« トップランナーから学ぶ「仕事力」 | Main | SWの創造力と徹底した表現力に圧巻! »

July 15, 2005

危険予知の最大数値に?

7.14付けの日本経済新聞に「東海」「東南海」地震が同時発生したときの東京での超高層ビルの揺れが最大3mになるという記事がありました。高さが280m級の超高層ビルを想定したシミュレーションで、長周期の地震と共振する場合とありましたが...。

3mも揺れるの?と思うと、びっくりしてしまいますが、実際には、地震は全く同時に発生する確率は小さいでしょうし、東京からそれぞれの距離と方角は異なりますので、全く同じ向きに長周期の振動が起こる確率も小さいはずです。また、地震の振動が地面から建物の最上部まで伝わる伝播速度と建物独自の制震装置による揺れの減衰効果もあるわけですから、実際には3mも揺れるのか疑問に思います。(現在ある超高層ビルでは、5~60センチは揺れる想定は、通常計算されています。)

“備えあれば憂いなし”で、安全を確保するのにこしたことはないですが、不経済な防災投資をあおる事になりかねないので、シミュレーションに疑問を感じます。また、記事より「超高層ビルが破損する恐れも...」とありましたが、混乱を招きたくないものです。記事の掲載のあった同14日にシンポジウムで詳しく発表されるとありましたが、シミュレーションでの条件を確認して安心したいものです。

|

« トップランナーから学ぶ「仕事力」 | Main | SWの創造力と徹底した表現力に圧巻! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/4975000

Listed below are links to weblogs that reference 危険予知の最大数値に?:

« トップランナーから学ぶ「仕事力」 | Main | SWの創造力と徹底した表現力に圧巻! »