« 建築に出来ない技 | Main | 日本建築界の寵児、逝く »

September 20, 2007

コルビジェの時空を超えたパワー

Kokuritu_seiyou_m先週、国立西洋美術館を世界文化遺産候補とすることが決ましました。同館の本館は「近代建築の巨匠」ル・コルビュジェの設計です。仏政府が国立西洋美術館を含む世界7カ国にあるコルビュジェの23作品を「ル・コルビュジェの建築と都市計画」として推薦する予定なのだそうです。

そう言えば、森美術館で開かれている「ル・コルビジェ展」がいよいよ今月の24日で終了してします。首都圏近郊にいる建築に携わる方はもうす既にご覧になっているでしょうが、何度拝見しても新しい発見がある見ごたえのある展示会です。

目玉は、なんといっても原寸大で再現したパリのアトリエ、集合住宅のマルセイユ・ユニテのメゾネットタイプ、カップ・マルタンの休暇小屋の展示でしょう。それぞれ太陽光も模してよく再現されています。時空を超えて、巨匠が当時この空間に立っていたことを想像すると、なにか感慨深いものを感じます。

また、コルビジェが画家として数多くの作品をのこしていたことも、この機会を通じて知ることが出来ました。かなりピカソのピューリズムの影響を受けていたように見受けられます。コルビジェが活躍していた当時、午前中は画家としての活動を、午後は建築家としての活動をしていたそうです。パワフルだったんですね…。

展示会での意外な発見といえば、アトリエの原寸大展示の片隅に、コルビジェの愛犬の死後、その皮をブックカバーになめして愛用していた実物が展示されていたのをお気づきでしたでしょうか?ちょっとギョッとしましたが、やはりコルビジェは只者ならぬ感性の持ち主であったことに間違いありません。

様々な発見があった「ル・コルビジェ展」、まだ観られていない方と再発見を実感していない方は、今度の週末が最後となります。お見逃しなく…。

|

« 建築に出来ない技 | Main | 日本建築界の寵児、逝く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/16507899

Listed below are links to weblogs that reference コルビジェの時空を超えたパワー:

» [建築コラム 「モノ・コト」] 「ル・コルビュジェ展」 会期内に確認完了です [建築デザイナーズブログ「For Your House」〜これから家を作る人に〜 kc2 from 静岡]
 土日を含めての三連休が多い この秋・・・いろいろな場所にお出かけの方も多い事でしょうね。私は混雑を承知のうえで首都圏の気になるスポットを訪れました。ここ数日のブログは それらに関するコメントを続けます。まずは 六本木ヒルズ内 森美術館で開催された「ル・コル... [Read More]

Tracked on September 28, 2007 at 06:20 AM

« 建築に出来ない技 | Main | 日本建築界の寵児、逝く »