« アスベスト含有量0.1%以上の規制に...の影響 | Main | Sky of the Tokyo (東京駅) »

September 06, 2005

「中銀カプセルタワー」でアスベスト騒動:実際のディテールは?

今朝の新聞で知りましたが、メタボリズムの象徴的建築である黒川紀章設計の「中銀カプセルタワー」でアスベスト騒動がおきています。発端は、週刊新潮の9月8日号で「住民を激怒させた『黒川紀章』の『アスベスト汚染』マンション『世界遺産の候補だから』の保存依頼もウソだった!」との見出しの記事によるもの。

黒川紀章氏と同事務所が編集者らに対して名誉棄損で告訴しているという。同建物は1947年に建てられているが、基本的にはSRC造である。一部S造部はあるものの、「全戸アスベストに汚染...」というのは大げさな気がする。

さすがにマンションだけに中は見れませんが、外装のカプセル部は鋼板でできている為、鋼板内側部の断熱処理として飛散性アスベストを使用しているのでしょうか?それにしても普通に考えれば内装仕上げ建材に隠蔽され、直接露出しているところはないはず...。内装壁に意匠として石綿を左官によるコテ仕上げとしているのでしょうか?ディテールの実際を知りたいですねぇ。

週刊新潮の記事も直接拝見していませんが、飛散性アスベストについて問題にしているのか空気濃度測定の結果をもとに記事にしているにか気になります。いずれにしても、アスベストは施工当時、普及された建築技術であり、どれほど発ガン性のあるものであるかや具体的な影響は知り得ていなかったと思います。善意で建築されたものに対しては、強烈な見出しであり過ぎる印象ですが、どうでしょうか。すこし情報収集してみたいです...。

|

« アスベスト含有量0.1%以上の規制に...の影響 | Main | Sky of the Tokyo (東京駅) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/5821713

Listed below are links to weblogs that reference 「中銀カプセルタワー」でアスベスト騒動:実際のディテールは?:

» アスベスト禍 [切抜き速報ブログ(学と環境版]
アスベスト=石綿と言われてイメージするのは、熱するときにビーカーの下に敷く金網に付いている円形のアレですね。今はもうああいうのは使っていないのかもしれませんが。何の気なしに触れていましたが、ニュース等を見ていると、なんだかとんでもない毒性があるような雰囲..... [Read More]

Tracked on September 07, 2005 at 05:00 PM

» 中銀カプセルタワー [SWOFF blog]
学生時代から気になっていた建物「中銀カプセルタワー」にてアスベスト問題だそうで... [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 11:13 PM

» 「中銀カプセルタワー」のアスベスト騒動(続編) [気ままに『建築』コラム!]
建築家の黒川紀章氏設計した「中銀カプセルタワー」がアスベスト騒動となっていました [Read More]

Tracked on September 28, 2005 at 12:04 AM

« アスベスト含有量0.1%以上の規制に...の影響 | Main | Sky of the Tokyo (東京駅) »