« December 2007 | Main | February 2008 »

January 28, 2008

SKY OF THE TOKYO(神宮前)

Audi_forum_tokyo01 Audi_forum_tokyo00s_2

Audi_forum_tokyo03

Audi Forum Tokyp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2008

SKY OF THE TOKYO(表参道)

Gyre2007年秋OPENの「GYRE」。
建築空間で構成された「渦」の中で、
世界から発信されるインスピレーションを体感...。








Gyre00 Gyre01










GYRE内の店舗では、MOMAストアに人気がありました。
MoMAオンラインストアジャパン

ニューヨーク アーキテクチャーゲーム

Master of Form (Complete Works 1979-2007)

オン・サイト:スペインの新しい建築(ペーパーバック)



MoMAstore

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2008

SKY OF THE TOKYO(丸の内)

Tower_crane_in_marunouchi暗い夜空に浮かぶ工事現場のタワークレーンのシルエット。
力強さと美しさを感じて思わずシャッターをきってしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2008

東京発世界遺産登録へ第一歩

Nawa日本で唯一のル・コルビュジエの設計の国立西洋美術館が世界遺産に推薦することが正式に決まったそうです。

世界遺産推薦のために、条件としている国の重要文化財にフランスの推薦を受けてのエントリーです。登録の可否は再来年の7月となるそうですが、世界遺産登録となれば東京都で初めての世界遺産となります。

以前にも記述していますが、外壁ファサードは玉砂利が突出しる繊細な仕上げとなっています。その具体的な仕様や施工方法は大変興味深いものがありますね。またコルビジェの設計の特徴が1階ホール部を中心に観ることができます。設計監理は坂倉準三、前川國男、吉阪隆正らがおこない、施工は清水建設が担当し1959年2月完成の美術館です。

他の美術館や博物館が建ち並ぶ上野公園の最も上野駅に近いロケーションに位置し、コンクリート素地仕上げ箇所が多く周囲は高木に囲まれている為、あまり建築物としては目立たなく注目されてきませんでしたが、今回の世界遺産への推薦ニュースから歴史ある建築物や文化遺産へ脚光があたるようになれば嬉しい限りです。

ちなみに現在、国立西洋美術館は3月3日まで休館中です。

Ueno_seiyo_m01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2008

北斎パワー圧巻...

Hokusai_ten_2まだお正月気分が抜けず、日本的な文化に触れたくて現在江戸東京博物館で開催している『北斎展』の特別展示の数々を拝見してきました。

冨嶽三十六景等で知られる江戸時代の絵師ですが、その多くは版画でしられていますが、今回の特別展示では肉筆画を間近で観ることができるのが大きな特徴です。

版画とは違った深みのある色のグラデーションのつけ方や鮮やかな原色を用いた肉筆画は、弟子たちが描いたものとその技量と絵心の深さの違いを比較してみることができ大変興味をひきました。

江戸時代ですから当然写真等のメディアのない時代に、こんなにも音が聞こえてきそうな風景描写や動きのある風俗描写を筆にてできるものだと、ただただ感動…。なんと言っても北斎の場合は、遠近感を前面に出した構図のとりかたが天才的というか、神業的に感じます。

冨嶽三十六景の駿河湾の大波の狭間から見える富士山を描いた『神奈川沖浪裏』は、誰しもが知るその代表的な構図です。他にも冨嶽三十六景には意外な空間から見える優美な富士山を描いています。また、そのように描くことで江戸時代に働く人の姿や風俗・文化を浮き彫りにして表現していたのでしょう。

そんな冨嶽三十六景の中でも、建築と富士を対比的に描いている代表作『東都浅草本願寺』は私の大好きな作品です。近景に見えるおおきな屋根の勾配と遠景の富士山の優美なスカイライン、それに加え江戸の町の甍の上の空間に粋に浮かぶ凧が描く糸のラインとが見事に調和し、江戸の町の雰囲気がよく伝わってくるです。よくみると屋根の上で懸命に仕事をしている職人さんが描かれています。

Hokusai_manga_ten_2版画の一つ一つの作品は想像していた大きさよりも小さいものでしたが、観ていくうちにその作品の多さにも圧倒されてしまいました。ひとつひとつの作品で観る、繊細な線の引き方とその潔さ、色の変化やぼかしのつけ方の粋な技量は、写真や復刻版でみるのと全く異なります。

さらに驚かされたのは、北斎漫画を描いたのは55歳の時で、冨嶽三十六景をまとめたのが72歳の時であったと知ったことでした。老年期に自身を「画狂老人卍筆...」と名乗っていただけに、北斎の絵に対する熱いパワーを直に感じます。特に80歳を超えて描いた掛け軸の『雪中鷲図』は、北斎の全身全霊をかけて描かれた作品の様に感じ、呆然と立ち止まって見入ってしまいました。

デジタルツールの発達した今の時代、北斎の圧倒的なアナログ的パワーを見せ付けられ、現代において足らないものをおしえていただいた気が致しました。江戸文化が生んだ北斎、日本の誇りですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2008

神田明神と獅子舞

Kanda_myujin初詣に神田明神にでかけましたが、ちょうど獅子舞の舞を拝見することができました。
晴天の空の下、縁起のいい風情ある風景に出くわせてちょっぴり幸せ気分。
気持ちのいい正月を迎えることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

2008 New Year!

2008_new_year_by_dextekss

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »