October 19, 2016

IOCバッハ会長の発言から

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は、総理官邸で安倍総理と会談し、東京オリンピック・パラリンピックの複数の種目を東日本大震災の被災地で行う構想を提案したことは、たいへん前進的なことだ。

葛西臨海公園隣地に建設しようとしているカヌースラローム競技場は、恒久施設である場合、維持費に年間1億4千万円以上かかるのが明らかになっている。

カヌースラローム競技は本来自然の中で行うスポーツであるため、国際競技に対応可能な福島県二本松市福島県二本松市阿武隈川域の既存施設をある程度オリンピック競技場として整備し、開催することが有効であると考える。

フラットウォーターのカヌー競技場ばかりが現在話題となっているが、カヌースラローム競技場についてもキチンと精査してほしいものである。

なお、阿武隈川流域でのカヌースラローム競技の開催は、2012年10月26日にすでに東京都にDEXTE-Kが提案している内容である。

朝日新聞「東京五輪、被災地で一部実施を バッハ会長が首相に提案」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2015

新国立競技場建設/ゼロベースの計画見直しから言えること

新国立競技場の建設がゼロベースで見直しされることが決まった。
少子高齢化の加速する日本にとって、今後巨大でメンテナンスコストを多大に費やす施設はやはり造らないほうが適切な判断である。

しかしここで最も残念であった点をあげておく。それは今回の計画見直しは市民団体の意見から発したものであり、これまで関わってきた建設業界の専門家の面々が多数いるのにもかかわらず、直接の建設関係者から冷静な意見が発せられなかった点である。
当初、騒動になる前に建築家の槇文彦氏の的確な問題提起があったが、今回の建設計画に直接関与していた訳ではない。

デザインコンペ、基本設計、実施設計段階のいずれの段階においても、時代にあったものか否かを直接の建設関係者の中から疑問視する意見が公に発せられた経緯はない。オカシイと判っているのにもかかわらず貝のように沈黙を保っていたほうが、巨大国家プロジェクトに携われる名誉が得られる点と大きな利鞘利がまわってくる点を確信していたからというのが本音ではなないだろうか。

復興五輪を謳い招致が決まった背景でメインスタジアムとなる公共施設として本当にふさわしい施設なのか、今後の超少子高齢化社会を迎えるにあたり持続可能な社会構築を鑑みれば、冷静な有識者であれば判断できるはずだ。にもかかわらず…なのである。

発注者側や設計に携わった建設関係者は、大局観を見失って猪突猛進してきた点は大いに反省すべきてあろう。

コストが増大した直接の問題点は様々なマスメディアが報道している通り、
①発注者側の専門知識不足と責任者の不在
②設計者の技術不足
③実施設計を施工者が支援したことによる競争入札原理の喪失
④建設関連コストの増大
があげられるが、いずれにしても直接の関係者による俯瞰的視野さえあれば、「このプロジェクト計画は誤っている」と途中段階で冷静に判断できたであろう。

今後は発注者の立場であれ、設計者の立場であれ、施工者の立場であれ、建設業に携わるものは少なからず何かの専門家であるか技術者であることには変わりないのだろうから、俯瞰的な視野や客観的な判断能力を備える力量をもつ人材が不可欠である。

社会や環境に重大な影響を与えることを十分に認識し、業務の履行を通して持続可能な社会の実現に貢献する、倫理観をもった人材が活躍できる社会地盤を作り上げていくことも必要である。

特にオリンピック景気をいいことに建設業界は有頂天になってはならない。今回の件で襟を正し、頭をリセットすべきである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2015

技術者の倫理を再び問う。

オリンピックの追い風を受ける建築業界であるが、今年になって東洋ゴムのデータ改ざん問題が発覚した。

東洋ゴムは、建設業での売り上げよりもタイヤ業での売り上げを多く締めるゴムメーカーに過ぎないが、建築業界で働くものとしてはたいへん遺憾であり、腹立たしいことだ。当然建物所有者にしてみれば寝耳に水で、いっそう晴天の霹靂であったことであろう。今だにその収束手段というか、解決方法がはっきりしていないのが現状だ。

しかしどうして技術者が倫理的な行動をとれないのか?日本の産業そのものの労働環境の悪さが背景にあるのだろうか?悲しくなる…。

どんな環境においても技術者たるもの、倫理を反するような行動をとってほしくはない。そう強く感じる今日この頃である。

今後、2020年に向けて建設技術者は最繁忙期をむかえることになるが、決して忙しさにかられて倫理を外す様な行動をとらぬように、肝に銘じてほしい。

150422


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2014

新国立競技場/伊東豊雄案について

今夜、緊急シンポジウム「新国立競技場のもう1つの可能性」を拝聴してきました。目玉は建築家の伊東豊雄氏による「改修国立競技場提案」を公表するというもの。

内容は、私がかねてより案内してきたものコンセプトはほとんど一緒でした。

現在の国立競技場を一部解体せずに残して、陸上競技場を9コース確保した上で、スタジアムを拡張するという計画。エキスパンジョイントの話も出ていました。

私の案は、「神宮外苑と国立競技場を未来に手渡す会が主催する」共同代表の森まゆみさん達に今年の1月15日にメールで案内していました。また私自身は建築技術者ですので、その裏付けを確認するために独自で現地を取材し、整理してまとめたものをブログで3月31日に情報公開しています。さらには、本日のシンポジウムで登壇されていた森山高至氏がブログを4月20日にtwitterでリツィートしています。

リツウィートのURLはこちら(↓)
http://bit.ly/1qw4hLr


一方、伊東豊雄氏の案では根本的に、①開閉屋根が無い点と②既存スタジアムを残すエリアが3分の2ほどある点③ザハ・ハディドのデザインを全く踏襲していない点、が特徴である。
独自性があるようで、実は現実の条件をと比較すると乖離しており、非現実的ともいえる。

その理由としては、
①開閉屋根が無い点では、その有無については議論が必要であるが、少なくとも観客席全域には屋根が必要と考えている点で大きく異なっている。国際的な競技を行うスタジアムのバックストレートで屋根が無い施設は時代遅れではないだろうか。。
②既存エリアを残すエリアが3分の2ほどある点では、実際には非現実的である。陸上競技のコースを面積的に9コース確保するだけではNGであり、アスリートが安全に競技できるように余裕のアスリートはアスリート同士が接触したり、勢い余ってコースアウトすることは多々あるからだ。
③デザイナー建築家としての意地があると思われるが、様々なプロセスとコンペを通じて決定された案である点を無下にしている。
と言えます。

競技場の改修については様々な実績事例があり、有能な技術者が集結すればもっと優秀な改修案ができるはずであるが、日本の建築業界の実情で発案側の設計者集団や建築家には真の技術者が不在傾向にあることが原因であると思われる。

いずれにしても根本的に本件にてついては、公共工事でありながら説明責任や市民とのコミュニケーションに乏しい点と建築業界において技術者達ががこの問題に無関心で真剣に考えておらず情報発信もしていない点が起因しており、根深いものだと考えている。
本日の登壇者たちが述べていたが、東日本大震災の復旧において無意味な巨大防波堤を築こうとしている現状とこの問題は大変似ている。

140512


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2014

カヌースラローム競技場考/代替案

2020年オリンピック東京大会で葛西臨海公園にカヌースラローム競技場を建設しようとしている問題点について、代替地案として江戸川競艇場を一時仮設使用する提案を陳情書として江戸川区議会に提出しました。

詳しくは、「WE LOVE 葛西臨海公園」のブログをご覧ください。下記にURLを案内しておきます。

カヌースラローム競技場考/代替案

Photo_3

140412_s_8140412_s_7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2014

霞ヶ丘国立競技場立て替え問題:考察

2020年オリンピック東京大会を目指して立て替え計画中の国立競技場についての問題点に触れる。

01_s








Photo当初、槇文彦氏らが文教地区にザハ・ハディド案は巨大すぎるとして問題提起摘し、社会問題化している。計画コストの件からも見直しがされ、現在縮小案にて基本設計が進行中である。

一方で、既存施設を少しでも利用できないかと、訴えている市民活動もある。森まゆみさん達が共同で代表を努めるグループで、「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」である。詳細は下記URLを参考としてほしい。昨年から多様な文化人による勉強会を複数開催している。この活動には、深く共鳴するところがある。
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/pg100.html

しかし彼女らが開催する勉強会にも何度か参加し、様々な情報を得ましたが、残念ながら現段階で決定打となる解決方法は見出されていないのが実情である。また今年4月より実施設計に入る予定でもある点で、時間的に交渉や調整時間が無くなってきている点も厳しいところである。

たいへん気になり、実際に国立競技場に独自にリサーチしに出向き、自分の目で確認してみた。50年以上前に建設されたが、一見しっかりしている様子であるが、やはり構造躯体からは各所ひび割れやエフロレッセンスが発生している。この状態では現状調査し、既存利用の改修案を計画し直すのはなかなか大変である。

技術的には改修利用は可能であるが、既に2020年まで残すところ6年半足らずしかないため時間的に技術検討や各種関係者との調整を割く時間を確保するのに困難であると判断しためだ。また実際には、2019年ワールドカップラグビー大会を新国立競技場で開催する予定であるため、現実的には現時点で5年半しか時間がないのである。

そこでダメ元ではあるだろうが、現時点で現実的な改修利用案の概要をあえて提示しておく。既存の競技場のバックストレート側を残し、その部分を再利用する案である。陸上競技場は、オリンピック級の国際大会を開催するには、9コース必要であり、競技場拡張が必須であり、既存競技場をそのままでは使えない。

そこで耐震改修して使えそうな部分を限定し、その部分を利用して新築する案である。このようにすれば陸上競技場の拡張も可能であるし、実際に既存躯体にはエキスパンション・ジョイントと呼ばれる区画で構造体が区分されており、既存躯体を上手く利用することが可能である。

ザハ・ハディドの縮小案も、現況のスタンドを貫通する様に柱を立てれば、新規のデザインを活かしたまま建設が可能である。またこうした改修方法は、現実的に川崎市の等々力競技場で現在進行形で実施展開している。少しでも参考にしていただけたらと痛感する。
Photo_2








また、現況の国立競技場を観る限り、上手く既存活用して戴きいただきたいものもある。それは、鋳物でできている聖火台とホームストレート側の観客席上部にある相撲の元祖といわれる「野見宿禰(のみのすくね)」とギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」のモザイクタイル壁画である。

競技場周囲に設置されている各種彫刻も是非保存利用して戴きたいものである。さらには、国立競技場北側には、「同期の櫻」もあり、歴史的にみてもその桜やそれんに関わる石碑は残すべきものである。

既存競技場を少しでも利用することは、環境負荷をできる限りおさえることにもつながり、オリンピック憲章の理念にも合致する。

いずれにしても、こうした社会資本整備の再整備は、本来もっと開かれた場で時間的に市民と十分な議論と意見交換を中心としたコミュニケーションを経て、展開してほしいものである。

1401220114012202

14011807_s_214011901_s

14011902_s14011903_s

14011906_s14011808

14011904_s_214011905_s

140118

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2012

東京駅七変化

東京ミチテラスのTOKYO HIKARIVI SION
駅舎に立体的に映像を映して演出するイベント。ライトアップの演出、すごく進化していますね。感動的です。

1212210112122102

1212210312122104

1212210512122106

1212210712122108

1212210912122110

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2012

脱原発シフトと同時に考えるべきこと…

基本的には脱原発を目指すべきであると強く思う。
でも近い将来にそうするべきであって、現状を踏まえると原発は段階的に減らしていく事が現実的ではないだろうか。

私は建築技術者であり、所属する建設会社は福島での除染作業に力をいれ、業界では環境分やでトップを走る企業ともいえるが、今まで何基もの原発建設に携わってきたことも事実である。
私自身も、現在環境保全やエコ活動にはたいへん興味があり、自身のプロボノ活動でも力を入れているが、二十数年前の入社当時に、その会社が原発をいくつも建設していることを薄々知りながら、原発などに全く関心がなかったことも事実である。

そんな中途半端な立場の人間の言うことには、ほとんどの方が耳を傾けないだろが、あえてコメントを残しておこうと思う…。


まず現実的なことを考えると、天災とヒューマンエラーの双方を含めてすぐに再びどこかの原発事故が事故が起こる確率はどのくらいだろうか?おそらく相当低い確率である。ただちに事故が発生し、再び多くの方々の生活が脅かされる確率はかなり低いであろう…。

かたわらでは原発関連の報道で、電力会社のありさまや政府の対応などあきれることだらけである。一方でそうした方々にもご家族はあるだろうし、電力会社や政府のだらしなさを知らずして原発建設地を居住地として選択した、あるいは選択せざるを得ないかった市民も大勢いるはずである。

要は、リスクを把握しながら“『罪なき原発依存者』がたくさんいる”ことに注目もしていただきたいのである。

都市部やその近郊の生産施設において消費電力の観点で考察すれば、やはり原発に依存せざるをえない企業が多々あるのが現実であり、そうした生産施設で働く方々やそのご家族を考えるとさらに『罪なき原発依存者』相当な数になるだろう。

知らずして間接的に原発に依存している人の数はかなりの数である…。

ライフスタイルを深く掘り下げてみないと原発依存度はわからない。その原発依存度によるが、原発をただちに止めてしまうことのほうが、経済面で多くの方々の生活が脅かされる確率は高いのではないだろうかと予想が現実的だ。

生活の糧はやはりお金である。経済面で困窮してしまい、生活が脅かされる多くの方々をもっと配慮した政策の選択が必要なのだと思う。

声を大にして『再稼働反対!』と叫ぶのも良いが、今後日本国内の原発は廃炉にしている必要があり、核燃料の廃棄問題や廃炉計画において優秀な原子力関連の技術者の確保が課題である。『原発=悪のかたまり』のようなシュプレッヒコールでは、高度な技術を持つ人材を育てることもできず、今後の日本社会の行方を心配してしまう…。原子力技術者の人材を育てるには十年単位でかかると言われている。ご承知の様に、原子核の半減期はそれ以上の時間がかかるのである…。

原発施設を所持してしまった以上は、廃棄の問題から逃れることはできず、これからずっと何十年、何百年と原子核と付き合っていかなければならいのである。国際的な視野の中でも原子力技術基盤を損なうような政策の選択はするべきではないだろう。残念ながら核を持つことにより国際的に平和的な立ち位置を確保してきているのも、これまた現実なのである。

シュプレッヒコールを唱えている方々の中にも知らずして『罪もなき原発依存者』となっている方もいるであろう。
冷静に総括的に現実を考え、一方的に意見を主張するのではなく、多方面との意見交換をすべき時期なのではないだろうか。

むしろ反省すべき点は原発に対して誰もが何気なく不安に感じる一方で、声を大きく出さずに過ごしてきたために現在54基もの原発が既に建設されてしまっている…という現実なのではないだろうか?

原発がたくさん建設されている時にほとんどの国民がやはり無関心であったことが、この危機を引き起こしている。先に述べたが、私自身も無関心であった。

今後においては、エネルギー供給源だけの議論ではなく、そもそもライフスタイルを見直すべく省エネ生活を覚悟すべきであるし、同時にスマートシティやスマートコミュニティとして提唱されている様に、地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用する社会づくりも重要である。

当然スマートシティやスマートコミュニティを構築していくにも時間が当然かかるため、再生可能エネルギーを徐々に増やし、同時に技術開発を推進しながら、脱原発を果たしていくことが現実的であろう。理想を追えば即時に脱原発にシフトすべきであるが、そうできない現実を全体で議論していく必要があるのである。

中途半端な人間が、中途半端なロジックでここまですすめてきたが、いったい何が言いたいのか…。
それは今を生きる者にとっては『覚悟ある生き方』が大事なのでは?ということである。それを強く感じている。

皮肉なことに私たちが原発に対して無関心であった時代に、大きな声でシャウトしていたロックンローラーがいた。当時いろいろと訳ありで騒がれた忌野清志郎である。でも当時に脱原発をシャウトし、身近な愛や切ない愛を歌い続けていた彼の生き方は明らかに『覚悟ある生き方』であった。すでにYouTubeでは数万人が視聴されているが、あえてここで彼の『ラブミーテンダー』をここで紹介しておく。

それぞれの立場で、自身の『覚悟ある生き方』を選択すれば、社会全体ではどんな選択肢を選ばざるをえないかが見えてくるはずである。今、私達は次世代のライフスタイルを意識しながらも、現実を踏まえて『覚悟ある生き方』を個々人が真剣に選択すべき時ではないだろうか。


忌野清志郎 ラブミーテンダー

【コメントのまとめ】
・脱原発を目指すべき。
・まずは省エネを強力的に推進するべき。
・地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用するべき。
・再生可能エネルギーを増やし、同時に技術開発を推進する。
・原子力技術基盤は、国際的な立居位置で不利にならないレベルにとどめておく必要がある。
・『罪のない原子力依存者』がいる限り、経済的な視野もいれてエネルギー政策を決めるべき。
・次世代をにらんだ政策の選択が必要。
・今を生きる者にとっては、『覚悟ある生き方』が大事では。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 11, 2012

「覚悟」して生きるということ

震災から1年。いろんなことを自分なりに考え行動してきたつもりでしたが、今日は改めて朝から様々なTVの特別番組を観て感じることがありました。それは、「覚悟」して生きる大切さ。
うまく表現できませんが、感じたことを素直に書きとめておこうと思います。

Continue reading "「覚悟」して生きるということ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2011

メタボリズムの都市未来展

六本木ヒルズの森美術館で開催されている『メタボリズムの都市未来展』見応えがあります。個人的には、雲大社庁舎、カテドラル教会、国立代々木競技場の躯体工事を記録した動画は建築関係者のみならず必見もの!建築学的にも文化的にも歴史に残る動画だと思います。

建築家の他、元請け、職人もみんなパワーがある時代。よくぞ3DCADのない時代にアナログパワーで複雑で難易度の高い建築を短工期で創り上げたことか…、と実感しますね。

全体的にには菊竹清則氏の作品が多かったような印象でもあります。でもDNA組織を思わせる黒川紀章氏による大きなメタボリズム構想の模型や他の巨匠たちの様々なのもたくさんあり展示され見応えがありました…。

建築家が国家や都市を熱く語ることが少なくなってきた今日、個々の作品重視の建築家たちに対してかつての巨匠たちが何かを語りかけている様にも感じました。

一気に観ると情報過多で頭のなかがメタボ状態となりますので、建築を学ぶ学生さん達等は何回かに分けて観た方が得策だとおもいます。それだけ情報豊富。来年の1月15日まで開催されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧