« Sky of the Tokyo (江戸&東京) | Main | 高級インテリア志向、その次は... »

October 13, 2005

パキスタン北部地震の報道から...

先日発生したパキスタン北部地震の報道のたびに犠牲者の数が増えています。すでに2万3000人の死亡者が確認されたといいます。当初報道されていた以上に被害の状況は深刻な様子です。

日本人犠牲者を出したイスラマバードの12階建て共同住宅の建物は、周囲の建物とは様子が違い、その部分だけ一気に崩壊した様な状況にTV報道の映像から映し出されています。建物崩壊については手抜き工事の疑いがあるとして建設会社を調査するような報道もありました。ですが、それ以前に国家の建築基準が定めや管理体制がなかったのではないかと感じています。

先進国かつ地震災害国家である日本は、地震に対する建築技術の水準は高いですが、今回のようなパキスタン北部の地域であは対策そのものがない状況なのだと思われます。TV報道で映し出される崩壊した建物の状況では、鉄筋材は細かく配置されているようには見えませんし、まして鉄骨材などはほとんど使用されていない状況なのしょう。恐らくレンガや地元で産出された石を簡単に積み上げ、壁構造として構築された建物が殆んだと思います。

一方、震源地に近いカシミール地方の中心都市ムザファラバードでは支援物資の奪い合いが生じているといいます。陸の孤島状態となっている場所は、支援物資がどれだけで賄えているのかが殆んどわからない様な状況ではないでしょうか。この状況は、要因のひとつに、恐らく被災状況の把握の遅さが被災地支援の遅れにつながっていると思われます。二次的な被災にならなければいいのですが...。他国でありながらとても心配です。

昨年のスマトラ沖地震の津波災害の場合も痛感しましたが、二次災害防止の為には、国家間を超えた高度情報網を整備する必要があり、国際的に協調や提案、見直しをしていくことが課題であると痛感します。

隣国の中国では2回目の宇宙への有人飛行に成功し、活気に満ちています。それでなくとも中国の経済的発展に近年脅威を感じます。このように世界では発展に勢いを増す国家や先進国と発展途上国との格差が今までになく大変めだってきています。せめて居住空間の安全確保だけでも、地球全体でバランスのいい状態になりえないものでしょうか。建築技術者達の国際交流からまず一歩踏み出したいものです。

いずれにしても、まずは被災地の救済支援が速やかに行われることを祈ります。

|

« Sky of the Tokyo (江戸&東京) | Main | 高級インテリア志向、その次は... »

Comments

コメントありがとうございました。
中国と日本は、実は宇宙分野で、協力関係にあります。アメリカが技術を公開しないので、アジア共同プロジェクトとして、火星探査や月探査計画を推進しています。

高いレベルでも、シフトがはじまってるようです。
中国のホテルは、天井やドア、窓のサイズが大きくてゆったりした空間でした。

Posted by: U-1 | October 14, 2005 at 10:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/6374721

Listed below are links to weblogs that reference パキスタン北部地震の報道から...:

» ・ 国際援助を考える。   - 病院・学校倒壊の陰に - [炎と水の物語  Apprehensio ad ignis et aquarius.]
世界の最も、貧困人口が多い地域が、今回、大地震に見舞われたパキスタンを含む南アジアです。今日はその貧困の背景を考えます。 世界の貧困人口10億人のうち、半数がこの南アジア地域に集中している事は、あまり知られていません。パキスタン大地震のテレビニュースで、援助物資を激しく奪い合う人々の様子からは、昨年12月のインドネシア、スマトラ島の災害にはない、凄まじさが伝わってきます。 この地域の貧困の原�... [Read More]

Tracked on October 13, 2005 at 03:31 AM

« Sky of the Tokyo (江戸&東京) | Main | 高級インテリア志向、その次は... »