« 2012年… Sky of the Tokyo | Main | SKY OF THE TOKYO(東京駅舎) »

March 11, 2012

「覚悟」して生きるということ

震災から1年。いろんなことを自分なりに考え行動してきたつもりでしたが、今日は改めて朝から様々なTVの特別番組を観て感じることがありました。それは、「覚悟」して生きる大切さ。
うまく表現できませんが、感じたことを素直に書きとめておこうと思います。


震災がおこり、津波や原発に関しては、その影響で様々な方々が犠牲になり、さらには様々な生き方を強いられている方々がいます。

津波や原発の怖さに立ち向かいながらもその地域や土地の復興のために事業を営もうと努力されている方々が大勢いる。相当の「覚悟」だと思います。
また津波や原発の恐ろしさに子ども達をさらすことはできないと、故郷を離れ遠くで暮らす方々もいる。なかには家族ばらばらになってでもそういう生き方を選択した方々も…。

忘れてはならないのは、津波や原発で他人の命を救おうとして自身が犠牲になった方々…。
やはりそれぞれが相当の「覚悟」がないとできなかったことでしょう。「覚悟」を決めた生き様であったからこそ、その人の人生が語り継がれるものとなったのだと思います。

そういった力強い生き方は、決して否定できるものではないし、また単純に真似できるものでもありません。しかしながら現在「覚悟」を決めて生きている方々が最も苦労されている気がする…。

そして、どうしてそうした苦労されている方々を優先的に支援策が講じられていないのだろうと気をもんでしまいます。

今、政府が復興支援でやろうとしていることが、なかなか進んでいない。その理由のひとつとして「覚悟」が足らないのではと感じてしまいます。何か万人受けする様な魔法の様な復興支援策を講じるのが理想的なのであると、時間をかけて模索してはいないだろうか?

地域ごとに「覚悟」を決めた被災者の方々を、具体的に支援する方策をひとつひとつ講じていけば、自ずと町並みや地域の復興につながる支援策がクローズアップされていくのではないでしょうか。

一方、いざという時は政府がなんとかしてくれるという意識ではなく、誰もがみんな自分自身の立場の中で生きたかをある程度「覚悟」をひとりひとりが決めて生きていくこともとても大切なのではないかと痛感します。なぜなら政府は個人の人生など隅々のところまでフォローしてくれるはずがないから…。

自分自身の能力の限界を知り、その能力の中で生きているうちはこれだけは守り切りたいと思う信念をもつ「覚悟」があれば力強く生きていける様な気がします。愛しい人、故郷や地域、文化…。それは自分にとっていったい何なのか?
愛しい人はひとりでも大勢の家族でもいい。故郷や地域や文化などを何よりも人一倍愛することがあってもいいのではと感じます。

自問自答して、それらを絞り込んで、これだけは何があっても守りきる「覚悟」を決めたときに、きっと人は力強く生きられるのではないだろうか。

今後、町並みや地域の復興が今までよりも進んでいくことを強く願います。
 

|

« 2012年… Sky of the Tokyo | Main | SKY OF THE TOKYO(東京駅舎) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/54201017

Listed below are links to weblogs that reference 「覚悟」して生きるということ:

« 2012年… Sky of the Tokyo | Main | SKY OF THE TOKYO(東京駅舎) »