« いまどきの「書斎」の意義(3) | Main | Sky of Tokyo (お台場) »

August 02, 2005

アスベストの既存建築物対応は的確な情報収集が大切

本ブログより早く既存建築物に対するアスベストに触れ、「建設業界も他人事とは言えない」と指摘しました。その後、多くのアクセスを本ブログにいただきました。関心の高さが覗えます。一方、現在マスコミ等で既存建築物に対するアスベストの不安を多く報道していますが、中には闇雲に不安をあおる報道もなかにはあり、目に余るものがあります。今回のアスベストについて問題にしているのは、『飛散性アスベスト』についてです。また、正確にアスベストについての情報をとらえることが大切だと思います。簡単ですが、アスベストに関して少し情報整理をしてみました。

アスベストの使用目的として90%以上が建築材料に使用されていますが、そのすべてが飛散性アスベストではありません。ですから、アスベスト混入の建材が住宅等に使用されているからと言ってすぐ体に影響があるわけではありません。外壁にしようされている押出し成型版や屋根材としてのスレート板、内装材の床ビニルタイルなどがそれらにあたりますが、製造年月日によっては全く混入していないものもあり、個別に確認が必要です。しかし、こういった製品は、日常では飛散することはまずないでしょう。

しかし、非飛散性の建材であっても、製造過程や施工過程、それに、それらが使用されている建築物の解体する場合については、アスベスト繊維が飛散し、人体に影響する可能性が高いとされています。したがって、メーカー等で製造過程でアスベストについて飛散性が高いものについては、段階を踏んで製造をなくしてきています。また、既存建築物の解体については、行政が各種法律を定め、関係者に対応を義務付けています。関連法規制については、下記があげられます。

■飛散性アスベスト関連法規制
1)労働安全衛生法:事前調査、工事計画届、防塵措置と除去作業場所の隔離等の規制
2)大気汚染防止法:特定粉塵排出等作業の実施の届出義務
3)廃棄物処理法 :「特別管理産業廃棄物管理責任者」の設置等の規制
4)建設リサイクル法:「分別解体等の計画」(付着物またはその他に該当→届出が必要)
5)石綿障害予防規則:建築物の解体等の作業におけるばく露防止対策等が目的で7/1より施行
6)都道府県条例・要綱:上記以外にも届出が義務付けられている場合あり

また、行政から発信されているおもなアスベスト関連のWEBは下記の通りです。
なかでも東京都環境局で発信している「アスベストに関する基礎知識」はたいへんわかりやすくまとめてあります。

■アスベスト関連の行政案内WEB
国土交通省における石綿(アスベスト)問題への対応について
1)関係法令遵守の指導、健康管理制度の周知について
2)実態調査について
資料として下記内容がダウンロード可能となっています。
資料1 建設工事を実施する上での石綿の取扱について
資料2 民間建築物における吹付けアスベストに関する調査について
資料3 石綿による健康被害の状況に関する調査の実施について
・造船業以外について
・アスベストをはじめとする建築物の解体等に伴う有害物質等の適切な取扱いに関するパンフレット
国土交通省:大臣会見要旨(平成17年7月26日)
厚生労働省:石綿情報
これまでの主な政省令改正(労働安全衛生法令関係)、石綿に関する健康診断等の情報を掲載。
東京都環境局:東京の環境
新しい「建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュアル」を閲覧できます。
各章のPDFファイル
第1章 アスベストに関する基礎知識
※アスベストに関する基礎知識はこのサイトがわかりやすい。
第2章 環境確保条例における石綿飛散防止対策の解説
第3章 石綿含有材料を使用する建築物その他の施設の建設、解体又は改修の工事における作業上の遵守事項の解説
第4章 関連法令等関係資料

正確な情報を知り、的確な対応を冷静に取ることが大切だと思います。

|

« いまどきの「書斎」の意義(3) | Main | Sky of Tokyo (お台場) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/5273086

Listed below are links to weblogs that reference アスベストの既存建築物対応は的確な情報収集が大切:

« いまどきの「書斎」の意義(3) | Main | Sky of Tokyo (お台場) »