October 19, 2016

IOCバッハ会長の発言から

IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長は、総理官邸で安倍総理と会談し、東京オリンピック・パラリンピックの複数の種目を東日本大震災の被災地で行う構想を提案したことは、たいへん前進的なことだ。

葛西臨海公園隣地に建設しようとしているカヌースラローム競技場は、恒久施設である場合、維持費に年間1億4千万円以上かかるのが明らかになっている。

カヌースラローム競技は本来自然の中で行うスポーツであるため、国際競技に対応可能な福島県二本松市福島県二本松市阿武隈川域の既存施設をある程度オリンピック競技場として整備し、開催することが有効であると考える。

フラットウォーターのカヌー競技場ばかりが現在話題となっているが、カヌースラローム競技場についてもキチンと精査してほしいものである。

なお、阿武隈川流域でのカヌースラローム競技の開催は、2012年10月26日にすでに東京都にDEXTE-Kが提案している内容である。

朝日新聞「東京五輪、被災地で一部実施を バッハ会長が首相に提案」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2015

新国立競技場建設/ゼロベースの計画見直しから言えること

新国立競技場の建設がゼロベースで見直しされることが決まった。
少子高齢化の加速する日本にとって、今後巨大でメンテナンスコストを多大に費やす施設はやはり造らないほうが適切な判断である。

しかしここで最も残念であった点をあげておく。それは今回の計画見直しは市民団体の意見から発したものであり、これまで関わってきた建設業界の専門家の面々が多数いるのにもかかわらず、直接の建設関係者から冷静な意見が発せられなかった点である。
当初、騒動になる前に建築家の槇文彦氏の的確な問題提起があったが、今回の建設計画に直接関与していた訳ではない。

デザインコンペ、基本設計、実施設計段階のいずれの段階においても、時代にあったものか否かを直接の建設関係者の中から疑問視する意見が公に発せられた経緯はない。オカシイと判っているのにもかかわらず貝のように沈黙を保っていたほうが、巨大国家プロジェクトに携われる名誉が得られる点と大きな利鞘利がまわってくる点を確信していたからというのが本音ではなないだろうか。

復興五輪を謳い招致が決まった背景でメインスタジアムとなる公共施設として本当にふさわしい施設なのか、今後の超少子高齢化社会を迎えるにあたり持続可能な社会構築を鑑みれば、冷静な有識者であれば判断できるはずだ。にもかかわらず…なのである。

発注者側や設計に携わった建設関係者は、大局観を見失って猪突猛進してきた点は大いに反省すべきてあろう。

コストが増大した直接の問題点は様々なマスメディアが報道している通り、
①発注者側の専門知識不足と責任者の不在
②設計者の技術不足
③実施設計を施工者が支援したことによる競争入札原理の喪失
④建設関連コストの増大
があげられるが、いずれにしても直接の関係者による俯瞰的視野さえあれば、「このプロジェクト計画は誤っている」と途中段階で冷静に判断できたであろう。

今後は発注者の立場であれ、設計者の立場であれ、施工者の立場であれ、建設業に携わるものは少なからず何かの専門家であるか技術者であることには変わりないのだろうから、俯瞰的な視野や客観的な判断能力を備える力量をもつ人材が不可欠である。

社会や環境に重大な影響を与えることを十分に認識し、業務の履行を通して持続可能な社会の実現に貢献する、倫理観をもった人材が活躍できる社会地盤を作り上げていくことも必要である。

特にオリンピック景気をいいことに建設業界は有頂天になってはならない。今回の件で襟を正し、頭をリセットすべきである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2015

技術者の倫理を再び問う。

オリンピックの追い風を受ける建築業界であるが、今年になって東洋ゴムのデータ改ざん問題が発覚した。

東洋ゴムは、建設業での売り上げよりもタイヤ業での売り上げを多く締めるゴムメーカーに過ぎないが、建築業界で働くものとしてはたいへん遺憾であり、腹立たしいことだ。当然建物所有者にしてみれば寝耳に水で、いっそう晴天の霹靂であったことであろう。今だにその収束手段というか、解決方法がはっきりしていないのが現状だ。

しかしどうして技術者が倫理的な行動をとれないのか?日本の産業そのものの労働環境の悪さが背景にあるのだろうか?悲しくなる…。

どんな環境においても技術者たるもの、倫理を反するような行動をとってほしくはない。そう強く感じる今日この頃である。

今後、2020年に向けて建設技術者は最繁忙期をむかえることになるが、決して忙しさにかられて倫理を外す様な行動をとらぬように、肝に銘じてほしい。

150422


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2012

脱原発シフトと同時に考えるべきこと…

基本的には脱原発を目指すべきであると強く思う。
でも近い将来にそうするべきであって、現状を踏まえると原発は段階的に減らしていく事が現実的ではないだろうか。

私は建築技術者であり、所属する建設会社は福島での除染作業に力をいれ、業界では環境分やでトップを走る企業ともいえるが、今まで何基もの原発建設に携わってきたことも事実である。
私自身も、現在環境保全やエコ活動にはたいへん興味があり、自身のプロボノ活動でも力を入れているが、二十数年前の入社当時に、その会社が原発をいくつも建設していることを薄々知りながら、原発などに全く関心がなかったことも事実である。

そんな中途半端な立場の人間の言うことには、ほとんどの方が耳を傾けないだろが、あえてコメントを残しておこうと思う…。


まず現実的なことを考えると、天災とヒューマンエラーの双方を含めてすぐに再びどこかの原発事故が事故が起こる確率はどのくらいだろうか?おそらく相当低い確率である。ただちに事故が発生し、再び多くの方々の生活が脅かされる確率はかなり低いであろう…。

かたわらでは原発関連の報道で、電力会社のありさまや政府の対応などあきれることだらけである。一方でそうした方々にもご家族はあるだろうし、電力会社や政府のだらしなさを知らずして原発建設地を居住地として選択した、あるいは選択せざるを得ないかった市民も大勢いるはずである。

要は、リスクを把握しながら“『罪なき原発依存者』がたくさんいる”ことに注目もしていただきたいのである。

都市部やその近郊の生産施設において消費電力の観点で考察すれば、やはり原発に依存せざるをえない企業が多々あるのが現実であり、そうした生産施設で働く方々やそのご家族を考えるとさらに『罪なき原発依存者』相当な数になるだろう。

知らずして間接的に原発に依存している人の数はかなりの数である…。

ライフスタイルを深く掘り下げてみないと原発依存度はわからない。その原発依存度によるが、原発をただちに止めてしまうことのほうが、経済面で多くの方々の生活が脅かされる確率は高いのではないだろうかと予想が現実的だ。

生活の糧はやはりお金である。経済面で困窮してしまい、生活が脅かされる多くの方々をもっと配慮した政策の選択が必要なのだと思う。

声を大にして『再稼働反対!』と叫ぶのも良いが、今後日本国内の原発は廃炉にしている必要があり、核燃料の廃棄問題や廃炉計画において優秀な原子力関連の技術者の確保が課題である。『原発=悪のかたまり』のようなシュプレッヒコールでは、高度な技術を持つ人材を育てることもできず、今後の日本社会の行方を心配してしまう…。原子力技術者の人材を育てるには十年単位でかかると言われている。ご承知の様に、原子核の半減期はそれ以上の時間がかかるのである…。

原発施設を所持してしまった以上は、廃棄の問題から逃れることはできず、これからずっと何十年、何百年と原子核と付き合っていかなければならいのである。国際的な視野の中でも原子力技術基盤を損なうような政策の選択はするべきではないだろう。残念ながら核を持つことにより国際的に平和的な立ち位置を確保してきているのも、これまた現実なのである。

シュプレッヒコールを唱えている方々の中にも知らずして『罪もなき原発依存者』となっている方もいるであろう。
冷静に総括的に現実を考え、一方的に意見を主張するのではなく、多方面との意見交換をすべき時期なのではないだろうか。

むしろ反省すべき点は原発に対して誰もが何気なく不安に感じる一方で、声を大きく出さずに過ごしてきたために現在54基もの原発が既に建設されてしまっている…という現実なのではないだろうか?

原発がたくさん建設されている時にほとんどの国民がやはり無関心であったことが、この危機を引き起こしている。先に述べたが、私自身も無関心であった。

今後においては、エネルギー供給源だけの議論ではなく、そもそもライフスタイルを見直すべく省エネ生活を覚悟すべきであるし、同時にスマートシティやスマートコミュニティとして提唱されている様に、地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用する社会づくりも重要である。

当然スマートシティやスマートコミュニティを構築していくにも時間が当然かかるため、再生可能エネルギーを徐々に増やし、同時に技術開発を推進しながら、脱原発を果たしていくことが現実的であろう。理想を追えば即時に脱原発にシフトすべきであるが、そうできない現実を全体で議論していく必要があるのである。

中途半端な人間が、中途半端なロジックでここまですすめてきたが、いったい何が言いたいのか…。
それは今を生きる者にとっては『覚悟ある生き方』が大事なのでは?ということである。それを強く感じている。

皮肉なことに私たちが原発に対して無関心であった時代に、大きな声でシャウトしていたロックンローラーがいた。当時いろいろと訳ありで騒がれた忌野清志郎である。でも当時に脱原発をシャウトし、身近な愛や切ない愛を歌い続けていた彼の生き方は明らかに『覚悟ある生き方』であった。すでにYouTubeでは数万人が視聴されているが、あえてここで彼の『ラブミーテンダー』をここで紹介しておく。

それぞれの立場で、自身の『覚悟ある生き方』を選択すれば、社会全体ではどんな選択肢を選ばざるをえないかが見えてくるはずである。今、私達は次世代のライフスタイルを意識しながらも、現実を踏まえて『覚悟ある生き方』を個々人が真剣に選択すべき時ではないだろうか。


忌野清志郎 ラブミーテンダー

【コメントのまとめ】
・脱原発を目指すべき。
・まずは省エネを強力的に推進するべき。
・地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用するべき。
・再生可能エネルギーを増やし、同時に技術開発を推進する。
・原子力技術基盤は、国際的な立居位置で不利にならないレベルにとどめておく必要がある。
・『罪のない原子力依存者』がいる限り、経済的な視野もいれてエネルギー政策を決めるべき。
・次世代をにらんだ政策の選択が必要。
・今を生きる者にとっては、『覚悟ある生き方』が大事では。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 11, 2012

「覚悟」して生きるということ

震災から1年。いろんなことを自分なりに考え行動してきたつもりでしたが、今日は改めて朝から様々なTVの特別番組を観て感じることがありました。それは、「覚悟」して生きる大切さ。
うまく表現できませんが、感じたことを素直に書きとめておこうと思います。

Continue reading "「覚悟」して生きるということ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2011

3.11半年を節目に、久しぶりの投稿

3.11から半年…。
建築に携わる者として何ができるのか、情報収集と試行錯誤を日々重ねてきました。
しかしながらとてつもない被害を目のあたりにして、何ができるかはいまだに結論は出すことができない状況です。
でもこのまま、多様な情報の渦の中にのまれて情報発信ができないでいるのももどかしく、節目である半年の本日、そろそろ終止符を打たねばと思い、久しぶりにこのコラムにコメントしています。

今回の震災では、多様な方々が被災され、多様な現象や多様な利害関係が生じているのも事実。慎重に情報発信をしなければいけないと痛感していますが、議論していくのもひとつであるとも考え、キーボードをたたく様にしていきたいと考えています。

間違いなくわかったことは、ひとりでは何もできない事も事実ですから…。

またこのコラムでは今後、「建築×減災」、「建築×環境」にシフトしたコラムを情報発信していきたいと思います。引き続きユルイ話題や街中の写真「Sky of the Tokyo」にも触れていきたいと思います。
仕切り直し、とうことで…、少しでもコラムを読まれた方が新しいライフスタイルの発見になればと思います

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2011

遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援)

改めまして、この程の東北地方太平洋沖地震により、被災されました方々に心からお見舞い申し上げます。

東北地方太平洋沖地震の被災地支援として、首都圏をはじめ遠隔地でもできる支援ととては、『節電』と個人的なやりとりの『情報通信自粛』があります。

『節電』は、いうまでももなく、現在でもおおくの地域で停電が継続しているのと、福島原子力発電所の稼働停止による影響があるからです。
被災地でも避難場所や救急病院でも電気の復旧を切に願っている場所が間違いなくあります。
遠く離れていても、地域連携で送電可能とそ、電力不足を解消できる可能性があるため、『節電』する必要があります。すこしでも多くの電力が救済地支援に役立てて戴きたいものです。

個人的なやりとりの『情報通信自粛』は、家族をはじめ身内や知人などの安全が確認されたならば、積極的にがまんして実施すべきです。

現段階でも現地の正確な被災状況の全体が確認されていないことを踏まえると、情報通信が正常にもどるまでは、救済支援情報や復旧作業目的の情報通信を優先させるべきであるからす。情報インフラの環境整備がされるまでに、個人的な「今どうしている?」などの情報はひかえておくべきです。

本当にたいへんな被災を受けている地域に対して、遠隔地からはすこしでも微力ながらの支援をする方法の紹介です。それぞれご自身のライフスタイルのなかで可能な範囲で実践していただければと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

未曾有の巨大地震…

東北地方を襲った未曾有の巨大地震。
報道の映像を見ていると信じられない光景に言葉を失ってしまいます。

なすすべもなく被災する街、家、人、インフラ…。
大きな揺れで建物が傾げ、そこに大きな津波が襲ったのではひとたまりもありません。

被災された方々に対して、心からお見舞い申し上げます。
またひとりでも多くの方に救済の手が満足のいくように届きますように…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2011

もろいコンクリートに驚き…

NZ地震、たくさんの邦人の方の安否が不明で、たいへん気になります…。

今日のTVのニュースの映像で、重機ががれきを撤去している場面がありましたが、コンクリートがすごく脆い様にみえました。重機のアームでつかんだコンクリート塊が、グズグズっと砕け散っていました。NZの建築関連の法律には明るくありませんが、少なくとも中規模建造物には最低限のコンクリートの強度が設定されているはずです。

そのほかレンガ積みの建造物も多く、被害の多くがそのような組石構造である様子です。
崩壊したレンガもTV映像からは、本来目地部側となる平面部分にモルタルが付着しているはずですが、レンガ色をしているのが明確にわかることから積み上げの際の目地モルタル量が少なかったのでないかとも懸念されます。

NZは日本と同様に地震国であるそうですので、建物の施工やメンテナンスに関わる管理、行政指導がどのような状況であったのか、たいへん気掛かりです。

ともあれ、今も絶え間なく続けられている救助活動が実を結び、ひとりでも多くの方が無事であります様に…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2011

書き込みご無沙汰です…

環境活動のほうに注力してしまっており、こちらのほうが少し疎かになってしまってますが、今年はコツコツと専門分野であるこちらのほうも少しづつまた盛り上げていきたいと考えております…。

現在の建築業界の状況や市場動向から、やはり住まいと環境分野に関わる事項や減災、話題の建築空間や時事にまとを少し絞って情報発信をしていきたいと思います。よろしくお願い致します。

つぶやきでした…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)