May 12, 2014

新国立競技場/伊東豊雄案について

今夜、緊急シンポジウム「新国立競技場のもう1つの可能性」を拝聴してきました。目玉は建築家の伊東豊雄氏による「改修国立競技場提案」を公表するというもの。

内容は、私がかねてより案内してきたものコンセプトはほとんど一緒でした。

現在の国立競技場を一部解体せずに残して、陸上競技場を9コース確保した上で、スタジアムを拡張するという計画。エキスパンジョイントの話も出ていました。

私の案は、「神宮外苑と国立競技場を未来に手渡す会が主催する」共同代表の森まゆみさん達に今年の1月15日にメールで案内していました。また私自身は建築技術者ですので、その裏付けを確認するために独自で現地を取材し、整理してまとめたものをブログで3月31日に情報公開しています。さらには、本日のシンポジウムで登壇されていた森山高至氏がブログを4月20日にtwitterでリツィートしています。

リツウィートのURLはこちら(↓)
http://bit.ly/1qw4hLr


一方、伊東豊雄氏の案では根本的に、①開閉屋根が無い点と②既存スタジアムを残すエリアが3分の2ほどある点③ザハ・ハディドのデザインを全く踏襲していない点、が特徴である。
独自性があるようで、実は現実の条件をと比較すると乖離しており、非現実的ともいえる。

その理由としては、
①開閉屋根が無い点では、その有無については議論が必要であるが、少なくとも観客席全域には屋根が必要と考えている点で大きく異なっている。国際的な競技を行うスタジアムのバックストレートで屋根が無い施設は時代遅れではないだろうか。。
②既存エリアを残すエリアが3分の2ほどある点では、実際には非現実的である。陸上競技のコースを面積的に9コース確保するだけではNGであり、アスリートが安全に競技できるように余裕のアスリートはアスリート同士が接触したり、勢い余ってコースアウトすることは多々あるからだ。
③デザイナー建築家としての意地があると思われるが、様々なプロセスとコンペを通じて決定された案である点を無下にしている。
と言えます。

競技場の改修については様々な実績事例があり、有能な技術者が集結すればもっと優秀な改修案ができるはずであるが、日本の建築業界の実情で発案側の設計者集団や建築家には真の技術者が不在傾向にあることが原因であると思われる。

いずれにしても根本的に本件にてついては、公共工事でありながら説明責任や市民とのコミュニケーションに乏しい点と建築業界において技術者達ががこの問題に無関心で真剣に考えておらず情報発信もしていない点が起因しており、根深いものだと考えている。
本日の登壇者たちが述べていたが、東日本大震災の復旧において無意味な巨大防波堤を築こうとしている現状とこの問題は大変似ている。

140512


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2014

カヌースラローム競技場考/代替案

2020年オリンピック東京大会で葛西臨海公園にカヌースラローム競技場を建設しようとしている問題点について、代替地案として江戸川競艇場を一時仮設使用する提案を陳情書として江戸川区議会に提出しました。

詳しくは、「WE LOVE 葛西臨海公園」のブログをご覧ください。下記にURLを案内しておきます。

カヌースラローム競技場考/代替案

Photo_3

140412_s_8140412_s_7

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2014

霞ヶ丘国立競技場立て替え問題:考察

2020年オリンピック東京大会を目指して立て替え計画中の国立競技場についての問題点に触れる。

01_s








Photo当初、槇文彦氏らが文教地区にザハ・ハディド案は巨大すぎるとして問題提起摘し、社会問題化している。計画コストの件からも見直しがされ、現在縮小案にて基本設計が進行中である。

一方で、既存施設を少しでも利用できないかと、訴えている市民活動もある。森まゆみさん達が共同で代表を努めるグループで、「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」である。詳細は下記URLを参考としてほしい。昨年から多様な文化人による勉強会を複数開催している。この活動には、深く共鳴するところがある。
http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/pg100.html

しかし彼女らが開催する勉強会にも何度か参加し、様々な情報を得ましたが、残念ながら現段階で決定打となる解決方法は見出されていないのが実情である。また今年4月より実施設計に入る予定でもある点で、時間的に交渉や調整時間が無くなってきている点も厳しいところである。

たいへん気になり、実際に国立競技場に独自にリサーチしに出向き、自分の目で確認してみた。50年以上前に建設されたが、一見しっかりしている様子であるが、やはり構造躯体からは各所ひび割れやエフロレッセンスが発生している。この状態では現状調査し、既存利用の改修案を計画し直すのはなかなか大変である。

技術的には改修利用は可能であるが、既に2020年まで残すところ6年半足らずしかないため時間的に技術検討や各種関係者との調整を割く時間を確保するのに困難であると判断しためだ。また実際には、2019年ワールドカップラグビー大会を新国立競技場で開催する予定であるため、現実的には現時点で5年半しか時間がないのである。

そこでダメ元ではあるだろうが、現時点で現実的な改修利用案の概要をあえて提示しておく。既存の競技場のバックストレート側を残し、その部分を再利用する案である。陸上競技場は、オリンピック級の国際大会を開催するには、9コース必要であり、競技場拡張が必須であり、既存競技場をそのままでは使えない。

そこで耐震改修して使えそうな部分を限定し、その部分を利用して新築する案である。このようにすれば陸上競技場の拡張も可能であるし、実際に既存躯体にはエキスパンション・ジョイントと呼ばれる区画で構造体が区分されており、既存躯体を上手く利用することが可能である。

ザハ・ハディドの縮小案も、現況のスタンドを貫通する様に柱を立てれば、新規のデザインを活かしたまま建設が可能である。またこうした改修方法は、現実的に川崎市の等々力競技場で現在進行形で実施展開している。少しでも参考にしていただけたらと痛感する。
Photo_2








また、現況の国立競技場を観る限り、上手く既存活用して戴きいただきたいものもある。それは、鋳物でできている聖火台とホームストレート側の観客席上部にある相撲の元祖といわれる「野見宿禰(のみのすくね)」とギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」のモザイクタイル壁画である。

競技場周囲に設置されている各種彫刻も是非保存利用して戴きたいものである。さらには、国立競技場北側には、「同期の櫻」もあり、歴史的にみてもその桜やそれんに関わる石碑は残すべきものである。

既存競技場を少しでも利用することは、環境負荷をできる限りおさえることにもつながり、オリンピック憲章の理念にも合致する。

いずれにしても、こうした社会資本整備の再整備は、本来もっと開かれた場で時間的に市民と十分な議論と意見交換を中心としたコミュニケーションを経て、展開してほしいものである。

1401220114012202

14011807_s_214011901_s

14011902_s14011903_s

14011906_s14011808

14011904_s_214011905_s

140118

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2014

石の教会

14031601_s14031602_s

14031603_s14031604_s

14031606_s14031607_s

14031605_s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2011

メタボリズムの都市未来展

六本木ヒルズの森美術館で開催されている『メタボリズムの都市未来展』見応えがあります。個人的には、雲大社庁舎、カテドラル教会、国立代々木競技場の躯体工事を記録した動画は建築関係者のみならず必見もの!建築学的にも文化的にも歴史に残る動画だと思います。

建築家の他、元請け、職人もみんなパワーがある時代。よくぞ3DCADのない時代にアナログパワーで複雑で難易度の高い建築を短工期で創り上げたことか…、と実感しますね。

全体的にには菊竹清則氏の作品が多かったような印象でもあります。でもDNA組織を思わせる黒川紀章氏による大きなメタボリズム構想の模型や他の巨匠たちの様々なのもたくさんあり展示され見応えがありました…。

建築家が国家や都市を熱く語ることが少なくなってきた今日、個々の作品重視の建築家たちに対してかつての巨匠たちが何かを語りかけている様にも感じました。

一気に観ると情報過多で頭のなかがメタボ状態となりますので、建築を学ぶ学生さん達等は何回かに分けて観た方が得策だとおもいます。それだけ情報豊富。来年の1月15日まで開催されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2010

時空を超えて感じる志士活躍の場

Photo大人気のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」が佳境に入ってきていますが、今日は坂本龍馬の誕生日であり命日にあたるそうです。

すこし前ですが、先日京都によって龍馬ゆかりの地を廻ってきました。各処多くの方々が訪れていましたが、意外と訪れる人がすくなく印象的だったのが、河原町三条下ル一筋目龍馬通にある「酢屋」でした。

酢屋は、龍馬が京都で隠れ家としていた場所です。写真の右上2階のところに居られたとのこと。酢屋といってもお酢屋さんではなく材木屋の老舗です。また今は目の前がアスファルトの道路となっていますが、当時は高瀬川から入り船の掘りになっていて、そこから船で乗り入れする資材や人をよく格子窓から眺めていたそうです。

Photo_3朝の早い時間で建物の前を丁寧にお掃除をされている酢屋のお婆さまにいろいろと伝えられているお話を聴くことができました。龍馬は、近江屋で暗殺されるすこし前まで、この酢屋を拠点にして隠れ住み活動されていたそうです。ここにいては危ないからと言って勧められ拠点を近江屋に移したのだといいます。そして、まもなく悲劇がおきた訳です…。

意外と酢屋と近江屋とはごく近い位置にあります。酢屋は海援隊の志士たちも多く出入りし、拠点としていたそうで、周辺には土佐藩邸や岬神社(土佐稲荷)もあります。きっと龍馬はこのあたりで闊歩しながら懸命に活躍されていたんでしょうね…。時空を超えてイメージすると、灌漑深いものがあります。

Photo_2建物の前には、坂本龍馬寓居跡とあり、案内標識の最後のほうには、
「海援隊士を自宅に隠匿志士の書策を援け幕吏及び新撰組見廻組等の刺客の危機より逃らしめて隊士一同の身邉守護に努力したる任侠の士 大黒町年寄 材木商 酢屋嘉兵衛」とありました。

今日、酢屋では追悼として祭壇を設け「龍馬祭(献杯式)」がおこなわれた様子です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2010

世界一のタワー:ド派手オープニング

アラブ首長国連邦:ドバイで今月4日、828mの世界一の高さの超高層ビルの開業を祝う式典が行われました。
日本ではあまりおおきく報道されなかったり、そのド派手な花火の演出が映像で見られなかったので、YouTubeで見つけてみました。参考まで。

それにしてもオープニングを拝見する限りでは、まだまだバブリーなドバイの様な気がします。一方で、建物名称は「ブルジュ・ドバイ」(ドバイ・タワーの意)から、金融危機に陥ったドバイに100億ドル支援したハリファ大統領にちなみ、「ブルジュ・ハリファと改名したそうです。

また最上部からの眺めはどんなものだろうと思っていましたら、なんと最上部からの映像もYouTubeにて発見。これまた参考まで。

周囲がミニチュアすぎで怖いのだかなんだかわからない状態。撮影したアラブの作業員?か監督員?はさかんに揺れているようなことを発言していますが、これまたアラビア語?だけにわからん状態です。
しかし、またなんでまた周囲がこんなにも砂漠だれけで土地があまっているのに世界一のビルを建ててしまったのでしょうね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2009

有機的な建築へ

乃木坂のギャラリー・間で開催されている「Kengo Kuma Studies in Organic ~隈研吾展~」を拝見してきました。
さまざまなケーススタディの模型がたくさんあり見応えがありました。「抽象的なものから抜け出して、有機的なものへと向かいたいと考えている。」として、見る者に語りかけています。

展示されている模型を見て、幾何学的なデザインをベースにはしているもののひとつひとつの形が異なる形状であったり、不連続性をもってたりしながらも周囲の景観にマッチングしていたり、具体化された形状そのものが美しく見えるのはそういうことなのだろうと納得してしまいます。

また最近の建築ではハニカム構造の建築に着眼している様子に感じました。特にその構造から構成する「グラナダ・パフォーミングアーツ・センター」の模型に惹かれました。コンサートホール内部の模型ですが、自分が舞台に立った目線で客席を見ることができます。実際のスケールでこれを体感できるアーティストはきっと観客全員から観られている視線をものすごく強く感じることでしょう。

本日はちょうど隈研吾氏による直接のギャラリー・トークもあり賑わっておりました。今度のギャラリー・トークは11月1日(日)の予定だそうです。また、開催は12月19日までです。

0201

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2009

羽田に巨大透明人間現る…?

Photo羽田空港第1・第2旅客ターミナルで現在、デジタルパブリックアート展「DIGITAL PUBLIC ART IN HANEDA AIRPORT 『空気の港』」が開催されています。
そのひとつで極めて目立つのがこのアート。空気を可視化する「空気の人」と題するアートだそうです。

他にも実際の飛行機と同じタイミングで鳥を映像で飛び立たせたり、天井面に飛行機の形で光らせたり、自分が針となって見える時計など不思議な感覚で時空を感じさせるアートがあります。
実際に見てみないとこの感覚はわからないでしょう…。
東京大学「デジタルパブリックアートを創出する技術」プロジェクトと羽田空港とのコラボによる主催で、11月3日までだそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2009

CHANELに建築理論の広告

CHANELの新商品:エイジングケアコスメの広告で建築理論の「テンセグリティ」が紹介されていました。
肌のハリは内部の立体的な構造によって左右されるとして、若い肌と加齢肌を比較し、テンション(張力)とインテグリティ(統合)の重要性から「テンセグリティ」を紹介している内容です。

Tesegrity肌の弾力は細胞の張力と強度を保つことでバランスがとれることから「肌は建築物に似ている」として、エクストレム コレクシオン ファーミングのエイジングケアコスメの新シリーズ発表となっています。

美肌を追求する女性にとって、昼も夜も肌のお手入れは真剣そのものなんですねぇ…。

参考WEB:http://www.kennethsnelson.net/





| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧