« 未曾有の巨大地震… | Main | 3.11半年を節目に、久しぶりの投稿 »

March 13, 2011

遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援)

改めまして、この程の東北地方太平洋沖地震により、被災されました方々に心からお見舞い申し上げます。

東北地方太平洋沖地震の被災地支援として、首都圏をはじめ遠隔地でもできる支援ととては、『節電』と個人的なやりとりの『情報通信自粛』があります。

『節電』は、いうまでももなく、現在でもおおくの地域で停電が継続しているのと、福島原子力発電所の稼働停止による影響があるからです。
被災地でも避難場所や救急病院でも電気の復旧を切に願っている場所が間違いなくあります。
遠く離れていても、地域連携で送電可能とそ、電力不足を解消できる可能性があるため、『節電』する必要があります。すこしでも多くの電力が救済地支援に役立てて戴きたいものです。

個人的なやりとりの『情報通信自粛』は、家族をはじめ身内や知人などの安全が確認されたならば、積極的にがまんして実施すべきです。

現段階でも現地の正確な被災状況の全体が確認されていないことを踏まえると、情報通信が正常にもどるまでは、救済支援情報や復旧作業目的の情報通信を優先させるべきであるからす。情報インフラの環境整備がされるまでに、個人的な「今どうしている?」などの情報はひかえておくべきです。

本当にたいへんな被災を受けている地域に対して、遠隔地からはすこしでも微力ながらの支援をする方法の紹介です。それぞれご自身のライフスタイルのなかで可能な範囲で実践していただければと思います。

|

« 未曾有の巨大地震… | Main | 3.11半年を節目に、久しぶりの投稿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/51107639

Listed below are links to weblogs that reference 遠隔地での微力ながらの支援方法(減災支援):

« 未曾有の巨大地震… | Main | 3.11半年を節目に、久しぶりの投稿 »