« スズガモ奇襲跡… | Main | モズの高鳴き »

2014.11.15

11月「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告

秋晴れの行楽日和の心地よい晴天の下、総勢52名の方々が『西なぎさ発:東京里海エイド』に参加してくださいました。ご参加のみなさん、ありがとうございました!

秋も深まり漂着ごみはすっかり少なくなったと思いきや、水路側のほうへ廻っていただいた方々からたくさんの漂着ごみを収集していただき、全部で45リットルの袋で20袋を超える量を収集することができました。

一方で、周囲の生態系に害となる小さな漂着ごみもかなり収集できました。
これから冬にむかって冬鳥であるカモたちがシベリアから飛来してきますが、彼らは多くの貝類やベントスなどの水生生物を捕食しますので、小さな漂着ごみを収集することがいかに環境保全に役立つかご想像がつくことと思います。

さて調査でカウントできたものは一部ですが、危険ごみと数の多い順から主なものを紹介しておきます。、

【危険ごみ】
・注射器:2
・使い捨てライター:4
・スプレー缶・カセットボンベ:2

【一般ごみ】
・硬いプラスティックの破片:209
・ポリ袋・シートの破片:145
・飲料ペットボトル:81
・ポリ袋:56
・プラスチックのふた・キャップ類:36
・飲料缶:36
・ストロー:28
・飲料ペットボトルのキャップ:22
・発泡スチロールの破片:20
・飲料びん:19
・食品のプラスチック容器:17

【粗大ゴミ】
・木杭:1
・プラスティックケース:1
・プラスティックすくい:1

また、みなさまからの感想を一部抜粋して紹介致します。
・海沿いは基本的に大きなごみが無くビニールやプラス
 ティックごみなど小さな物が多かった。
・ごみ拾いを通じて、環境保護の大切さを再認し、
 積極的に参加の機会がありましたら、是非参加させて
 いただきたいと思います。
・天気が良かったせいもあり、太陽の光に反射するものの
 ほとんどが生活ごみ(プラスティック)類であった。
・思っていたよりゴミがあり、種類が様々で驚きました。
・細かいビニールごみが多く、遊びに来るたび出てしまう
 のだろうと思い、気を付ける様にしたい。

「西なぎさ発:東京里海エイド」は23区内では珍しく、様々な立場の方々が自主的に参加している市民活動であり、『協働』による環境保全活動です。
試行錯誤しながら運営している部分もありますが、今後ともよろしくお願い致します。

今年の活動はこれですべて無事に終了致しましたが、来年の3月~11月の第3土曜日に活動を続けていく予定です。

1411150014111501

1411150214111503

1411150414111505

14111506


1411150714111508

1411151014111511

1411151214111513

1411151414111515

1411151614111517

1411151814111519

1411152014111521

14111522_2


|

« スズガモ奇襲跡… | Main | モズの高鳴き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 11月「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告:

« スズガモ奇襲跡… | Main | モズの高鳴き »