« SKY OF THE TOKYO(浅草) | Main | SKY OF THE TOKYO(六本木&外苑) »

November 27, 2006

武蔵野の木造建築が消えてしまっている…

中央線に乗って気づきましたが、三角屋根の古い木造建築駅舎であった中央線国立駅の駅舎が取り壊されてしまっていたんですね。中央線三鷹~立川間の高架化事業の妨げになるとして。時代のニーズに伴う交通網としての社会基盤整備のためとは言え、あの三角屋根に親しんできてきた地域の住民の方々にとっては、さびしいものがあったことでしょう。

国立駅は大正5年に建築された現存する2番目に古い木造駅舎だったそうです。また、竣工当時のデザインは多くの駅舎建築に影響を与えたといいます。再建可能な主要部材は保存された様子ですが、

一方、吉祥寺の入母屋造りで知られる焼き鳥屋の「いせや本店」も今年10月に取り壊されてしまっいます。こちらのほうは、私にも思い出があります。幼いころ家族に連れられ買い物帰りに食事で食事をしたものです。焼き鳥のタレの香りが染み付いた様な木製カウンターと丸椅子が印象的でした。また、おいしくて必ずといっていいほど帰りにお土産に何本もの焼き鳥をもって帰ったのを覚えています。

数年ほど前、花見時期に家族で食事をしたのが最後だったと思うとちょっと寂しくなりました。新しいお店は再来年の8月に賃貸マンションを上階に背負ったカタチで建て直すとのこと。瓦屋根と大きな提灯の面影をできる限り残しす様子ですが、きっとこざっぱりしてしまうのでしょうね。あのモクモクと立ち上る炭焼きの煙は、空調設備の導入で無くなってしまう気がしますし…。

いずれにしても、風情ある武蔵野の象徴であった木造建築が無くなり、晩秋にちょっとノストラジックさを感じてしまいました。

参考WEB:くにたち

|

« SKY OF THE TOKYO(浅草) | Main | SKY OF THE TOKYO(六本木&外苑) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/12835504

Listed below are links to weblogs that reference 武蔵野の木造建築が消えてしまっている…:

» 中央線 e233系の試運転 [e233系 JR東日本のあとだしジャンケン]
e233系はJR東日本のユーザーアンケートを反映して設計された、いいとこ取りの電車。e233系の最新を紹介します。 [Read More]

Tracked on December 08, 2006 at 02:19 AM

« SKY OF THE TOKYO(浅草) | Main | SKY OF THE TOKYO(六本木&外苑) »