« March 2008 | Main | June 2008 »

April 13, 2008

商業建築空間のカリスマが創る茶室

南青山のギャラリー・間で開催している杉本貴志氏の「水の茶室・鉄の茶室」を鑑賞してきました。

Chasiistu_of_ironChasiistu_of_iron01





茶室という日本伝統文化の空間を今の時代におきかえて空間の創作です。
それぞれの「水」「鉄」の素材を最大限に活かした茶室の壁は、茶室の内と外の空間を分ける一方で、両者の空間を融合させていて、茶室にふさわしい哲学的な独特の空間をつくっています。素晴らしかったです。

展示場の入口にすぐにあるのが「鉄の茶室」。
個人的に鉄という素材は好きですし、溶接の跡を残すクラフト流の仕上げ方や鍛鉄の技法を活かして創る空間は「人間力」を感じさせ大好きでしたので、鉄の茶室はすっと受け入れられました。

Chasiistu_of_waterしかし、もっと感動したのは「水の茶室」のほうでした。展示空間に入った瞬間ぐっときましたね。
本当に繊細かつ奇麗です。「鉄の茶室」で見られる間仕切りの技法は実際の商店建築で拝見していましたが、水の茶室の技法は初めての公開された技法ではないでしょうか?

Chasiistu_of_water01_2水の茶室で試みた間仕切りの技法が実際の商店建築へお目見えすることをぜひ期待したいですね。
私の場合どちらかと言うと、そんな素敵な空間でお茶をたてるというよりも、穏やかな音楽と共にしみじみと洋酒をロックで嗜みたいものです...。

さすがカリスマの創作、感動でした。展示は5月31日までです。近日中に実際の茶会の催しもある様子です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | June 2008 »