« Sky of the Tokyo (新宿) | Main | インフィル再考(24) »

December 19, 2005

構造計算書偽造問題について(追記)

耐震強度偽装問題で、姉歯氏ら証人喚問を終え、週末の報道特集や日経アーキテクチャーはじめとする情報から、全体像が伝わってきました。対象の建物については、建築の構造をよく知っていっる者であれば、やはり柱そのものの断面が小さいことや使用されている鉄筋量が少ないことを気づくはずである主旨の内容やコメントが多くありました。

そういった中で少し残念なことは、建築確認申請時の構造計算チェックにおいて、姉歯元建築士の構造計算書に不審な点を感じた審査者がいながら、追求が浅かったことです。具体的には、質疑応答などで構造計算の不可思議な点を姉歯氏に問い合わせをしているにも関わらず、姉歯氏の「再計算(チェク確認)しました」とか「安全です」という回答を信じきってしまって審査をしていた点です。

その他施工などにも携わったものの中にも図面から構造的に不審をもちながら、設計者への確認・追求へのアクションを踏んでいない点や電算で出力されたと思われる資料そのものを生善説的に信じてしまう傾向がある点で、やはり建築業界はその辺を反省し、知恵を出し合い見直しをしなければいけないと強く感じました。

姉歯氏の証人喚問やTVでの平然とした態度に腹立たしくもありますが、構造設計者が単純にケアレスミスをしてしまったときも、それを見逃す可能性がある事実を厳格に受けとめなければならないでしょう。

また、責任の追求にかなりの時間を要する様子ですが、様々な方のコメントから、やはり安全な建物を提供する側の「発注者」側にも責任がある様に感じました。

|

« Sky of the Tokyo (新宿) | Main | インフィル再考(24) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/7689355

Listed below are links to weblogs that reference 構造計算書偽造問題について(追記):

« Sky of the Tokyo (新宿) | Main | インフィル再考(24) »