« またも、建築業界での違法事件にがっかり... | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »

January 31, 2006

建設業は悪の枢軸?

昨日国交省で耐震偽装の中間報告として再発防止案がまとめられましたが、その根本的姿勢は「性悪説」に基づくものとなっている。要するに、はじめから疑わしいものとして、確認申請や検査の手続きによるチェックをしていこうとするものです。

話題の構造計算のチェックは、2重の検証を行うものとされそうである。瑕疵担保責任についても建築主へ保険加入の義務付けを検討している状況です。しかし、それらについて学識経験者からの反対論があがってもいます。内容を確認すると、結局はコスト負担は建築主やそれらの建物を利用する者への負担となってしまうことを指摘しており、なるほど少し違和感を感じます。

これは、連続して発生している偽装問題や建設業の倫理的な問題がしばしばあげられることがやはり起因となって、「性悪説」的に処理されているのでだと、つくづく感じます。

今朝ほどの新聞で、建設業界の体質がいかに外部のもの達に信頼がないかを知って遺憾なおもいをしていましたが、夕方になって、またしても防衛庁をめぐる談合疑惑のニュースが聞こえてきました…。

んー、建設業はやはり悪の枢軸なのかも知れない…。何事もそうであるが、信頼は一度失うと、取り戻すには並大抵の努力では回復できないものです。

純粋に「ものづくり」に一生懸命になっている技術者や職人さんたちの夢や努力を無駄にしてはいけません。いま、建設業界は法の束縛(コンプライアンス)依然に、倫理感を根本的に見直す時期に来ていると痛感しています。

|

« またも、建築業界での違法事件にがっかり... | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/8442751

Listed below are links to weblogs that reference 建設業は悪の枢軸?:

» 建築・建設情報サイト 早分かり建築業界 [建設・建築情報サイト 早解かり建設業界]
建築・建設情報サイト 早分かり建築業界へようこそ。 建設業界は業者数約56万、就業者数は全産業のの約一割、建設投資額は平成16年度約52兆円(GDPの約10%)とわが国有数の巨大産業です。 発注者は政治・経済・社会の全方位、建築物も小はものおきから大は超高..... [Read More]

Tracked on February 04, 2006 at 09:30 PM

« またも、建築業界での違法事件にがっかり... | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »