« 「インフィル」再考(25) | Main | ブログ初め »

December 27, 2005

映画で感じるギャップの心地よさ

映画「SAYURI」を観てきました。音楽がちょっと中国ぽさがあったり、あの動作は芸者の動きでないとか…いろんな評が飛び交っていますが、私はそんな細かなとこまで特に気にならず満足できました。ハリウッド発信で、日本の芸者の弱さと強さの両面を持つこころを精一杯描いている努力にアッパレという感じです。でも、未だ観ていない人には、違和感のないように日本語の吹き替え版をお勧めしますが…。

ところで映画の背景も、頑張ってやはりよく再現されていたと思います。セットで使用された花街の様子やお座敷とはちょっと違った置屋の空間をよく描いていたと思います。置屋のなかの薄暗い雰囲気が、実力主義の女性縦社会を象徴する空間に描かれていました。また、カメラアングルもどちらかといえば、普通の目線よりちょっと下から描いた感じが、観ている側に畳の上から座ってみているかの様で臨場感がありました。

さゆりが漁村から売られて屋根から初めて花街の街並みを眺めるシーンもさゆりの目線で連なる瓦屋根を描き、さゆりの気の遠くなる心をしかりと表現していた気がします。

プロダクション・デザイナーは「シカゴ」でアカデミー賞美術賞を獲得したジョン・マイヤー氏ということで、なるほど...です。きっと日本のどこかで撮影したシーンもあるかと思いますが、セットなのか見当がつきませんでした。さすがハリウッド。セットの木格子とか、襖や障子もしっかり上手にできているように見えました。

日本の建具職人が活躍したのしょうか?それとも、ハリウッドで作ったものなのでしょうかねぇ・・・?どちらにしても、あらためてハリウッドの大胆さを感じます。ニッポンをよく研究、観察しています。

キャスティングで個人的に印象的だったのは、豆葉役の女優さん。なんかちょっと気取った街のクラブにいるママさんでみたいな感じが妙に気になって惹きこまれてしまいました。日本の女優さんと思って確認してみたら、なんとボンドガールの経験もあるマレーシア出身のミッシェル・ヨーさんでした。おみそれしました...。

映画はこういうギャプを感じるのも醍醐味であり、楽しみのひとつですね。

|

« 「インフィル」再考(25) | Main | ブログ初め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/7857087

Listed below are links to weblogs that reference 映画で感じるギャップの心地よさ:

« 「インフィル」再考(25) | Main | ブログ初め »