« SKY OF THE TOKYO(六本木) | Main | 著名コンサルタント建築考 »

December 01, 2008

原点の空間から感じたこと

Ando_tadao_kenchiku_tenギャラリー間で開催されている『安藤忠雄 建築展』に行ってきました。
もちろん話題となっている大阪下町の「住吉の長屋」の原寸大模型を拝見するのが最大の目的です。

でも、拝見するまではあのギャラリー間の空間でどのように展示してあるのだろうと不思議に考えていました。
わくわくしながら、展示スペースに入ってみると、大胆にも3階の中庭と展示スペースを突っ切って展示されているのに驚きました。
なるほど...。思い切った展示に関心です。

また、原寸でも模型であるにもかかわらず、一部に本物のコンクリートの打ち放しを用いていましたのでさらに驚きました。(安藤忠雄氏も本物と同じくらいコストがかかったのでは?とコメントしたそうです。)
全体の8割くらいでしょうか、実際にはラワン合板でその模型は実際に構成されていましたが、打ち放しの型枠割り付けとPコンの割り付けは忠実に再現されていました。

空間構成は雑誌等で周知していましたが、実際の空間をこのように体験できるのは大変貴重である気がします。
というのも安藤忠雄氏もコメントしているように、現在設計手法は便利にもデジタル化され、なかなかアナログ感覚に空間をとらえる機会が少なくなってしまっているからです。

[挑戦―原点から―]という展示のサブタイトルでもあるように、この空間に安藤忠雄氏の原点があるのだな…と思うと感激です。また施工当時に描かれたと思われる設計図の青図も展示されていいました。本人ではなくスタッフによる作図せすが、ていねいに詳細を描いた手書きのタッチが印象的でした。

コルビジェが閉鎖された空間の壁からトレミングされた開放的な空間へのこだわりが強かったののに対して、安藤先生はドライエリア建築的に閉鎖された空間から天窓へ広がる空間へのこだわりが強いのではないかと以前より考えていましたが、それを実感した様な気がします。

また他にも「光の教会」の模型や計画中の「モンテレイ大学RGSセンター」や「アブダビ海洋博物館」の模型が図面やコンセプトとともに展示してあり、閉ざされた空間から空に抜ける空間へのこだわりがわかりやすく表現されていました。

展示会にたまたま私が行った時は秋晴れの時でしたので、今度は開催期間中の土砂降り雨の時になんとか都合をつけて、リアルな空間を体験させて戴こうかなと考えています。
東京では、12月20日までの開催となっています。


|

« SKY OF THE TOKYO(六本木) | Main | 著名コンサルタント建築考 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/43282217

Listed below are links to weblogs that reference 原点の空間から感じたこと:

« SKY OF THE TOKYO(六本木) | Main | 著名コンサルタント建築考 »