« 遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援) | Main | UIA東京大会オープニング・シンポジウム(要旨) »

September 11, 2011

3.11半年を節目に、久しぶりの投稿

3.11から半年…。
建築に携わる者として何ができるのか、情報収集と試行錯誤を日々重ねてきました。
しかしながらとてつもない被害を目のあたりにして、何ができるかはいまだに結論は出すことができない状況です。
でもこのまま、多様な情報の渦の中にのまれて情報発信ができないでいるのももどかしく、節目である半年の本日、そろそろ終止符を打たねばと思い、久しぶりにこのコラムにコメントしています。

今回の震災では、多様な方々が被災され、多様な現象や多様な利害関係が生じているのも事実。慎重に情報発信をしなければいけないと痛感していますが、議論していくのもひとつであるとも考え、キーボードをたたく様にしていきたいと考えています。

間違いなくわかったことは、ひとりでは何もできない事も事実ですから…。

またこのコラムでは今後、「建築×減災」、「建築×環境」にシフトしたコラムを情報発信していきたいと思います。引き続きユルイ話題や街中の写真「Sky of the Tokyo」にも触れていきたいと思います。
仕切り直し、とうことで…、少しでもコラムを読まれた方が新しいライフスタイルの発見になればと思います

|

« 遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援) | Main | UIA東京大会オープニング・シンポジウム(要旨) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/52705878

Listed below are links to weblogs that reference 3.11半年を節目に、久しぶりの投稿:

« 遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援) | Main | UIA東京大会オープニング・シンポジウム(要旨) »