« 海辺のLOHASなヤツ... | Main | アスベスト吸引と喫煙の関係 »

August 23, 2005

建築家らが創作のこどもと読める「家」の本

子供たちに伝えたい「家」の本として㈱インデックス・コミュニケーションズより建築家やアーティスト、作家らによる「家」の本が創作されているのを知りました。今回は第1回目のシリーズということで、9種類発刊され、みかんぐみ、伊東豊雄氏、妹島和世氏、芦原太郎氏などが参画されています。それぞれ、「家のきおく」、「みちの家」、「物語のある家」、「家族をつくった家」を創作しています。

早速、書店にいって買い求めようと2店舗まわりましたが、残念ながら売り切れ...。WEB購入もいいですが、今回のこれらの本はカラーの絵の多い構成になっているらしく、手にとって確認して選びたいなと思っていたので、すこしがっかりでした。
1冊1600円(税抜き)とのことで、そんなに高くもないですから、好きな建築家がいる場合は、迷わずWEB上で購入するのがいいかもしれません。

今後11月発売予定として隈研吾氏、その後も高松伸氏や内藤廣氏等の創作本も執筆予定とのことで楽しみです。著名な建築家がこどもの目線でわかりやすく「家」を語ることで、こども達に、身近に住環境へ親しみや興味をもってもらうことにつながり、たいへんよいことだと思います。「暮らし」について前向きに思考するいいきっかけとなればいいですね。

|

« 海辺のLOHASなヤツ... | Main | アスベスト吸引と喫煙の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/5592061

Listed below are links to weblogs that reference 建築家らが創作のこどもと読める「家」の本:

« 海辺のLOHASなヤツ... | Main | アスベスト吸引と喫煙の関係 »