« June 2010 | Main | August 2010 »

July 2010

2010.07.31

7月の花(2)

↓ハナボウ(1)          ↓ハマボウ(2)
10073110073101

↓ヒルガオ(1)          ↓ヒルガオ(2)
100731_210073101_2

↓ハマユウ(1)         ↓ハマユウ(2)
100731_310073101_3

↓?                ↓?
100731_4100731_5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑の中、ネコ8杯分漂流ゴミ収集

タイミング的に一昨日以降の関東圏の雨天と昨日の南風の強さで、案の定、本日漂着している漂流ゴミは山ほどありました。今年最多級…。

本日は任意の活動で一人でしたが、やれるところまで片づけようと奮起。猛暑の中、熱中症にかからない様に留意しながらクリーンアップを頑張ってみました。

ヨシ屑などの自然ゴミを除く、人工産物の漂流ゴミを仕分けして収集。根性まる出しで、ネコ(一輪車)にしておよそ8杯分、集めました。その場ごとに波にまたさらわれない場所に集積していきました。

なんとか西なぎさの西側の水辺延長約500m程をまわることができ、延べ約3時間かかりました。概ね歩掛りが体でつかめて良かったですし、無事にできて何か達成感見たいのがありました…。漂流ゴミは止め処もなく、潮の干満でまた漂着するでしょうが…。

まぁ、たくさん漂流ゴミがあっても、猛暑の最中ひとりで約3時間で概ね片付いたのですから、普通は3人いれば1時間程度、15人いれば12分程度で片付くという計算になります。

集積したゴミは、あとから公園サービスセンターの軽トラックで収集して戴きました。ゴミにはいろんな種類のものがありましたが、それについては明日にでも個別に情報UPしておこうと思います。

夏の間は、水辺で遊ぶ人たちもたくさんいる一方で、漂流ゴミもたくさん流れ着くわけですので、地域や心ある方々と何とかネットワークを組んで、この漂流ゴミの問題を解決していきたいもでです…。

10071011007102

10071031007104

10071051007106


10071071007108


1007109100731

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.24

COP10パートナー事業に!

『西なぎさ発:東京里海エイド』の活動がCOP10パートナー事業として登録されました。
登録された認定日は、平成22 年8月21 日(土)、9月18 日(土)、10 月16 日(土)です。

COP10とは、「COP(Conference of the Parties)」とは、国際条約を結んだ国が集まる会議(締約国会議)のことです。
多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって利用するために結ばれた生物多様性条約では、10回目の締約国会議「COP10」が2010年10月、愛知・名古屋で開催されます。

COP10では、『生物多様性』への様々な取り組みや重要性について、国際的な議論がされます。わたしたちの生活は、3,000万種とも言われる生物の様々な営みの因果関係(食物連鎖など)から、生きるために必要な酸素をはじめ、資源や恵みによって支えられて生きています。

生物多様性保全の取り組みは、既設のラムサール条約やワシントン条約などの特定の地域、種の保全の取組みだけではフォローしきれない状況下に現在なっているのが実態です。

グローバルな視点から様々な地域で、さまざまな生物多様性保全の取り組みがされていますが、『西なぎさ発:東京里海エイド』の活動も、生物多様性保全貢献していることを認めていただけたことは大変嬉しいことです。
気張らず身の丈で活動を持続的に展開していきたいと考えております。よろしくお願い致します。

Cop10_psjigyo_02ss_3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.17

7月『西なぎさ発:東京里海エイド』活動状況

梅雨明け宣言がされたものの、一昨日まで関東圏ではゲリラ豪雨が続いたせいもあり、荒川や旧江戸川からの漂流ゴミがたくさんありました。

先週、臨時の清掃を試みて一度はきれいになりましたが、一週間で漂流ゴミがこんなにも多く溜まるのは台風後並みのひどさです。でも、本日は総勢19名の参加があり、西なぎさの浜辺の延長500mをすべて収集することができました。ありがとうございます。

佐川急便東京本社様のチームがご家族と共に多く参加してくださいました。そのほか、環境保全に関心ある方がWEB等を通じて参加くださいました。心づよいかぎりです。

さて収集した漂流ゴミの内訳は、多いものから、
プラスティックの細かな破片×308個、プラスティックのフタやキャップ×227個、その他のプラステッィク製品×147個、袋やシートなどの小さな破片×96枚、ペットボトル×32個、使い切り100円ライター×22個…。
ですが、集計したのは約3分の1程の量ですので、この3倍は漂流ゴミがあった状況です。また大きいものでは、ドラム缶が1つ、べニア板×1枚、べニア板破片類×3枚が漂着していました。

太陽が眩しく照りつける中、みなさん懸命になって収集してくださいました。本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

様々な立場の方々が、こうしてひとつの目的で参集し、汗を流してやり遂げる感覚は、今の時代に最も必要なことのひとつではないかと、理屈なしで感じました。今後とも身の丈に合わせて続けて、みなさまと成長していきたいと思います。よろしくお願い致します。

1007170110071702

10071703ls10071704l_2

Logo_tokyo_satoumi_aid_05_2
西なぎさ発:東京里海エイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.14

のどかな干潟

↓セイタカシギ&チュウサギ  ↓コチドリ幼鳥
1007100110071002_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.13

「里山・里海講演」拝聴

昨日、(社)ディレクトフォースの主催する環境講座:「あん・まくどなるど」さんの「里山・里海講演」~里山・里海を世界に発信~を拝聴してきました。

カナダ生まれの「あん・まくどなるど」さんが、長年にわたり日本の里海・里山を巡って身体で感じた環境問題や、農業、漁業、多様性の話を中心に、自身が撮影した写真と共に語られていました。

真の里海・里山を築いていくには、地元のステークフォルダーが互いに、細かなことでも真剣にひとつひとつ活発に議論することが大切であることを、石川県能登半島の舳倉島(へぐらじま)の海女さんたちの事例で解説されていたのがたいへん印象的でした。

「あん・まくどなるど」さんの熱心な講演から、今の日本人が忘れかけているふるさと意識や熱い気持ちを束ねる大切さを改めて知らされ、有意義な講演でした。

昔は良かったという懐古論者や理想論者となるよりも、今後どのように行動するかを考え、議論し、良かれと思うことをすすめていくことが重要なんですねぇ…。心に響きました。

「あん・まくどなるど」さんの言葉を信じ、「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動もコツコツとすすめていきたいと思います。ありがとうございました。

気候変動列島ウォッチ

気候変動列島ウォッチ

価格:1,575円(税込、送料別)

↑あん・まくどなるどさんの
 最新執筆本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.12

7月の花

↓アベリア            ↓ムラサキクンシラン(蕾)
1007100410071002

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.10

豪雨による漂流ゴミ収集作業実施

昨日の豪雨とはうって変って朝からカンカン照りのお天気になりました。
臨時の『西なぎさ発:東京里海エイド』の活動でしたが、有志ある2名の市民の方が参画してくださり、公園化サービスセンターも含めて合計4名で、漂流ゴミの撤収作業を行いました。

少人数であることもあり、水辺は本日は行わず、砂浜にあがっている大量の漂流ゴミが再び潮で沖に戻らないようにアシ混じりのプラスティック系の破片やペットボトル、空き缶などを中心に収集活動を実施することにしました。

アシの枯れ枝類は、公園サービスセンター側で後ほど収集して下さるとのことでした。終始暑い中、正味1時間半にわたる作業でした。なかにはドラム缶もあり、ビックリ…。

また周囲にはかなり多くのボラやアナゴも死んでうちあがっていました。ボラは80センチを超える大きさでお腹がパンパンになっているボラもありました。泳いでいるうちにゴミを呑み込んでしまったのでしょうか?

漂流ゴミの収集活動後はかなりバテましたが、すっかり砂浜側はキレイになり、参加メンバーでちょっぴり満足感にひたることができました。参加されたみなさん、本当に熱い中ありがとうございました。

↓漂着しているゴミ(1)    ↓ドラム缶も漂着
1007100110071002

↓漂着しているゴミ(2)    ↓2tトラック1台分sを収集 
1007100310071004

↓清掃活動状況        ↓清掃後の西なぎさ 
100710100710_2

Logo_tokyo_satoumi_aid_05西なぎさ発:東京里海エイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.09

臨時で「漂流ゴミ」清掃の予定!

告知です。
先日の日曜日、あまりにも西なぎさの漂流ゴミがスゴイのが気になり、今週末の10日(土)に市民と協働で、清掃活動を実施することに致します。

ご興味があり、参加可能なかたは是非お力を借りたいと思います。公園サービスセンターと連絡調整済みです。

参加可能な方は、10日(土)午前9時半に西なぎさの黄色いテント脇(渚橋を渡ってすぐ右)に集合していただければと思います。約2時間程の清掃活動を考えています。
目印として「西なぎさ発:東京里海エイド」ののぼり旗を立てておくように致します。

道具はすべて公園サービスセンターにお借りしますので、身体ひとつで来てくださって構いません。但し、当日は汗をかくでしょうし、汚れてもよい格好でお願い致します。
また足元も、なぎさ際をクリーンアップしますので、すこし濡れても差し支えない足元の状態(素足に運動靴または脱げにくいサンダル等)としたほうがいいでしょう。軍手もあればご持参をお願い致します。

参加申し込みは、できれば下記「西なぎさ発:東京里海エイド」のボタンから専用WEBにアクセスしていただき、お問い合わせメールより連絡くだされば幸いです。(当日、現地に参集してくださっても構いません。)

尚、雨天の場合は、中止しますが、事前連絡してくださった方のみメールにてその旨を通知致します。

今回は河川からの漂流ゴミが梅雨時の雨量が多くなったことに起因しての臨時の清掃活動ですが、毎月第3土に曜日に「西なぎさ発:東京里海エイド」として西なぎさの清掃活動をしています。

ご興味があり、お手伝い可能な方は是非一緒に西なぎさの日頃の綺麗な風景を護っていきましょう!
『Think Globally,Act Locally!』よろしくお願い致します。


Logo_tokyo_satoumi_aid_05西なぎさ発:東京里海エイド

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.04

ダブルショックの日・・・

昨日、東なぎさの清掃に参加したので、今週末は西なぎさの漂流ゴミについてはノーマークでしたが、ひょこっと都合あって夕方5時くらいに西なぎさを訪れましたが、唖然!!

漂流ゴミのひどさのスゴイことスゴイこと…。いつものように朝ランニングしてチェックしておけば良かったなんて思っても仕方がない…。数日間の梅雨の雨で河川の水位が上がり、相当の量が流れてきてしまってました。今年最大の量です。

昨日東なぎさの部隊がこちらに気づけば…なんて考えても後の祭り。夕方であったため、まもなく管理上西なぎさは渚箸のゲートで閉鎖されてしまうため、清掃活動はもちろん断念。

今週中に都政等側で臨時に清掃がはいればいいのですが、そうでなければしばらくこのひどい状態が続きそうです。平日は仕事ですから、週末覚悟して清掃のお手伝いをすることにしますか…。

渚の海水も汚濁していて、泡もたっていました。まるで台風の後の様・・・。匂いも臭いです。
公園サービスセンターの方の話では、2-3日間この状態であったそうです。なんとかしたものですね…。いつもは綺麗ななぎさなのに残念です。

残念と言えば、野鳥園のセイタカシギの卵、アオダイショウに食べられてしまったそうです。こちらもショック…。スコープで見ていた方がいたそうで、つがいのセイタカシギは巣のそばにいたものの、成すすべもなく卵を食べられてしまうのを呆然と眺めていたそうです。なんとも言えないですねぇ、カワイソウ…。

でも、こういったことは自然界では当たり前で、ひとつひとつ危険予知を学習して逞しくなっていくものなのでしょうね。なにごとも諦めないことが肝心ということなのでしょうか…。ダブルショックの日でした。


1007040110070402

1007040310070404

100704

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.03

東なぎさ清掃に参加

今週末は、えどがわエコセンター主催の東なぎさの清掃に参加して来ました。

大勢の方が参加していました。人数を聞き忘れましたが、全部で60名程だったでしょうか?
清掃後、各専門の方々による野鳥、野草、水生生物の観察会が行われました。

野鳥は、ディズニーランド側の土手沿いにカワウが千羽以上やサギ類併せて20種いることをスコープにて観察。観察途中、クロハラアジサシが通りかかり、21種

野草は、ヘンテコな名前の野草を教わりました。印象にのこったのが、「ヘクソカズラ」と「ママコノシリヌグイ」…。やはり、よくもまぁ、こんな名前を付けたものです。

水生生物は、アカ&クロベンケイガニやマハゼ、アナゴの稚魚などを確認することができました。

漂流ゴミは、いかにも不法投棄と思われるタイヤやテレビなども含まれていました。収集したゴミ袋数は約50弱程度だったでしょうか。天気はなんとかもったものの、蒸し暑い中、みなさんお疲れさまでした…。

帰りに野鳥園の擬岩観察所によりましたら、階段の足元でカジカガエルでしょうか、ちっちゃなカエルをみつけました。2センチ程の大きさで、ぴょこぴょんこ無邪気に跳ねてました。雨乞いをしてたのでしょうか…。

10070310070301

1007030410070302

10070303100704

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.07.02

蒸し暑い中、ナイトラン参加!

ナイトマラソン10kmに参加。すんごく蒸し暑い中、やはりタイムは伸びませんでした。
仕事帰りまもなくでアップする間もなく、ということもありましたが、何とかネットで48分代。苦戦しました。

ラストは、5分後のスタートだった女性ランナー数人抜かれてしまいました。狭いコースながらも声をかけながら上手く切り抜けて走ってました。最近の女性ランナー、全体的にパワーアップしてます…。恐るべし…。

終わったあとのビールは、やはり格別でした…♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花それぞれ

ランニングをしていたら、葛西臨海公園の東端で木立の足元が、木の葉がたくさん落ちたように真っ赤に染まっていました。すでに紅葉??かと思い、近くに寄ってよく見ると、花でした。

樹木名が掲示してあり、『アメリカデイゴ』という樹木の花だということがわかりました。つい最近まで緑色に茂っていた記憶ですので、咲いた矢先に強風で散ってしまった様子です。花の命は果敢ないです…。

またネムノキも花を咲かせています。ふんわりとした不思議な形の花を咲かせるのですねぇ。花びらは細い線のようなものが一枚なのでしょうか?葉っぱも細かく繊細ですが、花もそれ以上に繊細です。

6月の代表であるアジサイのなかでも、特にガクアジサイがその様に感じますね。中央にちっちゃな蕾と花と両方あり、周囲にフリルの様に花が咲きはじめている段階が、一番色もキレイに感じます。

満開になってまん丸して咲いているフツーのアジサイよりも、どちらかというとガクアジサイのほが瑞々しくて、好きですね…。

10062705s_210062701s

1006270110062702

100627210062701_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2010 | Main | August 2010 »