« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

2012.06.30

再び台風4号の漂着ごみ収集

先週に引き続き、西なぎさの漂着ごみの集積を実施してきました。西なぎさ西側の台風4号の残骸です…。
昨年の様子だと、7月からは西なぎさのに西側にコアジサシの営巣が集中してましたので、気になっていました。先週末の手つかずでしたし、本日見てみると案の定、公園サービスセンターでも手が回らなかった様子…。

サービスセンターのレイキをお借りしてゴミを集積し、山にしておきました。
山の数はなんと100を超えました。写真ではわかりづらいまもしれませんが、約200m強にわたる広範囲での集積となりました。

明日から7月、まだまだコアジサシの営巣には十分間に合うはず。西なぎさの西側でも今後営巣してくれることを祈ります…。

【西側:漂着ごみ状況(集積前)】
1206300012063004

【西側:漂着ごみ状況(集積前)注射器も…】
12063005120630

【西側:漂着ごみ集積(100を超える山に…)】
1206300112063002

【西側:漂着ごみ集積(アシ藁とゴミが混じっている…)】
1206300812063010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.24

台風による影響…

先日の台風による影響で、かなりの高潮でコアジサシの巣がかなり流されてしまいました…。
雛が誕生していたエリアにも潮が入ってきたと思わせる木片屑の跡があり、きっと雛も流されたのでは…懸念しています。

一方で、週末にコアジサシの雛を観ようとギャラリーはたくさん。でも私的にちょっと気になるのは、足元の漂着ごみ。ものすごいことになっていました。これらが再び海に戻ってしまったり、とかコアジサシの営巣エリアに飛んでいってはと想像するといてもたってもいられなくなってしまいました…。

ということで、西なぎさのテント脇からコアジサシの営巣エリアにかけてクリーンアップを2日間かけて実施してきました。昨日、土曜日にfacebookで呼びかけもしましたが、やはり昨日の今日では人が集まらず、公園サービスセンターの林さんと2人での実施tなりました…。

昨日は2時間弱。今日は4時間弱をかけて収集と撤収。軽トラックで6台分の漂着ごみとなりました。なかにはやはり危険ゴミである注射器も2つ拾いました。その一つは何とも針がむき出しのままのものも…。

コアジサシを観察していた何名か知り合いや仲間には漂着ごみ収集のお礼で声をかけていただきました…。こんなコミュニケーションがボランティアにとってはやり甲斐となり、モチベーションアップとなるものです。

漂着ごみの問題に焦点をあて、これを何とかすれば西なぎさでオモシロイ生態系の変化が現われる…と信じてやってきましたのでコアジサシの雛もそうですが、漂着ごみの問題にもみなさん関心をあてていただきたいものです…。

ともあれ西なぎさのテントエリアからコアジサシ営巣エリアまでは、しっかりクリーンアップしてまいりました。
月に1度だけ市民活動として「西なぎさ発:東京里海エイド」を実施していますが、今後はこうした台風後等の漂着ごみが多い場合に臨時で活動ができる様にしていきたいものです。

【コアジサシ営巣エリア付近の漂着ごみ】
1206230312062301s
【注射器も漂着】※足元に気づかずコアジサシ観察に夢中…
12062302120624
【漂着ごみの収集・撤収作業】
1206240112062402
【漂着ごみ撤収後】
12062401_212062402_2

Logo_tokyo_satoumi_aid01_s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.17

コアジサシ雛、を探せ!

西なぎさでコアジサシが誕生し、一目見ようととカメラ撮影隊のギャラリーで大変賑わっていました。
そこに加わり写真を撮りましたが、微笑ましい写真が撮れましたのでUPしておきます。

さて、まずは写真の中で雛はどこにいるでしょうか?
雛と周囲の砂の色とが補色になって探しづらいとは思いますが、探してみてきださい。

見つけた方は、コアジサシの雛が何かダイニングのテーブルにでちょこんと座って親鳥の餌をお行儀よく待ってイルカの様な構図になっていることに気づいたと思います。
何とも可愛らしい、おもしろいタイミングで撮影できました…。
可愛いですね…。

鳥類園のスタッフの方に聞きましたところ、営巣数はなんと70を超えているそうです。
今後、そうとう賑やかになりそうですね。

120617


| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月「西なぎさ発:東京里海エイド」報告!


雨天順延となりましたが、総勢21名にて「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動を実施致しました!
参加者のみなさん、ありがとうございました!!
参加していただきた企業の皆様は、TOTOエンジニアリング㈱、TOTOエムテック㈱、TOTOメンテナンス㈱の皆様です。

活動の途中ではコアジサシの雛の観察も実施しました。生まれたばかりのコアジサシの雛を観られてみなさん感激していた様子。クリーンアップしている横でもコアジサシの捕食シーンも観られました。

収拾した漂着ゴミの概要は…
【粗大ゴミ】
・標識(看板):1
・ブルーシート:1

【危険ゴミ】
・使い捨てライター:2

【一般漂着ゴミ】
・ポリ袋・シートの破片:320
・硬いプラスチックの破片:303
・タバコのすいがら・フィルター:70
・ふた・キャップ:54
・発泡スチロール破片(大:1cm2以上):36
・食品のポリ袋(菓子など):29
・発泡スチロール破片(小:1cm2未満):24
・ストロー(マドラー含む):16
・ガラスやせとものの破片:15

といった具合でした。通年の今の時期と比較するとだいぶゴミが少ないです。
恐らく沖にできたアカエイ防止ネットのためだと予想されます。
困ったことに漂着していたゴミが顕在化していたのですが、社会問題が見えない状況になっております。

さて最後に参加者の感想を抜粋しておきます。
・ビニル破片、発砲スチロール片が非常に多かった。
 今後ゴミの分類の際に小さなものも外部に漏らさない様に気を付けたい。
・小さなプラスティック片の多さにビックリです。
・(漂着ごみが)野鳥などの死因になっていると聞いていましたが、納得です。
・継続して活動しているせいか、大きな物は以外にも少ないこともスムーズに
 活動できる要因になっていると思います。
・今後も積極的に参加させていただきます。
・たばこの吸い殻が多い。

自然観察&ミニ講義には日本野鳥の会・東京の飯田さんに協力していただきました。

本当に参加してくださったみなさん、お疲れさまでした&ありがとうございました!!

12061700_212061701

12061702

1206170312061704

1206170512061706

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日「西なぎさ発:東京里海エイド」実施!

雨天順延となっておりました「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動、本日9時30分より実施します。
参加可能な方は是非ご参加してください!
クリーンアップしながらコアジサシの雛の観察もできますよ~!よろしくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.16

新しい命の誕生!

海浜公園内の西なぎさでコアジサシの雛が誕生していました!
ヨチヨチ、フワフワで可愛いですね。コロニーの数もだいぶ増えた様子です。遠くからあたたかく見守っていきたいですね…。とりあえずは接近してきている台風を無事にきりぬけてほしいものです…。

1206160012061601


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.15

雨天順延!

6月16日(土)の「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動は17日(日)に雨天順延とします!!
順延の際でも参加は任意です。よろしくお願い致します。

なお、西なぎさのコアジサシの雛が誕生したという情報も入ってきております!!

Logo_tokyo_satoumi_aid01_s_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.13

6月「西なぎさ発:東京里海エイド」予定

今週末の16日(土)、「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動を実施します!
葛西海浜公園西なぎさに漂着するゴミを市民のみなさんで収集する活動です。すでに多くの方々の参加申し込みを受けておりますが、個人参加は歓迎です!
詳しくは専用ページの案内やリーフレットを参照してください!!

梅雨入りしてちょっと天候が怪しいですが、よろしくお願い致します。
(雨天の場合は17日(日)に順延します)

Logo_tokyo_satoumi_aid01_s1205








2012public_relations01_for_satoumi_2012public_relations02_for_satoumi_

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.10

野鳥たちの大天敵、目の前に出現!

野鳥園、擬岩の前でなんとアオダイショウ!
ゆうゆうと目の前を横断していきました…。

1206100012061001

1206100212061003

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.05

ハマゴウが襲われる…。

120602_3

西なぎさのテント脇にハマゴウが群生していますが、ご存じでしょうか?
夏には優しい紫色系の花を咲かせる、浜辺の草花です。かわいらしい草花ですが、その草花が今、襲われかけています。その正体は…。写真の黄色い糸の様な物体がそれ。

実はこれはアメリカネナシカズラという外来種の植物なのです。詳しくはWikipediaのリンクを張っておきますが、他の植物に吸盤で寄生し、栄養分を吸い取って生きる植物です。名の通り根っこがありません。

ハマゴウを守ってあげたほうがいいと思い、公園サービスセンターのスタッフの方に進言しましたが、専門家の中には自然に植生したものは、放っておいたほうがいいという方もいて、直接勝手なこと(刈り取ってしまうこと)はできないのだとか…。

んー、何とも言えませんですね…。河川敷ではセイタカアワダチソウなども有名ですが、やはり西なぎさではハマゴウはごく一部でしか植生していないし、昨年の暴風雨の時に耐えたものですので、どうしてもハマゴウをかばってしまいますが…。

環境保全ってなかなかいろんな意見があり難しいものです。みなさんはどう思いますか?

Wikipedia:アメリカネナシカズラのページへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.02

コアジサシ、抱卵放棄も…。

コアジサシが営巣・抱卵し、一週間ちょっとすぎました…。
やはり気になって西なぎさに来てみました。バードウォッチングセンターの方の話では、全部で25つがいの営巣を確認されたとのことです。

でも残念なことに渚に近いエリアに営巣したコアジサシは、その場所のバリケードの範囲が小さいせいか、人が近くまでよることができてしまうため、抱卵放棄してしまったのもありました。

実際に確認してみると、小さいバリケードの囲いのものが4つほどありましたが、3つは卵すらない状況でした…。抱卵放棄後にカラスとかに食べられてしまったのでしょうか…。ひとつは卵がまだ3つほど見られましたが、親鳥がどこにいったのか近寄る気配なし…といったとことでした。

何とも言えません…。人間が行きかう公園のなかで営巣するのだし、水辺際では高潮の際にいずれにしてもダメージを受けてしまうので仕方のないことなのかもしれませんが…。

観察する際や、お散歩する際も気遣ってある程度の距離を保つことも必要なことなのでしょう…。

昨年のおなじ時期の現段階では、営巣数が勝っているので、今後もっと陸側のほうで営巣するのを期待したいと思います…。

さて一方で、いつもの通り、コアジサシの営巣を横目に漂着ごみも収集してきました。本日はビニール系のゴミの割合が高かったです。引き潮の時間でしたが、水底にはかなりビニル系のゴミが埋まっている様に見受けられました。目立つ水際のゴミを中心に収拾し、一輪車1杯分となりました。

120602120602_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »