« 直島小旅行(7) | Main | 直島小旅行(9) »

February 21, 2008

直島小旅行(8)

Kadoya00「家プロジェクト」の“角屋”。200年ほど前に建てられた家屋を改修して創られた宮島達男氏の作品。「家プロジェクト」の第一弾だそうです。

屋根と軒庇の瓦のラインが目線にやさしく飛び込み比較的にこじんまりとした庭にいても建築空間の心地よさを感じさせてくれます。媚びていないけれど繊細なディテールで質実さを主張をしている和の空間がたまらなく好きですね。

Kadoya04_3一方、中には宮島達男氏の「Sea of Time ’98」が怪しく展示されていました。
建築雑誌で拝見していた水辺の中で光る赤、青、緑のゆらゆらと光る物体は、駆け足で過ぎ行く現代の時空間でタイムスリップさせ、その空間の中でそこだけ慌てて時間が過ぎていく様な印象でした。

Kadoya05外観の質素で渋い建物の形からは想像できない静的異空間が内部空間に存在します。その不思議な薄暗い部屋の中で作品をじっと見つめている方が何人かいました。作品テーマのキーワードの「時間」から何かインスピレーションを受けたのでしょうか?そんな感じで真剣に鑑賞されてました…。

同じ敷地内に蔵もあり、そこも改装されどこか哲学的な空間を思わせる雰囲気の作品となっていました。

|

« 直島小旅行(7) | Main | 直島小旅行(9) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/40254724

Listed below are links to weblogs that reference 直島小旅行(8):

« 直島小旅行(7) | Main | 直島小旅行(9) »