July 14, 2012

脱原発シフトと同時に考えるべきこと…

基本的には脱原発を目指すべきであると強く思う。
でも近い将来にそうするべきであって、現状を踏まえると原発は段階的に減らしていく事が現実的ではないだろうか。

私は建築技術者であり、所属する建設会社は福島での除染作業に力をいれ、業界では環境分やでトップを走る企業ともいえるが、今まで何基もの原発建設に携わってきたことも事実である。
私自身も、現在環境保全やエコ活動にはたいへん興味があり、自身のプロボノ活動でも力を入れているが、二十数年前の入社当時に、その会社が原発をいくつも建設していることを薄々知りながら、原発などに全く関心がなかったことも事実である。

そんな中途半端な立場の人間の言うことには、ほとんどの方が耳を傾けないだろが、あえてコメントを残しておこうと思う…。


まず現実的なことを考えると、天災とヒューマンエラーの双方を含めてすぐに再びどこかの原発事故が事故が起こる確率はどのくらいだろうか?おそらく相当低い確率である。ただちに事故が発生し、再び多くの方々の生活が脅かされる確率はかなり低いであろう…。

かたわらでは原発関連の報道で、電力会社のありさまや政府の対応などあきれることだらけである。一方でそうした方々にもご家族はあるだろうし、電力会社や政府のだらしなさを知らずして原発建設地を居住地として選択した、あるいは選択せざるを得ないかった市民も大勢いるはずである。

要は、リスクを把握しながら“『罪なき原発依存者』がたくさんいる”ことに注目もしていただきたいのである。

都市部やその近郊の生産施設において消費電力の観点で考察すれば、やはり原発に依存せざるをえない企業が多々あるのが現実であり、そうした生産施設で働く方々やそのご家族を考えるとさらに『罪なき原発依存者』相当な数になるだろう。

知らずして間接的に原発に依存している人の数はかなりの数である…。

ライフスタイルを深く掘り下げてみないと原発依存度はわからない。その原発依存度によるが、原発をただちに止めてしまうことのほうが、経済面で多くの方々の生活が脅かされる確率は高いのではないだろうかと予想が現実的だ。

生活の糧はやはりお金である。経済面で困窮してしまい、生活が脅かされる多くの方々をもっと配慮した政策の選択が必要なのだと思う。

声を大にして『再稼働反対!』と叫ぶのも良いが、今後日本国内の原発は廃炉にしている必要があり、核燃料の廃棄問題や廃炉計画において優秀な原子力関連の技術者の確保が課題である。『原発=悪のかたまり』のようなシュプレッヒコールでは、高度な技術を持つ人材を育てることもできず、今後の日本社会の行方を心配してしまう…。原子力技術者の人材を育てるには十年単位でかかると言われている。ご承知の様に、原子核の半減期はそれ以上の時間がかかるのである…。

原発施設を所持してしまった以上は、廃棄の問題から逃れることはできず、これからずっと何十年、何百年と原子核と付き合っていかなければならいのである。国際的な視野の中でも原子力技術基盤を損なうような政策の選択はするべきではないだろう。残念ながら核を持つことにより国際的に平和的な立ち位置を確保してきているのも、これまた現実なのである。

シュプレッヒコールを唱えている方々の中にも知らずして『罪もなき原発依存者』となっている方もいるであろう。
冷静に総括的に現実を考え、一方的に意見を主張するのではなく、多方面との意見交換をすべき時期なのではないだろうか。

むしろ反省すべき点は原発に対して誰もが何気なく不安に感じる一方で、声を大きく出さずに過ごしてきたために現在54基もの原発が既に建設されてしまっている…という現実なのではないだろうか?

原発がたくさん建設されている時にほとんどの国民がやはり無関心であったことが、この危機を引き起こしている。先に述べたが、私自身も無関心であった。

今後においては、エネルギー供給源だけの議論ではなく、そもそもライフスタイルを見直すべく省エネ生活を覚悟すべきであるし、同時にスマートシティやスマートコミュニティとして提唱されている様に、地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用する社会づくりも重要である。

当然スマートシティやスマートコミュニティを構築していくにも時間が当然かかるため、再生可能エネルギーを徐々に増やし、同時に技術開発を推進しながら、脱原発を果たしていくことが現実的であろう。理想を追えば即時に脱原発にシフトすべきであるが、そうできない現実を全体で議論していく必要があるのである。

中途半端な人間が、中途半端なロジックでここまですすめてきたが、いったい何が言いたいのか…。
それは今を生きる者にとっては『覚悟ある生き方』が大事なのでは?ということである。それを強く感じている。

皮肉なことに私たちが原発に対して無関心であった時代に、大きな声でシャウトしていたロックンローラーがいた。当時いろいろと訳ありで騒がれた忌野清志郎である。でも当時に脱原発をシャウトし、身近な愛や切ない愛を歌い続けていた彼の生き方は明らかに『覚悟ある生き方』であった。すでにYouTubeでは数万人が視聴されているが、あえてここで彼の『ラブミーテンダー』をここで紹介しておく。

それぞれの立場で、自身の『覚悟ある生き方』を選択すれば、社会全体ではどんな選択肢を選ばざるをえないかが見えてくるはずである。今、私達は次世代のライフスタイルを意識しながらも、現実を踏まえて『覚悟ある生き方』を個々人が真剣に選択すべき時ではないだろうか。


忌野清志郎 ラブミーテンダー

【コメントのまとめ】
・脱原発を目指すべき。
・まずは省エネを強力的に推進するべき。
・地域単位、街単位でエネルギー利用を有効に活用するべき。
・再生可能エネルギーを増やし、同時に技術開発を推進する。
・原子力技術基盤は、国際的な立居位置で不利にならないレベルにとどめておく必要がある。
・『罪のない原子力依存者』がいる限り、経済的な視野もいれてエネルギー政策を決めるべき。
・次世代をにらんだ政策の選択が必要。
・今を生きる者にとっては、『覚悟ある生き方』が大事では。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 15, 2010

時空を超えて感じる志士活躍の場

Photo大人気のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」が佳境に入ってきていますが、今日は坂本龍馬の誕生日であり命日にあたるそうです。

すこし前ですが、先日京都によって龍馬ゆかりの地を廻ってきました。各処多くの方々が訪れていましたが、意外と訪れる人がすくなく印象的だったのが、河原町三条下ル一筋目龍馬通にある「酢屋」でした。

酢屋は、龍馬が京都で隠れ家としていた場所です。写真の右上2階のところに居られたとのこと。酢屋といってもお酢屋さんではなく材木屋の老舗です。また今は目の前がアスファルトの道路となっていますが、当時は高瀬川から入り船の掘りになっていて、そこから船で乗り入れする資材や人をよく格子窓から眺めていたそうです。

Photo_3朝の早い時間で建物の前を丁寧にお掃除をされている酢屋のお婆さまにいろいろと伝えられているお話を聴くことができました。龍馬は、近江屋で暗殺されるすこし前まで、この酢屋を拠点にして隠れ住み活動されていたそうです。ここにいては危ないからと言って勧められ拠点を近江屋に移したのだといいます。そして、まもなく悲劇がおきた訳です…。

意外と酢屋と近江屋とはごく近い位置にあります。酢屋は海援隊の志士たちも多く出入りし、拠点としていたそうで、周辺には土佐藩邸や岬神社(土佐稲荷)もあります。きっと龍馬はこのあたりで闊歩しながら懸命に活躍されていたんでしょうね…。時空を超えてイメージすると、灌漑深いものがあります。

Photo_2建物の前には、坂本龍馬寓居跡とあり、案内標識の最後のほうには、
「海援隊士を自宅に隠匿志士の書策を援け幕吏及び新撰組見廻組等の刺客の危機より逃らしめて隊士一同の身邉守護に努力したる任侠の士 大黒町年寄 材木商 酢屋嘉兵衛」とありました。

今日、酢屋では追悼として祭壇を設け「龍馬祭(献杯式)」がおこなわれた様子です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2009

人型ロボットの“こころ”

映画『ターミネーター4』を観てきました。SF映画は基本的に好きで、近未来ものは特に見逃したくない映画ジャンルのひとつです。
今回の作品は単純なエンターテイメント映画というよりも“人間とロボットの違い”のテーマを色濃く出したコンセプトのはっきりしたSF映画に仕上がっていました。
特に前半と後半とでに“人間とロボットの違い”をコメントしているセリフがありますが、後半のセルフには少しグッときてしまいます。
マーカス・ライトの体が半分人間で半分がターミネーターという設定で、プログラミングされた制約の中で彼自身がどの様に行動するのかが映画の見どころだったのではないでしょうか。

人間と同様の姿のロボット。しかしながらその意志と気持ちは今回限りなく人間に近いロボットでした。プログラミングされたミッションを遂げる為の頑丈な骨格と人間細胞の外郭を持つ最新型ターミネーターとして作られましたが、そのミッションを終えた後、様々な情報からマーカス・ライトは人間としての想いを強く回帰させていきます。
人間らしく生きる意志が人一倍強かったマーカス・ライトの強い意志による決断は…。ラストのシーンでマーカス・ライトの意志がジョン・コナーに伝承される場面は2人ともカッコよく感動しました。強い意志はやはり伝達されるということでしょうか...。

“外殻(外観・骨格)と意志(想いや気持ち)”には強い相関関係があると思います。動植物の遺伝や進化にそれははっきりとあらわれています。生物学は私の専門ではありませんが、いろんな動植物を観たり知ったりするとそう実感してしまいます。特にきびしい環境下で育つ動植物や擬態の生態を持つ動植物をみるたびにそう確信してしまいます。

実は建築的にも当てはまると思います。クライアントが必要とする空間に強いコダワリ的な意志や想い・気持ちがある場合、空間を構成する外郭(外観・構造)にそれが明確に反映されます。また逆の場合もあります。建築(住宅)の仕様・グレードにあわせて、それを使用する(あるいは住む)人の空間の使い方やライフスタイルが変わる傾向があります。後者の場合は、もちろんメンテナンスが行き届いていないとその様になりませんが...。
ある意味「スケルトン&インフィル」の相関関係です。

建築業界でよく使われている「スケルトン&インフィル」は単純に構造と内装を明確に区分し、将来的にメンテナンスをし易くであったり内装部分の使い勝手を使い手の状況に応じて変えることをいいますが、“外殻(外観・構造)と意志(想いや気持ち)”の強い相関関係という観点で「スケルトン&インフィル」の因果関係は存在するのです。

ターミネーターの話からだいぶそれてしまいましたが、ジョン・コナー役のクリスチャン・ベール。彼の俳優魂も素晴らしいものです。2002年の映画「マシニスト」で不眠症の主人公トレバーを演じた時は何と体重を30キロまで減量、その後間もなく「バットマン・ビギンズ」では4か月で体重を100キロまでにしたそうです。そして今回のジョン・コナーの引き締まった精悍な体型…。
クリスチャン・ベール曰く、「俳優としてその役にハマるのを楽しんでいるのだ」といいます。これも「スケルトン&インフィル」の世界を感じます。その人物になりきった場合、私生活は一体どうなってしまうのでそしょう。

また人型ロボットという点では今話題がホットです。
先日、日本政府の宇宙基本計画で計画に盛り込んだ「2020年ごろに二足歩行(人間)型ロボットによる月面無人探査」の発表があり、その実現性についても疑問視する有識者たちからの意見があり、再検討されることになりました。賛成派は「日本ロボット技術の革新やアピール度」の点で、反対派は「月面での操作性やコスト」の点で論議が交わされている様子です。

月面捜査の主旨は「月の成り立ちを解明し、科学的利用や資源利用の可能性を探る」ことがまずの狙い。
ということは、二足歩行のロボットで作業性とコスト面をクリアできれば、世界トップクラスの日本ロボット技術で月面を二足歩行のロボットを歩かせるのも夢物語ではなくなってきている様子です。これはすごいことです…。少し前まではそれこそマンガやSF映画でしか考えられなかったことですので、そんなことが政府の技術開発方針として論議されているのですから…。

また映画でも、まもなく「トランスフォーマー/リベンジ」が公開されるのと、ハリウッドで完全CG化され「ATOM」となって今秋10月に公開されます。両者共に日本が原点の「人型ロボット」です。周知のように手塚治虫が生んだ元祖「人型ロボット」アトムが原点です。
やはり人型ロボットにはそのロボット形状以前にそれを動かすマインドがどの物語もスポットが当たりそうな気がします。どちらも公開がたのしみです。

訳もわからなく幼いころ、伝馬博士のつくったアトムに“心”をインプットしたお茶の水の技術力と人間力にあこがれ、学生時代にやっと念願叶えて直接手塚先生にお茶の水博士のマンガつきのサインを戴いたのを思い出しました。大切な自慢の我が家の家宝ですが、写真をついでにUPしておきます。

  

Teduka_sign


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2009

熱い想いと手入れの行き届いたモノは伝承される…

映画『グラン・トリノ』を観てきました。まさに現代版ウエスタン映画でした。

特にウェスタン映画を連想させるのは床屋でのシーンからラストにかけてのシーン。様々なウェスタン映画でも床屋のシーンがありますが、“グラン・トリノ”ではさながらクリント・イーストウッド演じる頑固老人ウォルトは意を決した決闘前のマカロニ・ウエスタンの様でした。
いつも気心知れていた床屋の親友にも散髪しかさせなかったのに何も語らず髭を剃らせたことで、そこには生と死に対しての決意が秘められていた気がします。

かたくなまでに自身の生き方を貫くウォルトの生き様は、クリント・イーストウッドが関わってきた映画で訴えてきた社会問題(戦争、犯罪、家族、人種差別…)を一気に再びフラッシュアップさせます。しかしながら現代社会で解決しえていない問題を一気に連想させる一方で、想いのこもった愛車“グラン・トリノ”が引き継がれラストで遠く街に消えていく様子は、若い世代に希望を託していることがわかります。
荒野に自分が育てた若いカウボーイがサラブレッドにのって走り去るように見えました。グッと考えさせられるところがイーストウッドらしく渋いです。

自身の仕事に誇りを持ち、携わった仕事の結晶である愛車“グラン・トリノ”を手入れするために数々の道具をガレージに揃え何年も大切にしてきたライフスタイルは、今の社会ではあまり見受けられなくなってしまっています…。
今の便利で楽なライフスタイルがよいのか悪いのかわかりませんが、車の購入意欲すらない現代の草食系男子にとっては道具にこだわり大切なモノをずっと手入れし続けるライフスタイルは、スマートでなく不器用な生き方なのかもしれません。

家の手伝いやメンテナンスについてもその傾向にあります。映画のストーリーの中でウォルトが少年に家の手入れの仕方を教える場面がありましたが、やはり現代社会が忘れかけているライフスタイルの一つでしょう。

思えば伝統ある名建築は当然そこに携わる人たちが想いをこめてメンテナンスを繰り返してきたからこそ今そこに存在しています。
また今、老舗旅館での仲居さん達の“おもてなし”が秘かに注目されていますが、それは直接宿泊客に対する接客態度そのものでなく、そこに行きつくまでの日々の陰なる老舗旅館への想いのこもった手入れのきめ細やかさが原点である点に注目しているのです。
日頃のそうした心をこめた手入れができていなければ、宿泊客の接客などはできる訳がないという老舗旅館の女将さんの考えが実はそこにあり、だからこそ老舗旅館にリピーターが健全に存在しているというのです。

不器用ながらでもキチンと気持ちをこめて家や建物の手入れをする。大事なことですよね。伝承させねばいけない建築文化です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2009

「つみきのいえ」アカデミー賞!

加藤久仁監督のアニメーション映画「つみきのいえ」がオスカーの短編アニメ賞を受賞しました。おめでとうございます。

映画のストーリーは、海に沈みつつある街で沈まない様に、積み木のように煉瓦で建て増しした家に住む老人の物語です。老人が水に潜って建物内の部屋をめぐっていくなかで亡くなった妻や嫁いだ娘を回想するといった心温まる内容となっています。

温暖化による海面上昇をイメージしてしまうことから、ちょっとした近未来SF映画のようにもイメージしてしまうのは私だけでしょうか…。

DVDや絵本が既に販売されていますが、3月7日から各所で凱旋上映をおこなうそうです。楽しみです。

加藤久仁氏オフィシャルサイト


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2008

SF映画で名脇役のインテリア照明

久しぶりに映画を観てきました。観てきたのは、昨日のコラム続きで「アイアンマン」。

建築ネタとして目をひいたのが、トニー・スタークが「アイアンマン」をコツコツと製作する岬に立つ研究兼実験施設。なかなかユニークな空間構成となっていて、興味深かったですね。

それに、自邸ともいえるその施設に海を見下ろせるゲストルームがあり、何度も映画の中のシーンで登場していた印象深いインテリア照明の存在がありました。

アッキーレ&ピエル・ジャコモ・カスティリオーニがデザインしたFLOS社の照明です。ステンレス製でおおきな弧を描き半球型の笠を持つデザインはSF映画と兵器メーカーのスタークCEO:トニー・スタークのセレブキャラによくお似合いでした。

「アイアンマン」は、もともとはアメリカンコミックを映像化した作品。いくらスーパースーツであってもそこまで不死身な訳ないだろう…と思いつつ、テンポのいいストーリー展開とと散りばめられたジョークで、すべて許してしまう勢いと爽快感のある映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2008

アナログ的イラスト画法の勉強法

先日、手書きパースを紹介しましたが、建築に携わる者としては当然アナログ的な絵のセンスが必要です。
その絵のセンスを磨く上で、ここ最近たいへん勉強になるのが、YouTubeにみる「Speed Paiting」。
みるみるうちにリアルなイラストを描き上げていく様は、圧巻です。

ひとつ紹介しておきますが、本日から封切りされた映画「アイアンマン」をモデルにした「Speed Paiting」。
グラフィックソフトでデジタル画像として描いていますが、そのタッチはアナログ的な感性そのものです。

タブレットを使用して描かれているのは間違いないでしょうが、描くリアルなタッチはホントに凄いです。
是非多くの方にイラストを描く臨場感を味わっていただきたいです。

描く速さは速度を速く巻いている映像にしたいていますが、それにしてもこんなに上手にリアルに描けたらどんなに楽しいでしょう…。

YouTubeでは、他にもいろんな「Speed Paiting」を探して見ることができます。神業に近い絵心を持った方が世界にはたくさんいらっしゃるのですねぇ...。それにも驚きです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2007

リビングに贅沢さを…

SHARP液晶アクオスの最近流されているTVコマーシャルでSMAPの香取慎吾クンがゆったりとくつろいでいるカッコいいイス、ご存知でしょうか?そう、バウハウスの巨匠ミース・ファン・デル・ローエによるバルセロナチェア+オットマンです。

ブラック仕様のものは時折いろんなCMでよく見てましたが、ホワイト仕様のCM登場は初めてではないでしょうか?モダンリビングでくつろぎながらみる大画面の液晶TVを見る香取クン、日常のリビング空間での贅沢さにご満喫の様相です。

家電のインテリア化が加速する中、同じリビング空間でのデザインバランスを保つために、インテリアの高品質&高級化が市場ニーズとしてあらわれてきています。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2007

建築に出来ない技

10月6日から公開される映画「未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」では、スペイン:バルセロナでのロケがたくさんされており、ガウディファンにとっては見どころ満載です。

と言うのも、ストーリーは建築家ガウディに憧れ、スペインの建築事務所で働く主人公:福島慶太(役:竹財輝之助)をとりまく恋愛、仕事、家族、将来の夢を描いたストーリーであるから当然といえば当然。

ロケ地にはサクラダ・ファミリア、カサ・バトリョ、グエル公園、ガウディ通り等々…そのほかにもローマ時代に築かれた街ゴシック地区が選ばれています。

福島慶太がバイクでバルセロナの街を駆け抜けたりするシーンは、街の臨場感を満喫できそうで期待いっぱいです。また、予告編でも見られるとおり、シーンの各所にサクラダ・ファミリアが映ります。

世界的に美しいスペインの建築郡のなかで展開される日本の感動作品「未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」は、ドリカムの「未来予想図」「未来予想図Ⅱ」の名曲の世界観が映像化されたものです。

本当の気持ちや大切なことはその場になって、なかなか素直に言葉では出てこないもの。でも、そんなとき互いに通じ合う普遍的な「サイン」があれば、とっさのときも、言葉を超えて通じ合うことが出来る気がします。

言葉を介したコミュニケーションは通じ合うことが難しい一方、「粋な」計らいは心を捉える不思議さを備えている…、そんなことを実感させてくれる映画です。

日本の伝統である花火もその「サイン」に一役を買って、感動の作品を盛り立てているところもニクイところでもあり、嬉しいところです。形あるものだけを求め続けている建築分野で生きる自分にとって、足らないものを気づかせてくれました。

うーん、「ア・イ・シ・テ・ルのサイン」は形勝負の「建築」にはとても出来ない技ですね…。まもなくの公開楽しみです。

映画「未来予想図」

DREAMS COME TRUE/ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~

リンクシェア レビュー アフィリエイト

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 01, 2007

現代に必要とされる“バベルの塔”とは・・・?

映画「バベル」を観てきました。コンセプトのしっかりした映画で、深く印象の残る内容でした。

“バベルの塔”を築こうとした人間に天罰として、言葉を乱し世界をばらばらにされたバベルの末裔…。

必然的に民族、宗教、国(土地)や気候の違いが存在することから、それらの社会の隔たりを無くそうと超高度情報化や知識社会化、国際化に拍車がかかっています…。

しかし、それらが「格差」を生み出してしまっているのも事実。それらの隔たりを乗り越えて人々は互いに本当の“絆”を深め合うことが出来るのだろうか・・・?

一方、言葉が通じていても、身近にいても、心が伝わっていないことに気づく…。無意識や無知、先入観で気持ちのちょっとした言動から引き起こしてしまう途方もない事件の数々。

映画は一発の銃弾から始まる事件が他の事件に妙に交差していますが、実は誰でも日常の言動には似たような無意識や無知、先入観が潜んで社会生活の中に巧みに絡み合っているのでは…、と感じました。それに気づいた時の衝撃は大きかったですね。

また、自身の弱み辛みをさらけ出しだしたときに初めて通じる心の気持ちもあることを改めて知り、それを伝えるには身近な人にさえ相当の勇気が必要である様に感じました。

かすかな望みを残して映画はENDとなりますが、バベルの末裔にとっては課題は残ります。現代人にとって築き上げる必要である“バベルの塔”とは・・・?
さすがアカデミー賞6部門7ノミネートの作品だけに、様々なことを考えさせられる映画です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧