« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

2011.02.27

人気のギンムクドリ撮影!

ギンムクドリ、撮影してきました。
一眼レフでないので、なかなか動きが早かったので、難しかったです…。でも可愛らしいしぐさのポーズのギンムクドリをいくつか撮影できました。レアな野鳥を撮影できると理屈抜きで嬉しくなあるものです。

いつまでいてくれるのでしょう…。ものスゴ人気ぶりでした。

1102270111022704

1102270211022703


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.26

珍鳥で盛り上がり…

バードウォッチングセンターに寄ってみたところ、掲示板をみると、なんと珍しいギンムクドリが上の池に来ているというお知らせが!センターの方に尋ねたところ、図鑑で説明してくださいました。
葛西臨海公園・鳥類園Ⅱのブログ参照!です。)

綺麗な鳥で、東京では初お目見えとか…。1月末からいた様子で、野鳥フリークの間ではかなり盛り上がっていた様子すが、全く知りませんでした。そんな情報を仕入れてからバードウォッチングセンターのすぐ脇のところをみると、野鳥カメラマン達がいっぱい!もしやと思い、そばにいくと、お目当てのギンムクドリを見ることができました!超ラッキーです。

ランニング途中で下ので、カメラは重装備ではないですが、なんとか識別できる程度に撮影することができました。
手前がフツーのムクドリで奥のがギンムクドリです。
明日も天気がよさそうでうので、デジスコ担いで観察してみようかしら…。楽しみです。

110226_5


| | Comments (0) | TrackBack (0)

春一番後…

昨日春一番が吹いたということで、久しぶりの南風ですので気になり西なぎさなの漂着ゴミを確認してみましたが、たいしたこと無く良かったです。全体としては一輪車1パ杯に満たない程度で、ビニル系のゴミがほとんどでした。

なぎさ沿いには、アカクラゲが数匹死んでいる他、西端にはカキ殻が多くみられました。この時期に沖にいる渡り鳥が食べた跡なのでしょうか…。

昨日東京では20度まで気温が上昇しましたが、今日は10度前後。でもなんとなく渚は、日差しといい、春の感じがあふれる様子になってきました。はやくあたたかくなるといいです…。


110226110226_3

110226_4110226_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.20

小さい春…

公園の東端エリアとその水路際で、ジョウビタキとメジロ、ツグミが数羽見かけました。

散歩やランニング途中の人が往来する通路と脇の緑地で、ひと気があってもあまり逃げずに捕食していたり、求愛か仲間を呼ぶさえずりをして思い々々の動作をしていました。春の訪れが近いということでしょうか…?

春の象徴の菜の花も、クリスタルビュ―前の広場で若干咲き始めてきました。見ごろにはまだまだですが...。
この数日間寒いですが、そろそろ早く暖かくなってほしいと切に感じてきました。

11021110219_13


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.19

生命のゆりかごの証

美味しいお味噌汁をいただいた後、西なぎさの水際の気になってた漂着物をチェックしてきました。

昨晩は満月がきれいに見えましたが、今日は大潮だそうです。潮が思いっきりひいてはいいるもののまだ干潮の時間ではないそうです。そんなせいか、干潟で様々な生物が捕食をおこなった跡である、さまざまな生物の死骸も目につきました。

甲イカ、モズクガイ、ボラ、野鳥は何か不明でしたが、たくさんの命が育ち、捕食されている様子が伺えます。
ボラは大きめのウミネコが一生懸命に鳴き声をあげながらついばんでいました。

沖にはスズガモと思われる渡り鳥の群れがいつものように何万羽と浮いているのが確認されました。今日は西から東のは時まで連なっているくらい群れていました。

それにしても、干潟は「生命のゆりかご」とはよく言ったものです。いろんな生命が息づいていますね…。
春になると、またあふれるように生命力が感じられるようになるのが楽しみです。

一方、たくさんはありませんでしたが、漂着ゴミもクリーンアップしてきました。
ビニルゴミがほとんどでしたが、大きなものもいくつか含まれていました。不届きなゴミとしては、注射器が1本、使い捨てライターが5本…といった具合でした。これも現実です。

さまざまな生命が育つ豊かな干潟に再生していく一方で、こうした漂着ゴミも少なくなってほしいものです。

110219_5110219_6

110219_7110219_8

110219_9
















110219_12110219_11

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西なぎさ産の海苔とワカメ

西なぎさに行ってみると、NPO法人ふるさと東京を考える実行委員会のイベントが開催されていました。

西なぎさ沖で育てた海苔とワカメを市民の方々にふるまっていました。ご挨拶し、私もいただくことができました。
とても美味しかったです…。西なぎさでも立派に海苔とワカメが育つのですね…。感心しました。

また脇に捕れたワカメの展示もあり、どれくらいの時間で育つのかを聞いてみると、なんと約2カ月程で種苗が収穫できるほどになるそうです。意外とあったいうまに育つのを知り驚きました…。

話をいろいろ聞いていると、いただいているお味噌汁の海苔とワカメは、昨日の冷たい強風の中、本日のために捕ってきたのだそうで、大事にお味噌汁を最後までいただきました。ご馳走さまでした…。

西なぎさの他の一面を知って満足のひと時でした。

110219110219_2

110219_3110219_4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.12

寒空の下のなぎさ

昨日はみぞれ混じりの雨でしたが、ものすごい寒気がおりてきています。
どんよりとした雲の下、西なぎさはほとんど人がいない状態…でした。
110212


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.02.05

鳥達にとっては、癒しの場

110205本日の漂着ゴミです。
全体的は少なめでしたが、不届きなゴミがありました。H系のDVDのケース。
ケースのカバーにリアルな写真が赤裸々に、砂浜から顔をのぞかせていました。

晴れている海辺で堂々と漂着していると、一瞬健康的なものと錯覚に陥りますが、ここにあってはまずいものです。不届き者が処分に困って川などに捨て流れ着いたのでしょうけど、ちなみに中身は空っぽでした…。

それとは別に、今日は潮がけっこう引いており、ハマシギが十数羽近くの水辺で何かを捕食していました。ユリカモメも数羽そばにいて、やはりなにかをついばんでいました。ちっちゃな底生生物でしょうか。

チュウサギもテント前の岩場近くで懸命に何かを狙って何度も捕食していました。邪魔してはいけないと思い、何を食べているかはそばに寄り確認はしませんでしたが…。また沖には相変わらず、スズガモがたくさん群れていました。

立春となり、暦通りに昨日から若干気温が緩んできています。鳥達にとっては和やかな渚風景でした。

Dvd110205__s

110205_3110205_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »