« 巨匠建築家を身近に感じました... | Main | 危険予知の最大数値に? »

July 14, 2005

トップランナーから学ぶ「仕事力」

「仕事力」という本を買って読みました。(編著書:朝日新聞社広告局)日本のトップを走り続けている方々の仕事観をまとめた本ですが、建築家の安藤忠雄氏のコメントも載っています。コメントからは、安藤忠雄氏の建築に対する熱いパワーが伝わってきます。

“居眠りするような中途半端な走り方ではダメですね”と断言した上で「リーダーとなって走れ」と熱く説いています。どんな立場であれ、自分が全力疾走するリーダーになることで仕事に対する責任を強く感じ、走り続けてこそ社会貢献につながり、新しい価値観を見出せるとしています。

最近のビジネス書でも、企業力よりも個々人が自らの力を存分に発揮する事が、自分の為だけでなく、結果的に会社の為になったり、社会貢献につながっていくことが紹介されている気がします。全力疾走し続けることは、なかなか私のような凡人には難しいですが、ある期間を決めていつもより速度を上げて力強く走り出してみることが、実は大事である様に感じました。

|

« 巨匠建築家を身近に感じました... | Main | 危険予知の最大数値に? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/4961514

Listed below are links to weblogs that reference トップランナーから学ぶ「仕事力」:

« 巨匠建築家を身近に感じました... | Main | 危険予知の最大数値に? »