« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

建築卒業設計の仕込み時…。

近年、建築学科学生の卒業設計が面白くなってきている。その熱さの発端ともいえるのが、卒業設計日本一決定戦である「せんだいデザインリーグ」。

都市・建築デザインのプロを目指す全国の学生の卒業設計を一堂に集め、藤森照信審査委員長をはじめ建築家の方々を審査員に迎え、卒業設計日本一を決める大会として。コメンテーターには建築家の阿部仁史氏も加わっています。

Continue reading "建築卒業設計の仕込み時…。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2006

SKY OF THE TOKYO(浅草)

Sumidagawa_hanabi2006ようやく夏空がかえってきました。夏の夜空にはやはり花火が似合います。不思議なことに、大輪の花火は一瞬昨今のいやな出来事を忘れさせてくれます。それが良いことか悪いことかは判りませんが、我に返ると大きな花火から刹那さを感じます。

それにしても、7月は建築関連の暗いニュースが多くありました。自然災害ではジャワ島の地震と津波による被害や日本では九州鹿児島と長野県岡谷市の記録的な豪雨による家屋被害。社会事件としては、湯沸し機のパロマや水谷建設の脱税事件のあきれる事件など…。気分が暗くふさがるような暗くなる一方でした。

7月はちょっとコラムが少なくなりがちでしたが、これらにめげず様々な事象やいろんな事件に対して再発防止や被害の拡大を防ぐべく対策やアイディアを少しでもコラムで発信できたらと考えています。もちろん時事のほかにも、建築に関する新しい話題や楽しい話題も出来る限りコメントしていきたいと思います。

気持ちの入れ替えと刹那の気持ちを与えてくれた昨日の墨田川の花火、綺麗でした…。天気予報だと、今週には梅雨明けの様子ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

六本木に温泉空間!

先日20日、『六本木天然温泉~zaboo~』が誕生し話題となっています。
地下1500メートルから湧き出る天然湯(源泉)を用いています。WEBにて紹介されていますが、保温効果の高いナトリウム塩化物と、保湿効果に優れたナトリウム炭酸水素塩を多く含むことから、別名「熱の湯」「美人の湯」とも言われているそうです。

ヒルズのすぐ近くのロケーションで広さは6330㎡あり、サウナやバーデ、レストランも充実した施設です。最近、岩盤浴を中心とした女性専用の温浴施設やリラクゼーション施設が大繁盛していますが、このzabooは男女兼用で利用できる「大人のビューティ・エンターテインメント」空間。

夜に美しい女性が行き交う六本木の街に温泉とリラクゼーション施設なんて、男性陣は飲んだついでに期待を胸に大いに利用してしまうかもしれません。欲望の街、東京は何でも実現させてしまうパワーがものすごいですね。内需拡大&景気回復の勢いを感じてしまいます。

さて、六本木の温泉、1日の疲れを癒し心身ともにリフレッシュできる空間となるかチョッと興味深いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 24, 2006

SKY OF THE TOKYO(飯田橋)

Iidabashi_st00梅雨の明けない東京の空を
見上げる巨大な建築オブジェ。
羽化した昆虫が晴れ間を
待つような姿だ。

思えば、7月の終わりだというのに、
まだ、蝉の声は聞こえてこない・・・。




Iidabashi_st01いつもの暑苦しい東京を
冷ややかに謳う喧騒的な蝉の声が
聞けないのが不思議と淋しい。

地球規模的にすすんでいる異常気象は
どこまですすんでいるのだろう?

あの鬱陶しい蝉の声が妙に恋しい…。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2006

建築士の権威のゆくえ

耐震強度偽造問題を受け建築士制度の見直しを国土交通省が行なってきたが、その素案が先月発表になり、波紋を呼んでいます。内容は、現一級建築士の資格保持者も再試験により、合格者に新建築士の称号を与え、不合格者には二級建築士へ降格か、または別の名称の称号とする、とういうもの。

そもそも国家資格としての「建築士」は1950年に「建築士」制度ができ、定められたもので、第一号はかの有名な田中角栄であるといわれています。このあたりからして、何で?ということにもなり、「建築士」としての権威が問われそうで怪しい…と思われるかも知れません。

Continue reading "建築士の権威のゆくえ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2006

SKY OF THE TOKYO(東京タワー)

Tokyo_tower00_1新東京タワー:すみだタワー」のデザイン監修を安藤忠雄氏と、彫刻家の澄川喜一氏が行うと東武鉄道により4日発表されました。(参考:日刊スポーツ

ことしの3月に決定された発表で周知のとおり設計は日建設計ですが、デザイン監修を改めて発表するなんて、珍しいことではないでしょうか?
日建設計のデザインに不足があったとは全く感じませんが、話題性のためなのでしょうか?または、安藤氏のシンボリック性に長けたデザインに期待…ということなのでしょうか?突然に発表された経緯がちょっと知りたいですね。

地上デジタル放送用や次世代携帯電話のワンセグ対応として新東京タワーの必要性と具体的な計画についての話題が、日々ヒートアップしてきましたが、現東京タワーは優雅に東京の夏にゆるい灯を照らしています。
ちょっと夕涼みでもいかが?というような表情に見えるのは、気のせいでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2006

暑気払いにフローティングレストラン

Tokyo_wanなかなか梅雨前線が停滞し、蒸し暑い東京の毎日はへこたれますね。
晴れた日の夕時の少し、水辺でサクッとビールを飲みたくなるものです。今年の2月にオープンした、「WATERLINE(ウォーターライン)」はそんな時にふさわしいかもしれません。

場所は、海岸通脇の天王洲の運河沿いにあります。めずらしいのは、海に浮かんでいるデッキ上の構造物で、東京都ではじめて建築確認許可を出した建物。
水辺との距離感が近いのが、とても気持ちよさそう。

建築雑誌をはじめ、グルメ雑誌や情報雑誌にもとりあげられている人気のスポットです。夜景も綺麗で楽しめるといいます。

建築的な解説は、ここでするよりも㈱大洋工芸のブログが簡潔明瞭なのでどうぞ。
話はすっ飛びますが、遠い昔の学生時代、よくデパートへのマネキンの運搬で大洋工芸さんのアルバイトをよくしていました。また、社会人になって初めて仕事をしたのも偶然にもこのすぐ近く。懐かしいです…。

そのうち梅雨が晴れたら偵察に行ってこうと思っています。そのとき撮影した写真は、またそのうちに…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »