« 葛西臨海公園オリンピック問題点:都行政との交渉・協議の報道 | Main | カヌースラロームコース水量考察 »

2013.09.30

2020年オリンピックカヌースラローム競技場建設問題:交渉・協議

2020年オリンピック招致決定後に、やっと東京都スポーツ振興局招致部と交渉・協議をすることができました。
本日:9月30日(月)の東京都スポーツ振興局との交渉・協議の概要を下記にメモしました。ご参照ください。

・東京都で独自に実施した初期段階の環境評価を提示して
 戴いた。
 →評価がたいへん甘く、現実に即したものでは無かった。
 (例えば、計画地に絶滅危惧種の生物がいない旨の報告
  があった)
 →また評価項目の重みづけが適正にされている内容では
  なっかった。
 →外部委託し作成した簡易的な環境評価であり、最終的
  には東京都で編集された内容である旨の報告を受けた。
 →招致を目的とした虚実の環境報告書であった認識。

・今後、改めて詳細の環境評価をすすめていく方針の報告。
 →事前に具体的な評価容量を公明正大に開示する様に
  要請。

・今後のスケジュールに関しては、2017年12月に着工予定。
 →そのためには、2016年中には実施設計を完了させる。
 →代替地への計画変更の場合は、IOCへの承諾が必要
  であり、時間がかかる。
 →従って環境評価は2015年には完了予定しなければらない。
 →一般的な詳細の環境評価には1~2年かかるはずであり、
  環境評価後に代替地を探すのでは時間的に余裕がない
  ことが明確。
 →代替地を複数あげ、環境評価を同時進行でする様に要請。

・カヌースラローム競技場の計画は、北京やロンドン大会の
 コースをもとに設計される予定。
 →過去のコースで利用される流水量は、秒間10~16立法
  メートルであった。
 →提出済みの環境報告書では、生態系への影響の評価は、
  ミティゲーションの実施を行えば影響は少ない旨で
  あったが、周辺の水辺環境は汽水域であり、生態系への
  影響が大きい認識をする必要があることを主張。
 →流水量を考慮すれば、葛西臨海公園地区での計画は不適
  であるのは当然。流水を循環で利用する計画であっても
  排水はゼロではないはずであり、衛生管理上薬品を
  用いるはず。周辺域の汽水に生息する生態系に影響する
  ことは間違いないことを主張。
 →葛西臨海公園隣地の空地利用の代替計画はあり得ない旨
  を主張。

・代替地への計画変更の意向はあるのか確認を実施。
 →過去の北京、ロンドンオリンピックでも競技場建設場所
  の計画変更を実施しているため、可能性としてはゼロ
  ではない。
 →代替地案を早急に検討する様に要請。

・今後の計画立案と競技場実施設計までの意思決定プロセスを
 工程表で具体的に開示する様に要請した。

・次回打ち合わせは11月中旬を予定。

以上、こんなところです。

|

« 葛西臨海公園オリンピック問題点:都行政との交渉・協議の報道 | Main | カヌースラロームコース水量考察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2020年オリンピックカヌースラローム競技場建設問題:交渉・協議:

« 葛西臨海公園オリンピック問題点:都行政との交渉・協議の報道 | Main | カヌースラロームコース水量考察 »