« June 2008 | Main | August 2008 »

July 22, 2008

開放感のある新渋谷駅

先月14日に開業となった東京メトロ副都心線の新渋谷駅。地下の「宇宙船」を拝見してきました。

梅雨明け宣言され、猛暑の日々が続いていますが、構内は涼しく、自然換気が特徴の「天然ダクト」が機能していたように感じます。最地下部は冷気による空調制御をしていましたが、うまく空気循環をさせているのでしょう。

まだ新築時の塗装らしき臭気がするのが気にはなりましたが、清潔感のある広々とした空間で地表面から25mほど下にあるとは思わせない、開放的な空間でした。ますます地下へ創造的空間を広げる安藤氏のドライエリア建築。次に見せる地下空間はどんなものでしょうか?

Shibuya_station00

Shibuya_station03

Shibuya_station11Shibuya_station07_2









Shibuya_station12

Shibuya_station01

Shibuya_station02

Shibuya_station09_2





Shibuya_station14

Shibuya_station13

Shibuya_station15

Shibuya_station05





Shibuya_station10

Shibuya_station16

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2008

夏休み自由研究にエコな観点を養ってはいかが?

原油高騰と洞爺湖サミットの影響でしょうか、建築関連の情報雑誌では環境に関する話題が目白押しです。地球温暖化防止策をたいへんわかりやすく整理された建築関連のWEBサイトを紹介しておきます。

それは日本建設業団体連合会のWEBサイトで「Let's エコライフ」です。おウチでできる簡単なCO2削減方法をイラスト入りで情報発信をしています。非常にわかりやすく小中学生の夏休みの自由研究の宿題などにもすぐに活用できるエコチェックシートが提示されているのがうれしくお勧めです。

「エコチェックシート」WEBサイトでダウンロードできますが、家庭でできる簡単なCO2削減方法について、1日あたりのCO2削減量と1年間での節約金額を具体的にしめされているのが何といっても活用しやすいところです。

そのエコチェックシートを使えば、家族みんなでチャレンジして夏休み期間中にどれだけ節約したか金額やCO2削減量を知ることができるでしょう。風船などを使ってそのボリュームを研究発表されたりするとよりリアルでいいかもしれなせんね。

夏休みの自由研究でなくても、実際にチェックしてみてちょっとした工夫でCO削減がかなりできることの実感を持つことが大切である気がいたします。さて、あなたのご家庭ではどの項目でエコに貢献していますでしょうか?
Letsecolife_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2008

ダイナミック過ぎる建築…

Dynamic_architecture_2先日、イタリアの建築家:David Fisherによって「The Dynamic Architecture」が発表されました。
建設予定はドバイ。78階の超高層タワー全体が何とウネウネと回転するのが大きな特徴です。
You Tubeの映像でそのプロジェクトの概要を知ることができます。まずは、百聞は一見に如かず。

間もなく洞爺湖サミットが行われようとする中、時代錯誤の反エコな建築だと思いきや、その説明ですと動力は風力発電により自らが創りだすとか…。本当だろうか?地下に原子力発電所を備えて補助でもしない限り、無理な気も致しますが...。

建設のスピードも一般の施工法とは異なり、コア部を先に構築後に上部より可動部の空間を組み立てていく方法で、超スピード工法のようです。まぁ構想の通りのコンセプトであるコストと時間ではまず実現可能性はかなり低いでしょう。

ともあれ、奇抜な発想の開発が続くドバイ。無駄な地球環境破壊につながる行為だけはしてほしくないものです。ドバイからちょっと車を走らせれば広大な砂漠があるのに、どうしてこう限られた土地の中で天高い建築を目指すのでしょう…。

これからの時代、砂漠緑化をダイナミックに考慮したエコ建築を後世に残したほうが、社会貢献性も含めてよほど名を残すと思うのは気のせいでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2008

2次元→3次元世界への演出

Chanel_omotesando
Chanel_ginza_0106













6月から飾られているCHANEL(シャネル)のショウウィンドウが魅惑的です。
ガラスに貼った強弱をつけてカーブを描くストライプの模様が美しい3次元の架空空間を創造しています。目の錯覚を利用したシンプルな演出だからこそ、計算された巧みなデザイン性が目を惹きます。

銀座のショウウィンドウでは白の背景に黒いストライプのデザインですが、表参道のショウウィンドウは黒のバックに白いストライプとなっています。

マネキンにもストライプラインを載せることで、全体的にストライプラインが3次元空間を立体的に這う様に見せている演出、とても奇麗です。多くの人が立ち止まり、見入っていました。一見の価値あり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »