« 命名:コボラサシの捕食ショウ | Main | 増えてきた漂流ゴミ… »

2010.06.07

可哀そうな花…

どうしてこんな名前がついてしまったの?思うのが、オオイヌノフグリ。WEBでしらべてみると、まさに形が似ているらしいですが...。小さく色も下品なものではないのに、花にとってしてみれば可哀そうなものです。

また、よくよく調べてみると、どうやら「コイヌノ…」や「イヌノ…」もあるみたいで、よくもまぁ、命名者は何を考え、識別したものかと思います。

可哀そうな花といえば、オオキンケイギクも然り。外来種で繁殖力が強い為、現在は栽培・譲渡・販売・輸出入などが禁止となっているそうです。鮮やかで真っ黄色に咲く花には罪もありませんが…。

今週は、他はヒルサキツキミソウが咲いていたのと、グミの木とビワの木に実がなり始めていました。


↓オオイヌノフグリ         ↓オオキンケイギク
1006050610060502

↓ヒルザキツキミソウ       ↓グミの木
100605051060501

|

« 命名:コボラサシの捕食ショウ | Main | 増えてきた漂流ゴミ… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 可哀そうな花…:

« 命名:コボラサシの捕食ショウ | Main | 増えてきた漂流ゴミ… »