« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

2010.09.27

UFO?

西なぎさ上空に銀色のリング状の飛行物体が!…。
もしかしてUFO!?と思いきや、実は昨日の日曜日に開催されていたスポーツカイトのイベントであげられていた「凧」です。
こんな形でも上手くあがるものなのですね…。感心しました。

100926ufo100926ufo01

100926_4

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.26

野鳥いろいろ

昨日は午前中まで雨降りでしたが午後からあがり、今日はなんとなく野鳥が多くみられるのでは…と思い、デジスコを持ち公園へ…。つい最近までの猛暑がウソの様な爽やかな天気のなか、野鳥観察を楽しみました。

西なぎさの沖の杭の上にチョウゲンボウでしょうか?猛禽類が周囲で飛び跳ねているボラを狙っていました。しばらく観察していると、狩りをするそぶりを見せて東渚のほうへ飛んでいってしまいました。

東渚が見えるほうまで行くと、ものすごい数の野鳥ウォッチャーがいました。今ブームなんでしょうか?
観察されている方に聴いてみると、ミヤコドリがいるとのこと、詳しくいろいろと教えていただきました。

またアジサシも若干数まだ干潟で休んでいるのが確認できました。ミヤコドリとアジサシは遠すぎで私のデジスコではマメ粒ほどの大きさでしか見えないため写真撮影は断念しました。

その後、バードウォッチングセンターのそばで、念願のカワセミの写真撮影に成功!ただズバリのフォーカスではありませんが、ほどほどに撮影することができました♪

また擬岩のほうでは、ツルシギを確認。短い時間で有意義な観察ができました、。

100926_210092601_2

1009260410092603

100926_310092602_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.25

9月の花

10092610092601
今ヒガンバナが綺麗です。特に白いヒガンバナ、珍しいのではないでしょうか?
葛西臨海公園の駅からメインの通路の右脇に咲いています。

Photoまた来週末は、秋の公園フェスティバル「四季の花まつり」と題して、公園内で様々なイベントが行われる様子です。
クリスタルビュ―のコスモス畑でも花摘みできるそうです。晴れるといいですね…。
ポスターが掲示されていましたので、UPしておきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.18

9月『西なぎさ発:東京里海エイド』活動状況

本日は、「西なぎさ発:東京里海エイド」としての活動です。またCOP10パートナーシップ事業としての活動でもあります。

総勢20名の方に参加していただきました。企業からは毎回参加の佐川急便さん、に加えリコーテクノシステムズさん。そして都内3つの大学から大学生4名、それに他常連有志の参加でした。

朝からカラッと爽やかに晴れ渡り気持のいいクリーンアップ日和となりました。全体的には漂着ゴミは少なかったですね。先週から比較的に気候が涼しくなりました影響で、南風が吹かなかったからでしょう…。

100918_3おかげで参加の皆さんには、熱心に細やかなゴミまでも収集していただくことになりました。恐縮でした…。それでもおおきな漂着ゴミとして、14型のテレビやおおきな植木鉢なども収集しました。不届きなゴミとしても注射器を3本を収集。なかでも針がついたままで、キャップのないたいへん危険なものもありました。

全体的なゴミの集計は、圧倒的にプラスティック系の破片ゴミが多く411個、次にプラスティック製品:186、袋やシートなどの小さな破片:173、食品などのポリ袋:61、ペットボトル:42、発砲スチロールなどの細かな破片:36…といったところで全部で16袋分収集しました。

活動中、なぎさ際に1羽のハマシギが懸命に捕食していました。数メートルまで近くに寄っても逃げないほど…。よほど渡りに疲れてお腹がすいているのでしょうとのことでしたが、クリーンアップのお礼にしにきたという勝手な解釈をしておきました。

公園サービスセンターからも先週壊れてしまった一輪車を今回に活動に間に合わせて交換っしていただき、感謝でした。
また参加のみなさん、ありがとうございました。

最後に参加してくださった方々の感想を載せておきます。
☆『プラスチックの破片等小さなゴミが多くて子ども達が素足で遊んでいたりすると危険だと感じた。
☆『タバコの吸い殻が多い。
☆『タバコが多く、危険なライターが多かった。また参加したいと思いました。
☆『最初思っていたイメージとは違い、小さなゴミ(特にプラスチックとタバコ)が多く驚きました。
☆『珍しいハマシギを見られて良かった。
☆『ゴミが多い割合に(意外と)海がきれいに思いました。
☆『いくら拾ってもビニル党の細かいゴミは取りきれず、非常に多くのゴミが残っていて環境改善の大変さが分かった気がしました。


↓活動の様子(1)        ↓活動の様子(2)
1009180010091801
↓活動の様子(3)        ↓参加者のみなさん
10091802100918s
↓14型テレビが漂着       ↓針がむき出しの注射器
PhotoPhoto_2
↓収集した漂着ゴミ(16袋分) ↓ハマシギ
100918100918_2

Cop10_psjigyo_01ss

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.17

熱きイノベーター達から刺激…

100918seoyISLソーシャル・リーダーシップ・フォーラムに招かれ出席致しました。このフォーラムでは、ビジネスと社会の関わり方について、世界の潮流・最先端の事例を、著名有識者によるパネルディスカッションやいわゆるイノベーターと言われる方々から直接の話を拝聴し、再考する機会としておこなわれていました。

また「SEOY日本プログラム表彰式典」も行われ、マザーハウスの山口絵理子さんが最優秀ファイナリストとして、大地を守る会の藤田和芳氏が特別賞として選ばれ、表彰されていました。

あちこちで活躍されている大勢の熱きイノベーターのみなさんに刺激を受けた一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.12

ドラえもんも漂着

2週間ぶりの清掃活動となってしまいました。
もう9月中旬といえども気温34℃の猛暑。漂流ゴミもたくさんありました。全部で一輪車3台分ブラスαを収集。

粗大ごみは、ドラム缶、ペール缶、ビール瓶ラック、タイヤ、立看板等…。かなり大物が漂着してました。ブルーの大きめな箱状のものも漂着してましたが、裏返してみるとなんとドラえもん!何か飲み物のケースなのでしょうか?微笑ましくみえました。

不届きなゴミとしては、注射器を2本拾いました。同じ型のものでいずれも針がしっかりとついていました。
あぶないです。また、相変わらずタバコの吸い殻を瓶詰にしたごみもありました。

100912収集の途中で、一輪車のタイヤが錆びて朽ちていたところが割れはじめ、タイヤが歪みフレームにあたって回らなくなってしまいました。
収集したゴミを運ぶことができず、浜辺の潮の届かない場所に放置せざるをえなくなってしまいました。残念…。。

しかし、一輪車が動かなくなると本当にこんな不便なことはありません。西なぎさの西の果て付近で壊れたため、炎天下のなか延々と約500mも一輪車を引きづるはめになってしまいました。
一輪車はタイヤが動かなくなると、押して動かすのは大変。後ろ向きに引いて歩いてきました。

2週間ぶりの清掃活動であったこともあり、ちょっとバテ気味となってしまいました。片づけてから自販機で買って一気に飲んだ清涼飲料水が体にしみました。

↓相変わらず多い漂流ゴミ   ↓散在するゴミの様子
1009120010091201

↓立看板やドラえもんも漂着  ↓ビール瓶ケースやタイヤ等
1009120210091203

↓ドラム缶            ↓針のついた注射器
1009120410091205

↓朽ちてきた一輪車のタイヤ ↓フレームにタイヤが干渉
10091201_210091202_2

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.09.05

干潮過ぎ、下の池の様子

100905100905_2

100905_3100905_4

干潮時を少し過ぎた時の下の池の様子。このあとオオタカが現れ多くのシギたちが隠れてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »