« 『建築現場技術者心得』:引越し! | Main | デザイン家具が大人気 »

March 27, 2006

1400年前の高性能気密空間

奈良県明日香村の国特別史跡キトラ古墳の石室内はかなりの精度ある気密性能をもった空間をつくっていたことを今月中旬に文化庁が発表していました。よくよく考えてみると当時の凄い空間づくりの技術であることに気づきます。

古墳ができたのは7世紀末から8世紀にかけてで、鎌倉時代に盗掘によって穴があけられるまでにの約500年もの間、ほぼ完璧な気密性を保っていたことが、古墳の土砂の断面から判明したそうです。7世紀末といったら飛鳥時代で、聖徳太子が没後まもなくの時代で持統天皇がちょうど即位していた時期ではありませんか…。

そんな時代で古墳は粘土層の土砂でつくられているのですが、盗掘までの間、地下水の浸入もなく内部は非常に安定した状態であったといいます。有機的な材料でつくられた地下空間であるのに、完璧なまでの気密性を保っていたのですから感心です。当時古墳をつくった人たちの古墳に埋葬された故人への相当な気持ちの入れ込みが伝わってきます。

また、古代エジプトのピラミッドの様に、ミイラとして故人そのものの存在や愛用品自身を永遠に残そうとするお墓に対する人間の慣例、慣習はあったかもしれませんが、キトラ古墳の様に空間そのものを密閉し残そうとした事例は無かったのではないでしょうか。他にもあったのかは詳細は調べていませんが、大変興味深いところです。もしかしたら世界最古のタイムカプセルではないでしょうか?

古墳の石室内の壁に描かれていた白虎の写真も公開されていましたが、当時のいきいきと描かれる絵からは古墳建築へのロマンを様々に推測できます。建築的な観点からも、慎重に調査が進められているキトラ古墳の今後の発表に注目です。

|

« 『建築現場技術者心得』:引越し! | Main | デザイン家具が大人気 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/9276386

Listed below are links to weblogs that reference 1400年前の高性能気密空間:

« 『建築現場技術者心得』:引越し! | Main | デザイン家具が大人気 »