと思います。

↓東なぎさに船で移動     ↓清掃前の東なぎさの様子①
0911100009111001






↓清掃前の東なぎさの様子② ↓集めた漂流ゴミを船で移動
0911100209111003






↓収集されたゴミ約340袋分!↓生息する野鳥のレクチャー
0911100409111005






↓野花や野草のレクチャー   ↓水生生物のレクチャー①
0911100609111007






↓水生生物のレクチャー②   ↓東なぎさの風景①
0911100809111002_2






↓東なぎさの風景②       ↓東なぎさの風景③(オオサギ)
09111003_209111000_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.27

“葛西臨海たんけん隊”プログラムの紹介

リンクを張らせていただいている「葛西臨海たんけん隊」でもイベントを10月に秋のプログラムを開催予定としています。

鳥類園コース、水族園コース、特別プログラムと予定されていて、葛西臨海公園内の自然の生物多様性を専門のインタープリターの方達と学びながら体験できるプログラムとなっています。
すでに「海のたんけん隊」の特別プログラムは定員になってしまった様子ですが、他のプログラムはまだ間に合いそうです。

「葛西臨海たんけん隊」のWEBを参照してみてください。10月3日(土)、4日(日)、18日(日)、25日(日)、11月7日(土)のイベントは空きがありそうです

このような参加体験型環境学習は、大人の方でも楽しめ改めて都市と自然との共生を感じるきっかけとなるため、貴重なプラグラムであると思います。こうしたプラグラムが身近に日常的にあるといいのになぁと感じます。
海浜公園を中心とする生物多様性をホントに実感できるでしょう。

お散歩やジョギングなど普通に利用している方々にとっても、葛西臨海公園であたらしい発見があると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.23

水族園の情報です…

葛西臨海公園の水族園では、この連休中お年寄り(60歳以上)は無料でしたが、来る10月1日(都民の日)と10月10日(開園記念日)はなんと無料となるそうです。

Maguro水族園は1年を通じて様々なイベントがたくさんあります。
興味深いのは、開園前の水族園を見学するガイドツアー「モーニングアクアリウム」。
開園20周年特別企画のイベントです。

すでに開催中ですが、11月までの毎月第2、第4日曜日、午前8時45分~午前10時15分に開催しています。
残りは、9月27日(日)、10月11日(日)、10月25日(日)、11月08日(日)、11月22日(日)の5回の様です。

事前申し込みが必要で、メールでの応募となります。
詳しくは、水族園の公式WEBにて確認ください。

早朝の人がたくさんいない時にじっくりと見学ができる点と朝の水族園の裏方の「仕込み」が見れるので好評です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)