« May 2006 | Main | July 2006 »

June 30, 2006

ミッション達成ならず…

M:I-3の上海のシーンでは、イーサン・ハントが高層ビルの上から飛び降りるシーンもあります。撮影舞台となっているのは、美しい夜景で知られる東浦地区。中国銀行上海ビルの屋上から交通銀行ビルのガラス屋根の上に仕掛けを使って飛び移ります。高所恐怖症の方は、美しくライトアップされている近代的な上海の高層建築を見れずにハラハラしてしまうかも知れません。

中国銀行上海ビルは日本の日建設計による設計で、地上53階建てです。もう少しすると(2008年予定)この近くに、森ビルが出資する上海環球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)が完成します。地上101階で完成すれば、地上472mに世界一の高さとなる展望台を持つ建築物となります。最高級ホテルのハイアット・グループが、ホテルとレストラン・バーが入る予定となっています。

できればイーサン・ハントには、あと2年待ってもらって、上海環球金融中心から今あるグランド・ハイアット上海に飛び移ってほしいと個人的には感じました。そのほうが、きっと見ごたえがあること間違いなしです。でもミッションがちょっときつ過ぎるでしょうか。

Continue reading "ミッション達成ならず…"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2006

ミッションの多かった撮影クルー

先日、M:I-3先行上映を観ました。ベルリン、バチカン、上海を舞台にイーサン・ハントがめまぐるしく大活躍します。

バチカン宮殿での短時間での連携トリックがなかなか見ごたえがあります。なかでも興味を引いたのが、変装マスクの製作シーン。M:Iは毎回変装マスクが付き物ですが、いつもマスクをはぎ取るシーンがメインでしたが、今回は変装マスクがどのように作られているのかが、鮮やかに公開されています。なかなか印象に残るシーンです。

マスクの製作は、もちろん架空の特性マシンを用いるのですが、こんなマシンがあったらきっと面白いですね。いろんな3Dオブジェがつくれそうだから…。すぐに実現可能な技術で、ひょっとしたら開発してしまう機械メーカーもいるのでは?と見入ってしまいました。

この変装マスクの製作シーンをリアルに再現するのに、実は相当の苦労があったのではないでしょうか。でも、その甲斐あって、M:Iの醍醐味のひとつ、十分満足できる仕上がりとなっています。

Continue reading "ミッションの多かった撮影クルー"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 26, 2006

WCサッカー番外編:優勝は?

ワールドカップサッカーは、残念ながら日本代表はもとより、アジア勢も決勝リーグ進出ならずという結果となってしまいました。気持ちを入れ替えて、また4年後に兆戦!ですが、今度は、オーストラリアもワールドカップ出場の為の権利獲得予選枠に同じになるというから、相当気合を入れないと大変な状況です。

ところで、ドイツワールドカップの各競技場建築の特集を様々な雑誌で見受けます。最新の日経アーキテクチャーでもとりあげていましたが、やはり目に付くのは、「アンリツ・アリーナ(Allianz-Arena)」です。

Continue reading "WCサッカー番外編:優勝は?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2006

SKY OF THE TOKYO(目白)

Stcatedral東京カテドラル聖マリア大聖堂。
1964年の丹下健三の代表作。

外装は写真でよく知られている様に曲線美の美しい金属板の仕上げですが、内部はコンクリートの打ち放しが主体となっています。3次元的な空間をつくりだすためにコンクリートの型枠は短冊状のものが用いられ、丁寧にカタチを形成した様子が、聖堂内の空間から見受けられます。

Continue reading "SKY OF THE TOKYO(目白)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2006

旬なクリエーター達

ミラノ・サローネ(ミラノ国際家具展示会)で今年活躍した日本人クリエーターの企画展が、五反田の東京デザインセンターで開催されています。5月上旬より順次クリエーター自身がその作品を紹介しています。

もうすでに本日の時点では、第4弾として『Yamaha Design Laboratory』の展示となっていますが、ミラノ・サローネでの展示品を直接め見れることもされことながら、クリエーターに直接会える機会もあり、最新のインテリアに興味のある方はきっと満足いくイベントでしょう。

Booth02個人的には、山田佳一郎氏のインテリアデザインが好きです。第2弾で残念ながら、展示は終わってしまいましたが、シンプルでチョッとひねった形のデザインは、多くのひとに好感を得ると感じます。連続的なフォルムも素敵ですね。

インテリアの細部のディテールにも工夫があり、シンプルで納まっている理由があります。連続する木骨脚のガラステーブルは、なるほど!というところにネジが刻んであり、参考になります。写真は、山田氏のWEBから引用しました。

8月上旬まで開催されていますので、これからまだ発表されるクリエーターたちの作品にも期待したいです。詳しくは、東京デザインセンターのWEBページからどうぞ。
また、各クリエーターたちの活動状況もそれぞれのWEBで知ることが出来ます。みなさん、さすがに凝ったWEBサイトで、元気のよさを感じます。

今週末は、会場の東京デザインセンターで「蚤の市」もあり、インテリアから雑貨まで掘り出しものに出会えるチャンスもあり、楽しさ倍増です。

Continue reading "旬なクリエーター達"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 20, 2006

表参道にゴシック様式建築!

Stgrace_cathedral006月といえば、ジュンブライド。教会での結婚式を挙げ、幸せな記念日を迎えた方もたくさんいることでしょう。そんな季節の週末に、お散歩していたら素敵な光景に出会いました。荘厳なゴシック様式の教会に立つ、挙式直前のバージンロードを歩みはじめる寸前の、花嫁と父親です。

実はこの場所、海外ではありません。表参道駅からあるいてナント2分程度のところに位置するセントグレース大聖堂。結婚式のプロデュース会社:ベストブライダルが手掛けたものです。天高くそびえる28mもある尖塔は、見事です。全体のバランスと外壁の色合いも上品なうえに、敷地境界線沿いに設けられた鉄製鋳物(ロートアイアン)の門と柵も素敵です。

Stgrace_cathedral01よくぞこのロケーションに、いつの間に立派なものを建てなすった…、という感想がポロリと口から出てしまいます。
ごく最近完成しましたので、この教会については、まだ知る人ぞ少ないかもしれません。このセントグレース大聖堂内には、英国製のステンドグラスとパイプオルガンも調達されているそうです。

また女性でしたら、こんな教会で大勢の親戚や仲間に囲まれて、セレブに最高の祝福のひと時を迎えたいと、やはり想いあこがれるのでしょうね…。微笑ましいことです。中の様子が見たいですので、セレブなどなたか、挙式に招待してくれないでしょうか?

Stgrace_cathedral003_1さて、宣伝になりますが、ブーケのご用命は『華ギャラリーコットンローズ 』(Provided by KOYAJI)までどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2006

SKY OF THE TOKYO(六本木)

National_artcenter_tyo_1六本木7丁目の東京大学生産技術研究所跡地に建設された『国立新美術館』。3次元的にうねった外装ガラスカーテンウォールのファサードが印象的です。設計は、黒川紀章氏。

本年度中にオープン予定ですが、まだその具体的な期日は明らかになっていません。日本最大規模となる美術館で、展覧会の開催、教育普及を目指した美術館として、現在オープンに抜けて準備中です。

巨額の建設費をかけているだけに市民へ開かれた美術館になり得るかが、大きな課題となっています。芸術・デザインの情報発信拠点となることを是非期待したいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2006

エレベーターの安全責任は誰に?

東京港区のエレベータ事故に関する報道が週末多くありました。シンドラー社の対応について批判的な意見が、各メディアからされています。確かにTV番組の映像からは何も語らない状況は、違和感あります。しかし、この事故については、もっと原因追求をおこない責任の所在を追及する必要がある気が致します。

というのは、周知のとおりエレベーターのメーカーはシンドラー社でありますが、保守点検の管理会社は異なっています。エレベーターそのものに欠陥があり、リコールなどをせずに隠している事実があるとしたら問題外ですが、使われているエレベーターの安全管理責任はいったい誰にあるのか問わなければなりません。

Continue reading "エレベーターの安全責任は誰に?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2006

中田英寿選手との意外な建築つながり

ワールドカップサッカーが開催し、サッカー観戦に世界中が熱気で包まれています。日本代表チームの活躍にも期待がかかります。サーカーは、攻守ともにそのフォーメーションが重要なスポーツ。試合中の空間把握を担うのが、日本代表チームの司令塔:中田英寿選手

Nakata_net_cafe先日の新聞記事に、なんと6.5秒に1回の割合で中田英寿選手は全体の状況把握をしているそうです。集中力もさることながら、ボール以外のポジショニングの情報収集力が長けているというのです。スポーツ科学者が試合中に彼が首を振って周囲を確認する回数で、統計をとっているそうです。

Continue reading "中田英寿選手との意外な建築つながり"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 08, 2006

またもや不思議なコンクリート

今年開催されたミラノ・サローネ(ミラノ国際家具展示会)で発表されたなかで、気になる建材があります。それは『Solid Poetory』(ソリッド・ポエトリー)。直訳すると詩情的固体ですが、「浮絵コンクリート」でも日本語訳するのが適当でしょうか?要は簡単に説明すると、水に濡れると模様が浮かびあがるコンクリート建材です。

この建材は、ドイツ人のスザンナ・ハップルさんとフレデリック・モレスコットさん(Suzanne HappleFrederik Molenschot)が共同でオランダのデザイン学校の卒業作品として制作したもの。現在まだ、商品化はされていなく開発中とのことですが、開発中のTERRATORIUM社と彼女たちのWEBサイトからその建材の概要を知ることが出来ます。

Solid_poetry00天候や環境の変化で隠されたデザイン画が浮かびあがってくるのが、なんとも不思議です。家庭では浴室などの水まわりや庭などへ、また、バス停や歩道などの公共施設の建材としての提案をしています。

小さいころ、年賀状などでレモン水で絵を描いた遊んだ『あぶりだし』みたいに模様がコンクリート建材の表面から出てくるところがオモシロく、とても斬新です。もちろんこの建材は濡れて反応するものですが…。

リトラコンも不思議でしたが、こちらの建材も実に不思議ですね。WEBで紹介されている写真では、綺麗な草花の模様が浮かび上がっているのが印象的です。感心してしまうほどコンクリートも進化したものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 07, 2006

ジャワ島地震:地球規模の時の刻み

先日、ジャワ島地震関連で世界遺産のコメントをしましたが、大きな被害にあったのは「プランバナン遺跡群」のほうで、最大のロロ・ジョングラン寺院の6つの石塔のひとつ、ブラフマー堂の尖塔部分が落下の被害を受けています。ユネスコによる調査も早速始まり、着々と進んでいる様子です。

この遺跡は、1954年にも地震の被害を受けています。当時、瓦礫の山になり多くの立派な石造りのレリーフが盗難にあったといいます。今回の場合も、保安の状況はどのようになっているのか心配です。おおきな石のレリーフを積み上げた寺院からは、文化の高さとヒンドゥー教への信仰の深さを感じます。

また、被害の報道はありませんが、近くに「サンギラン初期人類遺跡」もあり、世界遺産が集中しています。サンギランでは、直立歩行を最初にしたとされるジャワ原人(ピテカントロプス)の骨や化石が発見されています。100~65万年前に暮らしていた原人ですから、チョッと果てしない宇宙規模の時間経過を感じさせます。

インドネシアの島々の地形からも地球規模の大陸移動した足跡のようなものを感じますし、様々な歴史を秘めた土地なのだと実感します。まさにジャワ島周辺そのものが、地球規模の時の刻みが入った場所なのではないでしょうか。

ジャワ島の余震は収束しているようですが、スマトラ、ジャワと大地震が発生しています。続けて並びのスンバワ、フローレンス島へ連鎖的に地震が発生しないことを願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2006

インテリア空間を意識した車種登場!

日産自動車のキューブ、マーチ、ラフェスタの3車種のインテリアに「ザ・コンランショップ」がコラボしたものが1日から発売されました。3車種共、オーガニックなアースカラーで上質の素材でつくりこまれた内装となっています。

個人的のは、ボヘミアンスタイルがテーマの花柄シート地であるマーチが品がよく好きです。伝統的な日本の草花をシルエットにして、上品でモダンな感じがいいです。車もそれ自身の性能はもちろんですが、単純に広さを追求した居住性重視型から心地よさを追求したリラックス重視型へと変化しつつあるような気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

June 01, 2006

ジャワ島地震支援:大阪府の英断

ジャワ島地震発生時に、仮設住宅建設支援の必要性を述べていましたが、本日大阪府が河川整備課主査の久保哲さんを派遣することが決まりました。大阪府の英断に拍手です。このニュースはasahi.comで知りました。

関西地区は、阪神大震災被災の経験もあることから、地震時のヒューマンスケールの弱み辛みに理解があるのだと思います。国際的な支援は、資金的な援助よりもこうした実経験からのノウハウを行なうことがより効果的でもあり、国際的な信頼も厚くなっていくのだと思います。

また、阪神大震災被災や新潟県中越地震において、仮設住宅にはブルーシートが大いに役に立った実績があります。ブルーシートは2×3間(3.6×5.4m)の大きさで1枚400円程度のものです。ジャワ島であれば、仮設住宅の一時的な柱となるような木材は調達できるでしょうから、きっとブルーシートのような容易に雨風をしのげる資材がすぐに必要となるでしょう。

仮設住宅に必要な資材が集まり、救済の自衛隊員や医師看護団と連携をとり、おおいなる支援となるいいですね。また、久保哲さんがご活躍されることを強く願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »