« 今年度のBCS賞建築鑑賞ならここがお勧め | Main | 宇宙に暮らすという感覚 »

July 26, 2005

首都圏の地震について

25日に首都圏を襲った地震にはびっくりしましたが、建物のエレベーター関連の事故や対応の遅れが浮き彫りになりました。私の住むマンションもしばらく止まり、上層階に住んでいらっしゃる方は苦労して帰宅した上に、たいへんな労力で階段を昇っていてお気の毒でした。蒸し暑い日でしたから...。

早くも政府が、鉄道の運行やエレベーター内の乗客閉じ込め対策に関する災害対策関係省庁連絡会議を開き、都市型震災対策を今秋に策定する方針を示しました。この対応については、早い対応でね。具体的で現実的な対策を期待したいです。首都圏の地震に対する対策をひとつひとつ実施することで強い首都形成につながっていくと思います。

でも、予想以上にパニックになる様子もなかった様にも思われます。首都圏一般市民の冷静な判断力も評価できるのではないでしょうか?強い首都を形成する上で、メンタル的にスキルアップすることも重要です。一定の危険予知を想定し、そういった行動指針や倫理的な指針を政府が示すことも大切であると思います。

ところで、今回の地震も満月付近に発生しました。やはり地震と月齢との関連あるのではないかと、気になりますねぇ...。

|

« 今年度のBCS賞建築鑑賞ならここがお勧め | Main | 宇宙に暮らすという感覚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/5152112

Listed below are links to weblogs that reference 首都圏の地震について:

« 今年度のBCS賞建築鑑賞ならここがお勧め | Main | 宇宙に暮らすという感覚 »