« 都市と自然の「共生」を考える | Main | 板倉準三展拝見:どこかホッとする形 »

August 31, 2009

荘厳な空間に幻想的な光と音楽が…

来る9月2日(水) ・4日(金)18:00-21:00において、東京カテドラル聖マリア大聖堂東京カテドラル聖マリア大聖堂大改修記念展としてマルチメディア空間パフオーマンスが開催されるそうです。

巨匠:丹下健三氏の創った荘厳な空間に建築・メディアアートユニットのResposive EnvironmentによるLED 照明、パイプオルガンを用い空間パフォーマンスです。

ひと足早い秋の夜の幻想的な演出を名建築の空間で味わってこようと思っています。

Resposive_environment

参考WEB : Resposive Environment

|

« 都市と自然の「共生」を考える | Main | 板倉準三展拝見:どこかホッとする形 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/46075301

Listed below are links to weblogs that reference 荘厳な空間に幻想的な光と音楽が…:

« 都市と自然の「共生」を考える | Main | 板倉準三展拝見:どこかホッとする形 »