« アスベストの既存建築物対応は的確な情報収集が大切 | Main | SKY OF THE TOKY(江戸川) »

August 04, 2005

Sky of Tokyo (お台場)

miraikan00船外活動で活躍した野口さんは、スペースシャトルから観た地球に感動していた様子が何度も報道されていました。
宇宙空間に浮かぶ青く光る生きた星の姿は、どんなに感動的でしょう。水の星“地球”を実感させてくれるでしょう。そんな宇宙空間を思わせる演出の日本未来科学館。

miraikan011階の吹き抜け空間の地球儀がポッカリと浮かぶ風景は、宇宙空間を彷徨っているような感覚を誘います。夜間は経関していますが、夜景が素敵な建築物です。この日本科学未来館は毛利衛氏が館長を務めています。スペースシャトルの耐熱タイルの修復作業も順調に進めていますが、無事の帰還を祈りたいですね。また、たくさんの活躍のエピソードを聞きたいものです。

|

« アスベストの既存建築物対応は的確な情報収集が大切 | Main | SKY OF THE TOKY(江戸川) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/5315236

Listed below are links to weblogs that reference Sky of Tokyo (お台場):

» 地上からスペースシャトルが見える! [aqtetoの雑記]
<ディスカバリー>6日から8日にかけ日本でも観測可能 6日の明け方に、ドッキングしたシャトルと国際宇宙ステーションが見えるらしい。 マイナス1〜2等級程度の光の点が、飛行機よりやや遅い速度でスーッと移動するように見える。 そういえば昔、宇宙ステーションのスカイラブを見たことある。 もうなくなったけど.... ... [Read More]

Tracked on August 05, 2005 at 08:01 AM

« アスベストの既存建築物対応は的確な情報収集が大切 | Main | SKY OF THE TOKY(江戸川) »