« 野花の奥の深さ | Main | 命名:コボラサシの捕食ショウ »

2010.05.29

ギンポの稚魚一人前にかみつく…

100529今日は5月とは思えないくらい肌寒い日でした。雲はどんよりとしてぱっとしない空。

漂流ゴミの釣果は、ごらんのとおりで、ちょっと大きめなものが目立ちました。
プラスティックの収納箱の蓋、発砲スチロールの大きめにの破片、建築現場用の足場板の破片、バケツ、スプレー缶、植木用の仮設ポッド×6、洗濯溶剤の大きな容器等々…。やはりダントツは、レジ袋やお菓子の入れ物のビニル系ゴミでした。

途中、大潮のせいもあって最西端の防波堤のところでギンポの稚魚を見つけました。ギンポは、江戸前では天ぷらにして食すると大変おいしいな魚。成魚は20センチくらいになります。

写真に取ろうとして手のひらにのせたところ、ガブリとかまれました…と言っても小さいので、全く痛くはありませんでしたが、ちっちゃくても捕まらないようにと一人前に抵抗するとことが、カワイイですね。

午後はイベントを開催していた「ふるさと東京を考える実行委員会」の西なぎさのクリーンアップに参戦予定でしたが、少し風が強くなし小雨が降りはじめて、中止となってしまいました。残念…。

100529_2100529_3

|

« 野花の奥の深さ | Main | 命名:コボラサシの捕食ショウ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギンポの稚魚一人前にかみつく…:

« 野花の奥の深さ | Main | 命名:コボラサシの捕食ショウ »