« May 2017 | Main | July 2017 »

June 2017

2017.06.27

ラムサール条約登録の動きと「UNWISE USE」

葛西の干潟をラムサール条約に登録させようとしいている動きがある。江戸川区行政も積極的に動き出している様子でもある。

葛西地区の干潟は、ラムサール条約登録への条件を満たしている一方で、三枚洲と呼ばれた江戸時代からの歴史もあり、葛西海浜公園を造成した先人たちの英知の判断を鑑みれば、十分登録に値する干潟である。

しかしちょっと違和感がある動きもある。それは繰り返し進言している話ではあるが、2020年東京オリンピックで葛西臨海公園隣地をカヌースラローム競技場とする計画が未だにすすんでいることである。

素晴らしい干潟のすぐそばで、人工的に大量の水流を発生させて本来山間部の渓流でおこなうスポーツ施設をわざわざ海抜ゼロメートル地区で恒久的施設として構築しようとしているのである。

こんな考えを行政がすすめている様では、ラムサール条約の登録は少しお預けしたほうがよいいと考えている。「UNWISE USE」であることは間違いない。ドイツで50万人を超すNPO組織:NABU幹部の知人からも、この考えは支持されている。

都合の良いところだけピックアップするのではなく、もうちょっと俯瞰的にかつグローバルに、次世代に残すべき環境を考えていただきたいものである。

それと西なぎさでは、干潟であるにも関わらす海水浴復活!なんて動きもあるのは、やはり「UNWISE USE」である。
葛西の干潟に葛西の干潟は河川に挟まれており、特に夏なんかは台風やゲリラ豪雨で水質が決してよくない点と河川からの漂着ごみが多い点から、海水浴場には全く適していない。

西なぎさは、夏に水質が悪化することもあるが、それでも多様な水生生物が生息し、それを目当てに式を通じて野鳥が飛来し、ひとつの生態系を成している東京湾の中でも希少な干潟なのである。夏は海水に顔は浸けられないlれども干潟遊びが十分に楽しく体験できる場所であり、ほかの世界中の大都市どこと比較しても類はなく、干潟を身近利用できる水辺なのである。

ラムサール条約の登録には、とことん議論が必要であると、つくづく感じる今日このごろである。

120407


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.06.17

6月の「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告!

梅雨時の気持ちの良い晴れ間、西なぎさにてクリーンアップ活動を実施してきました!
参加者のみなさま、たいへんお疲れさまでした。
また貴重な週末の時間を割いていただき、ありがとうございました。

今回の活動では、総勢42名の方々の参加でした。
収集した総数は、45リットルのゴミ袋で16袋でした。そして、その主な内訳は…

危険ごみ】
・スプレー缶・カセットボンベ:7
・使い捨てライター:3
・ルアー:3

【粗大ごみ】
・ヘルメット:1
・工具箱:1
・コンパネ:1
・ダンパネ:1
・腰袋:1

【漂着ごみ】
・タバコのすいがら・フィルター:187
・硬いプラスチックの破片:140
・飲料ペットボトルのキャップ:96
・発泡スチロールの破片:76
・ポリ袋・シートの破片:53
・食品のプラスチック容器:46
・飲料ペットボトル:40
・ポリ袋:40
・食品の発泡スチロール容器:36
・ストロー:35
・食品のポリ袋(菓子など):20
・飲料びん:16
・プラスチックのふた・キャップ:14
・飲料缶:14
・買い物レジ袋:11
といった状況でした。(主要なゴミ抜粋)

今年も昨年に引き続き西なぎさではコアジサシが営巣する様子ではありませんでしたが、ヒバリとシロチドリが営巣をしているという情報をいただいています。
小さな漂着ごみまでみなさんに清掃していただいた点は、そういった野鳥たちにたいへん良い環境づくりができたと実感しております。

野鳥をはじめ水生生物など様々な生物の希少性・多様性を体験できる西なぎさは、都心に近いロケーションでたいへん希少です。

西なぎさでは、都市の環境保全の良いところと悪いところの両面が身近に体験できる場所です。
今後も都心と自然との共生、今後もともみなさまと強力しあい、護り続けていきたいと思います。
ご都合があいましたら、また気軽に御参加くださいます様、よろしくお願い致します。

活動の際に、江戸川区の広報課にてテレビ撮影が行われましたが、7月1日から放送するえどがわ区民ニュース「特集」、または、今後ラムサール条約に関する番組を制作する際などに使用されるとのことです。

17061700_s


17061701_s


17061702_s


17061703_s


17061704_s


17061705_s


17061706_s


17061707_s


17061708_s


17061709_s


17061710_s


17061711_s


17061712_s


17061713_s


17061714_s


17061715_s


17061716_s


17061717_s


17061718_s


17061719_s


17061720_s


17061721_s


17061722_s


17061723_s


17061724_s


17061701_s_2


17061702_s_2


17061703_s_2


17061704_s_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2017 | Main | July 2017 »