« 新国立競技場/伊東豊雄案について | Main | sky of the tokyo(表参道) »

April 22, 2015

技術者の倫理を再び問う。

オリンピックの追い風を受ける建築業界であるが、今年になって東洋ゴムのデータ改ざん問題が発覚した。

東洋ゴムは、建設業での売り上げよりもタイヤ業での売り上げを多く締めるゴムメーカーに過ぎないが、建築業界で働くものとしてはたいへん遺憾であり、腹立たしいことだ。当然建物所有者にしてみれば寝耳に水で、いっそう晴天の霹靂であったことであろう。今だにその収束手段というか、解決方法がはっきりしていないのが現状だ。

しかしどうして技術者が倫理的な行動をとれないのか?日本の産業そのものの労働環境の悪さが背景にあるのだろうか?悲しくなる…。

どんな環境においても技術者たるもの、倫理を反するような行動をとってほしくはない。そう強く感じる今日この頃である。

今後、2020年に向けて建設技術者は最繁忙期をむかえることになるが、決して忙しさにかられて倫理を外す様な行動をとらぬように、肝に銘じてほしい。

150422


|

« 新国立競技場/伊東豊雄案について | Main | sky of the tokyo(表参道) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/61641117

Listed below are links to weblogs that reference 技術者の倫理を再び問う。:

« 新国立競技場/伊東豊雄案について | Main | sky of the tokyo(表参道) »