« 汽水域に隣接して必要でしょうか?この施設 | Main | 10月「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告 »

2013.10.14

北京オリンピックでの「カヌースラローム競技」の様子

引き続き、「カヌースラローム競技場」の紹介です。
今度は、2008年の北京オリンピックの様子です。やはり引用は「olympic.org」のWEBサイトからです。

※引用WEBサイトのURLはこちら↓
http://www.olympic.org/videos/michal-martikan-proves-to-be-as-good-as-gold

Olympic_canoeslalom03

このブログ内でもカヌースラローム競技場で用いる水量を紹介していますが、1秒間に13立法メートル以上です。東京都スポーツ振興局に問い合わせをしたら、北京オリンピック及びロンドンオリンピックでも、1秒間に10~16立法メートルの水量を流す計画で建設されたという回答が返ってきました。

葛西臨海公園の場合、周囲は生物多様性を育む汽水域です。想像してみてください…。
競技場を建設する範囲だけで環境評価をしてはだめです。環境を及ぼす範囲で客観的に環境評価をするべきであると考えています。


|

« 汽水域に隣接して必要でしょうか?この施設 | Main | 10月「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京オリンピックでの「カヌースラローム競技」の様子:

« 汽水域に隣接して必要でしょうか?この施設 | Main | 10月「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告 »