« January 2008 | Main | March 2008 »

February 23, 2008

直島小旅行(10)

直島での最後に訪れたのが安藤忠雄氏設計の「地中美術館」。
敷地内一切撮影禁止でしたので、お土産に買った絵葉書を添えて説明します。

以前紹介した移動式仮設美術館・ノマディック美術館とは全く対照的で、地中美術館では常設展のみの美術館です。

Chichu_artmuseum作品は、クロード・モネによる絵画4作品とウォルター・デ・マリアの大きな黒い花崗岩の球を空間に添えた作品。それにジェームス・タレルによる光を利用した3作品と安藤忠雄氏の建築作品:つまりはこの地中美術館そのものです。

作品数としては、全部で9作品ですので世界で最も展示数の少ない美術館でもあるのではないでしょうか?でもどれもがそれぞれが大変インパクトのある作品ですので見応えがあります。

展示されているクロード・モネの絵画は有名な睡蓮を題材にした油絵ですが、モザイクに敷かれた白大理石の床空間に飾られていました。その空間へは靴を脱いで入るのですが、凸凹した床の感触を感じながらゆっくりと歩いていく最中にモネの作品とバッタリ出会います。作品がフワァーと表れるような感じがしました。

自然光が採り入られていましたが、見る時間によって全くその表情を変えるらしいです。神秘的ですね。

ウォルター・デ・マリアの作品「タイム/タイムレス/ノー・タイム」 は、写真で知られるように見るからに神聖さを感じさせる作品でした。巨大な黒御影石の球が転がりだしそうなで緊張感のある空間にも思えますし、ずっしりと安定感もあるように感じさせる違和感は、五感を研ぎ澄ませる感じがしました。

意外だったのが作品のすぐ近くまで階段を昇っていって鑑賞できたことです。もちろん祭壇風の最上部まで昇っていけました。中の空間を見ているうちに、巨大な黒御影の球が入るような開口が無いことに気づきます。

いったいどこから搬入したのか不思議に思い学芸員の方に尋ねたら、美術館の施工途中に搬入したそうです。納得…。
また、この黒御影石、インド産でドイツで加工したそうです。一枚岩の大きな黒御影の石、ここまで本磨きに削られ据え置かれるまでに相当の国際的な行事を繰り返されてきた様子です。

ウォルター・デ・マリアの作品を祭壇風の最上段から見ると、あれれっ?黒御影の石が空間に対してシンメトリーに置かれていない様に見えました。目の錯覚だったのでしょうか…?

ジェームス・タレルの作品は光を巧みに利用した3作品です。壁の入り隅に光をあてた作品「アフラム、ペール・ブルー」、あたかも光の中に入っていける幻想を抱く作品「オープン・フィールド」、自然の青空を作品にしている「オープン・スカイ」です。

鑑賞はこの順序で観るのをお勧めします。というのは、刻一刻と変化する現実の自然光のすばらしさを感じるからです。少し大げさですが、地球に生まれてよかった…みたいな感覚が自然に体のどこかしらから感じるからです。

トレミングした直島の空がホントに美しいのです。その空間にある雲が自分の為にそこにあるような気もしてきて…。ジェームス・タレルは、きっとその様に鑑賞するひとが感じることが狙いだったのではないでしょうか?

また「オープン・スカイ」は金曜日と土曜日にナイトプログラム鑑賞が予約制でできるようになっています。時間がある時に鑑賞してみたいものです。

そして、「地中美術館」は安藤氏の作品のなかでも地下を大胆に使用した作品です。地下の空間造りの自由度を知りこれを機に表参道ヒルズや21_21DESIGN SIGHTへと変遷を経ている様に感じました。

作品を創る過程で苦労されたと思われるのが、打ち放しコンクリートの打設。ボリュームのある大きな壁は、若干のコールドジョイントはあるものの打ち継ぎをほとんど見せなく仕上げているディテールは見応えがあります。
Chichu_artmuseum00きっとカーフェリーを多分に利用し何台もの生コン車を載せ、時間との戦いで一気に作り上げた様子がコンクリート打ち放しの肌でわかります。安藤建築の醍醐味を瀬戸内海の島で実現させるため、工事関係者たちの真剣さと熱い想いが伝わってくる作品です。

絵葉書で見る写真は美しいですが、実際にはつるつるのパネコートで綺麗過ぎるぐらいに仕上げた都会で見るコンクリート打ち放しより男性的なテクスチャーであり、大勢の人が協力して築いた建築である証拠(コト)を感じさせます。

どんよりとした低い雲のある天候でしたが、館内の地中カフェで冷たいビールを飲み一休みしている間に、不思議と地中美術館に来て青空が出てきました。シャープな壁が見事に浮き上がる空間を拝見できました。安藤建築のコンクリート打ち放しの壁には青空がよく似合いますので、すごく得した気分となりました。

いずれの作品共、光と影とのつながりが大変深いテーマとして扱っている気がしました。振りかえれば「家プロジェクト」もそうでしたので、直島全体が“光と影”を演出する建築空間をテーマにしているようにも感じました。直島の歴史文化の名残を感じさせながらも、いろいろな場所で新鋭的な建築空間を楽しむことができました。

10回にわけて紹介しちょっと長くなってしまいましたが、日帰り旅行の直島小旅行報告でした。

【直島観光参考WEB】
素顔の直島(直島町観光協会)
直島町ホームページ
ベネッセアートサイト直島
地中美術館

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2008

直島小旅行(9)

Naosima_macinami04直島の本村地区は、家プロジェクトに限らず城下町を思わせる風情ある町並みもまだ残っています。
“碁会所”の真向かいにある喫茶・軽食処もそのひとつ。のんびりした感覚で休憩できます。

Naosima_macinami「家プロジェクト」の鑑賞チケットも城下町の佇まいを感じさせる街角のタバコ屋さんでも販売しており、なかなかユニークです。

一方、島内の移動には直島には町内のバスが往来運行していて便利ですが、車窓からも町並みを見学することができます。バスは誰でも1回100円で乗車できます。

Naosima_macinami01バスは頻繁に運行しているわけではないので、港に着く船の時間とバスの運行時間をよくチェックして活用するのがいいでしょう。私の場合直島へは日帰りでしたので、かなりタイトなスケジュールでしたが、健脚とチェックのおかげで効率よく島内を観光することができました。

さて、町内バスにのっていよいよ島観光の最後は安藤忠雄氏の作品:地中美術館に向かいました。途中、草間彌生氏のドデカかぼちゃも見ることができました。Kusama_kabocha

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2008

直島小旅行(8)

Kadoya00「家プロジェクト」の“角屋”。200年ほど前に建てられた家屋を改修して創られた宮島達男氏の作品。「家プロジェクト」の第一弾だそうです。

屋根と軒庇の瓦のラインが目線にやさしく飛び込み比較的にこじんまりとした庭にいても建築空間の心地よさを感じさせてくれます。媚びていないけれど繊細なディテールで質実さを主張をしている和の空間がたまらなく好きですね。

Kadoya04_3一方、中には宮島達男氏の「Sea of Time ’98」が怪しく展示されていました。
建築雑誌で拝見していた水辺の中で光る赤、青、緑のゆらゆらと光る物体は、駆け足で過ぎ行く現代の時空間でタイムスリップさせ、その空間の中でそこだけ慌てて時間が過ぎていく様な印象でした。

Kadoya05外観の質素で渋い建物の形からは想像できない静的異空間が内部空間に存在します。その不思議な薄暗い部屋の中で作品をじっと見つめている方が何人かいました。作品テーマのキーワードの「時間」から何かインスピレーションを受けたのでしょうか?そんな感じで真剣に鑑賞されてました…。

同じ敷地内に蔵もあり、そこも改装されどこか哲学的な空間を思わせる雰囲気の作品となっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

直島小旅行(7)

Kinza02Kinza00_2





「家プロジェクト」の“きんざ”と“碁会所”。
“きんざ”は、予約しないと中を鑑賞することがでません。ふらりと出向いたたびでしたので、外観しか観ることができませんでした。

後から気づいたのですが、以前は確か2週間ほど前までの予約だったと思いましたが、今は前日までの予約で大丈夫な様子です。残念でした…。

GokaishoGokaisho01










“きんざ”隣にあるのが“碁会所”。双方ともに焼き杉の外壁が、磨かれたクロコダイル皮のように綺麗なのが印象でした。また、五色椿のある庭から見る座敷にある椿の花を散らした作品は初春に似合う風情ある風景でした。

碁会所の中でも撮影禁止の為、道路からのアングルで撮影しました。少し雰囲気が伝われば…と思います。ここは新築しなおしたと中にいる案内の方に教えていただきました。
Sugiyakiita←外壁の杉焼き板のアップ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2008

直島小旅行(6)

直島~家プロジェクト~「石橋」。
残念ながら、改装中で中は見る事ができませんでした。
母屋と蔵を利用しての千住博氏の作品。

焼き杉板の外装とバランスよく重なる甍がなんともいえない風情があります。
明治時代に製塩業を営んでいた石橋家を再建したそうです。

Isibasi00Isibasi02Isibasi03Isibasi05Isibasi01_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2008

直島小旅行(5)

Haisha歯科医院兼住居であった建物を、アート作品とした「はいしゃ」。
大竹伸朗氏の作品です。エントランスの雰囲気から今も使用されているのかと思ったら内外装すべてがアート化していました。観賞用の建築です。

全体的に昭和30時代を思わせる外装ですが、中はきわめて斬新な色やアイテム&オブジェの存在感と空間づくりに驚きました。この手の建築意匠であれば、商業建築として使用されていないのがもったいない気がしました…。

Haisha00直島の旧城下町の風情とは雰囲気を全くかわした作品ですが、クラフト感が人のぬくもりがあり、他の家プロジェクトと妙な繋がりを感じさせます。




Haisha01Haisha02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

直島小旅行(4)

Minami_dera01Minami_dera03Minami_dera04










直島 家プロジェクト~南寺~。設計:安藤忠雄。
内部にはジェームズ・タレルの作品があり、ちょっとした闇と光の空間で非日常の体験をすることができます。

最初は真っ暗な闇の中でいすに座るのですが、自分の手足すら見えず、自分自身の存在を確認できるのは意識のみ。しかし、意識以外には「無」の存在である自分であるのにもかかわらず、何故かしらほっとするような落ち着きを憶えました。

やがて、奥の方にぼんやりと光が見え、目が慣れると傍に寄ることを許されます。光に近づくと自分自身や一緒に館内に入った人達の体のシルエットを徐々に見ることがきるようになり、「無」から「有」への存在確認の体験ができます。

建物の外に出て太陽光や周りの自然の色にやさしく包まれた瞬間は、日常空間と別の世界に戻る感覚があり幸福感に似た感覚でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2008

直島小旅行(3)

Photo




和cafeぐぅを離れて脇の石段を昇って最初に訪れたのが、護王神社
途中、高原城址がありましたが、少し荒れていて寂しげな空間でした。

戦国時代に高原次利が直島に城を築き、二代目の高原次勝が関が原の戦いで徳川家康側について功績を残した後が最も城下町として本村地区が栄えたそうです。城址後の小高い山から見る町並みは、なるほど今もその面影を残しています。

その寂しげな空間を抜けてきてからでしょうか、護王神社は小さな空間ではありますが、見た瞬間神聖な空気に包まれている印象を受けました。

全体はシンメトリーで整い、氷を思わせる石室と本殿を結ぶガラスの階段は気取らずシンプルで、緊張感のある空間を形成しています。江戸時代からある神社を改築した杉本博司氏の作品です。

背筋も気持ちもピンと張るような不思議な空間ですが、島の方々にも愛されている印象をどこかしらか得ました。

0102










0300

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

直島小旅行(2)

Naosima_honmura_bay直島の玄関港はもうひとつあります。本村港です。
私の場合、実はそちら側から上陸しました。大型船が着くような波止場はなく、
島の人たちの生活に密着した港のような佇まい。

島に入ってまず腹ごしらえをして入ったのが、
和cafeぐぅ』。
香川大学生による直島地域活性化プロジェクトの拠点で、学生たちによって運営されている食堂です。

Wa_cafe_goo02古い民家「あこや」の良さを残し上手に改造してつくった素朴な空間がいいですねぇ。特に気に入ったのが、玄関の正面左にある月型の「連子窓」。ちょっとアールヌーボーが入ったような遊び心満点の代物です。もともと古い民家にあったものだそうです。

『和cafeぐぅ』でいただいたのは蛸ごはん。(スミマセン正式メニュー名忘れてしまいました。)お茶漬けみたいにしても食べられて、なかなか美味い!そのはず、直島では蛸がよく捕れるそうです。

学生さんから「家プロジェクト」に関する情報などを収集して、島巡りの準備を整えました。


Wa_cafe_goo01Wa_cafe_goo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2008

直島小旅行~前衛的建築空間に惹かれて~

01_3

02_2

03











ぶらりと瀬戸内海に浮かぶ直島に小旅行してきました。
写真は、島の玄関口である宮浦港にはSANAAによる「海の駅なおしま」。
2006年の作品。

白いシンプルな柱と屋根のラインが透明感のあるシャープな空間を形成しています。
「海の駅なおしま」の背景に薄っすらと虹が現れた瞬間をカメラで捕らえたのですが、わかりますでしょうか?...

真冬のせいもあって観光客は疎らでしたが、逆にそんな中で島内にある様々な前衛的な建築空間との出会いを求め、出かけてきました。
なかなか写真に納められる空間が少なかったのですが、数回にわけてできる限り紹介していきたいと思います。
04 00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

有名ブランドに建設機械!

Hermes_show_window000たくさんの建設機械のミニチュアによるディスプレイ。
トップデザインのファッションが小人の操作による建設機械で作られているようなイメージの世界が広がるショウウィンドウ。いったいどこのブランドでしょうか?






Hermes_show_window00…。答えは、銀座エルメスのショウウィンドウです。
そろそろディスプレイの入れ替え時期なので、もうそろそろ拝見できなくなってしまいます…。
見ていて楽しいディスプレイでした。







Hermes_show_window001Hermes_show_window01Hermes_show_window02

Hermes_show_window03Hermes_show_window04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »