« July 2008 | Main | September 2008 »

August 25, 2008

宿泊施設が選手に及ぼす影響力

オリンピックの野球で金メダルを目指していた星野ジャパン。メダルすら取れず残念な結果に終わりましたが、意外な事実で驚きました。それは、すべてプロ選手である星野ジャパンはオリンピック施設の選手村に入らずに五つ星ホテルを利用してオリンピック中を過ごしたことです。

潔く「ただ申し訳ない」と語った星野監督、多くを語らず男気のあるようにTV映像からは感じられましたが、振り返れば選手の他愛もないエラーや監督の采配ミスはハングリー精神にかけていた緊張感のなさの現れだったのでしょうか?この辺に敗因がありそうで残念としか言いようがありません。

金メダルを取得した韓国選手たちは、プロのスーパープレーヤーも中にはいましたが、すべて選手村で過ごしたそうです。
オリンピックの精神は、異国家・異民族の交流がその目的の一つでもあります。また、試合に挑む選手にとって環境や条件が異なっては、不公平です。

水泳競技で日本選手がレーザーレーサーを着用するか否か話題となった時にあれほど世間が、戦う選手の諸条件たるものについて巷で議論されたのは記憶に新しいことではないか...。

ちなみに金メダルを取得した北島選手も選手村入りして二冠を達成しています。選手村の食堂の食事を「一番うまいっ!」と言ってペロリと食べるガッツさがきっと足らなかった様に思えてなりません。
優雅に五つ星のホテルの個室環境で戦うコンディショニングをおこなえば、そりゃ安らぎはしますが、闘争心は湧いてこないでしょう。

どうやら他にもサッカー反町ジャパンやマラソン選手陣も選手村に入らなかった様子です。宿泊施設が選手に及ぼす影響力…、なかなか不思議なものです。
アスリートもスケルトン(肉体)&インフィル(精神)のバランスがとれてこそ一流と言えるとではないででしょうか?金メダルしか見えなかった盲目の心が体に技術を実らせなかった様に見える輩は他にも少なくないことでしょう。

【参考WEB】
Yahooスポーツ: http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080825-00000009-ykf-spo
産経ニュース : http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080825/oth0808251030011-n1.htm

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 24, 2008

CG無しのオリンピック施設の外皮は日本の技術...

2008082400

多くの感動を与えてくれた北京オリンピックも無事終了。「鳥の巣」「水立方」とこれほどまでに競技施設がビジュアル的に愛着をもって伝えられた大会は初めてではないでしょうか?

開会式、閉会式でカンフーアクションを連想させたワイヤー演出のできる仕掛けの多いメインスタジアムでしたが、ひときわ目を引いたのは夜空に七変化で光る「水立方」の外装。
生き物のように変化にする外皮は、ちなみにCGではありません。

2008082402「水立方」で使用された外装の技術は、2006年にミュンヘン市で開催されたワールドカップサッカー大会の「Allianz-Arena」(アリアンツ・アリーナ)で魅せたAGC(旭硝子)のETFE(フッ素樹脂フィルム)技術を設計のヘルツォーク&ド・ムーロンが再採用しています。

LEDとの連携で光の透過と反射が美しい建築素材です。ETFEがすっかり膜構造の定番技術であることへシフトした様に感じられますね。しかし、建築基準法の関係で外装部材として日本ではまだ採用が認められていないのが現状。ちょっと残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »