« 建築的にもみどころ満載!ダヴィンチ・コード(2) | Main | インドネシア・ジャワ島地震への心配 »

May 23, 2006

何気ない空間からの引き算と足し算

『ダヴィンチ・コード』が熱いですが、日本の映画も熱いです。お勧めは渡辺謙主演の『明日の記憶』。『ダヴィンチ~』とは異なり、撮影されるシーンのロケ地は、何気ない生活空間や職場空間ばかりです。それに渋谷の街と田舎の陶芸教室が主な舞台ですが、やはりロケに特別な配慮は何もありません。ラストシーンにもつながる最初のシーンの場所も同様です。


広告代理店に勤務するスーパー部長の佐伯雅行にアルツハイマー病が発症するすることから、徐々に加速される記憶喪失の引き算。なんとかしようとするが、どうにもならないのが若年性のがアルツハイマー病。活躍していた職場空間からも自分が必要とされなくなる孤独感が佐伯雅行を襲う。普段、何気ない空間であったはずの職場からの引き算される後には、いったい何が残るのだろう。

一方、生活空間で増えていくのが、記憶を記録に残そうとする自身のメモと自分の代わりに働きだした妻が書き残す行動を示す張り紙。何気ない生活空間に必要のなかったものが日々日に加えられていく。メモや張り紙が加算されていくなかで、遠のいてしまった家族の存在に気づく…。やり場のない孤独感。

何気ない空間からの小さな足し算と大きな引き算によって出される答えは、「夫婦の絆」。生きていくうえで大切なものは何だろうと、自分自身の生活や人生ともダブらせて一瞬真剣に見入ってしまう映画だ。記憶が「0(ゼロ)」となった佐伯雅行の生活は、冒頭のシーンのみで描かれている。観る者の記憶をたどらせるところがニクイ演出だ。

家族も大切。でも、その原点である「夫婦の絆」はもっと大切なのでは、と改めて気づかせ考えさせられる社会派映画です。

『ダヴィンチ~』とは全く対照的に日常空間からテーマを浮き彫りにするこの映画の演出力は穏やかですが鋭さを感じます。何度も何気ない空間が頭をエコーする感覚が不思議です。少子高齢化社会にとって免れられない課題であり、今失われつつあるものを穏やかにこの映画は警告しています。

|

« 建築的にもみどころ満載!ダヴィンチ・コード(2) | Main | インドネシア・ジャワ島地震への心配 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/10197808

Listed below are links to weblogs that reference 何気ない空間からの引き算と足し算:

« 建築的にもみどころ満載!ダヴィンチ・コード(2) | Main | インドネシア・ジャワ島地震への心配 »