2019.03.16

3月16日(土)の「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動報告!

今回は2019年の最初の活動でした。企業参加でTOTOグループのみなさまと個人参加の方々で総勢25名の方々に参加していただきました。ありがとうございます!

収集した漂着ごみの総数は、45リットルのゴミ袋で25袋分でした。そして、その主な内訳は…

【危険ごみ】
・注射器:1
・使い捨てライター:9
・スプレー缶・カセットボンベ:7
・ルアー:3

【粗大ごみ】
・自動車部品:1
・バケツ:1
・標識下地木材:1
・標識コーン破片:1
・冷蔵庫の蓋:1
・マット:1

【漂着ごみ】
・硬いプラスチックの破片:165
・飲料ペットボトル:163
・食品の発泡スチロール容器:108
・食品のプラスチック容器:98
・ポリ袋・シートの破片:86
・食品のポリ袋(菓子など):76
・飲料ペットボトルのキャップ:63
・発泡スチロールの破片:40
・飲料びん:36
・飲料缶:36
・買い物レジ袋:34
・タバコのすいがら・フィルター:32
・ボール:17
・飲料紙パック:16
・プラスチックのふた・キャップ:14
・プラスチック・ボトル:10
といった状況でした。
(主要なゴミ抜粋/調査カードによる集計は今回収集した全体ではなくごく一部です。)

昨年ラムサール条約登録湿地となり、今回はTOKYO2020の500日前の公式イベントである「スポーツGOMI大会in葛西」のイベントを重なり、バタバタした運営になってしまい、たいへん恐縮でしたが、「西なぎさ発:東京里海エイド」の活動で毎月有志のみおなさんによる好意でたくさんの漂着ごみを収集してきた実績をアピールするとともに、実際に当日短い時間で収集できた上記の多くの漂着ごみの実態を、関係者のみなさん直々にわかっていただけたかと思います。

ラムサール条約登録がゴールではなく、これからどのように稀少な都心の干潟を次世代につなげて護っていくのかが課題であると考えています。

今回は、渚の奥に冬鳥(スズカモ)たちが観察できましたが、来月にはほとんどシベリアに飛び立ってしまうかもしれません。暖かくなってくると、次回からは夏鳥のコアジサシが南半球より飛来してくる季節になります。
西なぎさで育ったアユの稚魚たちも荒川や旧江戸川を遡上しはじめる季節でもあります。

みなさんと一緒に今後も気持ちよくクリーンアップをしながら、都心の自然を護っていきたいと思いますので、今後もよろしくお願い致します。

今後も西なぎさ発:東京里海エイドの活動は、様々なステークフォルダーの方々と共に考え、共に行動することで、漂着ゴミの問題とを解決をし、地域活性化を図っていきたいと思います。
19031600_s


19031601_s


19031602_s


19031603_s


19031604_s


19031605_s


19031606_s


19031607_s


19031608_s


19031609_s


19031610_s


19031611_s


19031612_s


190316_s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日3月16日(土)西なぎさ発:東京里海エイド実施します!

おはようございます。
本日16日(土)、葛西海浜公園/西なぎさでの漂着ごみのクリーンアップ作業をおこないます!
途中、霧雨が降るかもしれませんが、よろしくお願い致します。
集合場所は葛西臨海公園駅から歩いて10分くらいかかりますので、遅れずによろしくお願いします。
http://qq2q.biz/pmNQ

Logo_tokyo_satoumi_aid300


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.24

11月24日(土)「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告!

本日は行政がおこなうラムサール条約登録の報告会の一環で、『西なぎさ発:東京里海エイド』の活動を臨時に実施しました。
先週クリーンアップを実施した状況もあり、漂着ごみは非常に少なかったため、過去に収集した漂着ごみで放置されているものの中からペットボトルのみを抽出作業を実施しました。Tシャツにリサイクル企業に協力するためです。来年大阪で開催するG20に向けて海洋ごみのリサイクルのありかたに着眼した動きに協力致しました。

新規に取集した漂着ごみは、総数:45リットルゴミ袋×3袋ほどで、中身はビニールごみと細かいプラスチックごみがほとんどでした。報告会でスケジュールが押していて、昼時となったため笑味30分程度の短いクリーンアップ活動となってしまいましたが、効率的な作業ができたと思います。
ご協力いただき、ありがとうございました!

今年の活動はこれで終了となりましたが、来年も3月~11月の第3土曜日に引き続き活動を実施予定です。
DEXTE-Kは今後も、ラムサール条約の登録湿地となった葛西干潟で、様々な団体と協調しあっていきたいと思います。葛西干潟で最も多くの漂着ごみを収集しているのが、当団体の活動です。
引き続きクリーンアップの活動がよいコミュニケーションの場つくりになればと考えています。

今後も西なぎさ発:東京里海エイドの活動は、様々なステークフォルダーの方々と共に考え、共に行動することで、漂着ゴミの問題とを解決をし、地域活性化を図っていきたいと思います。
今後も気兼ねなく「西なぎさ発:東京里海エイド」にご協力をよろしくお願い致します。
__________________________

以下、ラムサール条約登録報告会の辛口感想です。

報告会は、東京都と江戸川区の行政TOPや議員たちが子どもたちを前にして成果を報告する構図の写真や動画の記録を残したかったかに過ぎない様に感じました。
税金をかけて子どもとちを集客するために芸能人を呼ぶ必要はなかったと感じています。行政TOPや議員の方々は漂着ごみの実態を知る由もなく、また希少な水生生物の展示もあったのですが興味を示すことなく、さっさと帰ってしまいました…。
日頃フィールド活動で葛西干潟をまもっている市民のみなさんで報告会に参加された方々はこの報告会の流れに違和感を感じていたと思います。
江戸川区の環境推進課の方々には、収集して放置されている漂着ごみの実態をその場に行って確認していただきましたが、どこまで心に刺さったかわかりません…。日頃みんなで汗をかいて集めた漂着ごみを早めに処分してほしいです。収集時の袋が破けてごみが再び散乱しはじめている状態なのです。
実態を見つめなおしてイベント開催よりも放置されているごみの処分にお金をかけてほしいものです。
__________________________

18112400_s


18112401_s


18112402_s


18112403_s


18112404_s


18112405_s


18112406_s


18112407_s


18112408_s


18112409_s


18112410_s


18112411_s


18112412_s


18112413_s


18112414_s


18112415_s


18112416_s


18112417_s


18112418_s


18112419_s


18112420_s


18112421_s


18112422_s


18112423_s


18112424_s


181124_s


下の2枚の写真は、せっかく集めた漂着ごみが処分されずに集積されたままで放置されている状態を撮影したものです。
収集時の袋も破けて、再び飛散してしまう恐れも…。ラムサール条約に登録された干潟の片隅にこのような状態が存在することをどのように感じますか?
18112301


18112302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.04

ラムサール条約湿地登録報告イベント告知!


2018kasai_ramsar_event

先月、葛西海浜公園が東京都ではじめてラムサール条約の湿地に登録されたことを記念して、西なぎさにて『ラムサール条約湿地登録報告イベント』が実施されます!

日時は、今月の11月24日(土)10時~12時半の予定です。

式典は東京都港湾局が主催で、報告会には小池都知事とさかなクンが来園される予定です!報告会の後には葛西干潟の生き物観察会とビーチクリーンが催されますが、ビーチクリーンについては『西なぎさ:東京里海エイド』を主催しているDEXTE-Kが協力致します!

概ねのタイムスケジュールは添付してある画像をクリックしていただき、リンクのPDFをご覧ください。

せっかくの機会ですので、是非お誘いのうえ、西なぎさにご来園くださいます様、よろしくお願い致します!
ビーチクリーンに参加したい!という方は事前に『西なぎさ:東京里海エイド』の専用WEBから申し込んでいただけれると助かります。(準備するトングの数等の都合等で)よろしくお願い致します。
専用WEBは、下記の『西なぎさ:東京里海エイド』のロゴにリンクを張っておきます。

Logo_tokyo_satoumi_aid01_s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.11.03

スズガモの群れ渡来!

葛西干潟の沖にスズガモの群れが羽ばたいているのを確認しました。1千羽を超えています。
すでにシベリアから先週に渡来している群れもあり、現在は5千羽以上はいると思います。中にはカンムリカイツブリも確認できています。
これからますますシベリアからの冬鳥たちが渡来してきて、2万羽を超す状態になります。これがラムサール条約の湿地登録となった大きな要因のひとつです。
18110301_s


18110302_s


18110303_s


18110304_s


18110305_s


18110306_s


18110307_s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«10月28日(日)「西なぎさ発:東京里海エイド」活動報告