« 「インフィル」再考(20) | Main | Sky of the Tokyo (表参道) »

June 03, 2005

「インフィル」再考(21)

自動車業界のみでなく経済界全体でもひとり勝ちと驀進しているトヨタ自動車は注目の的ですが、自動車の内装で注目したいのは、日産自動車の動きです。もうすっかりTVコマーシャルでも、お馴染みですが、レイ・イームス、アルネ・ヤコブセンらのデザインした名作椅子を紹介しながら、日産自動車の内装インテリアの高品質を売り込んでいるのは周知でしょう。

実際にショウルームに出向いてみても、シートなどは従来の機能性を確保しながらも、同時にその材質、縫製、肌触り、質感は高級家具そのものです。一般に、高級家具のみを購入しようとすると、その価格の高額さに驚きますが、車体とのあわせたその値段を考えると、実に格安感であり、そのアピールに力が入る気持ちがわかります。日産自動車のホームページでは、身近にインテリア専用のWEBサイトも用意し人気を得ています。実感として、そのセンスの良さを知ることができます。

ところで、考えてみると車の内装を大切にするセンスのいいヒトは、自分の家のインテリアにも気を使っているヒトの様な気がします。少なくとも私の知る身近な人達は、そうです。車の中が絶えず汚れていたり、手入れができていないヒトの部屋は同じように片付けが悪く汚れています。一方、手入れの行き届いた車の持ち主の部屋は、インテリアも含めてキチンとしている傾向にあります。

考えてみれば、部屋を整えインテリアをそろえたりしているヒトは年収もあるレベルよりも上でしょうし、個性的なこだわりを持つヒトが多いでしょうから、車を購入する場合いくつかのオプションをつけて購入することが多いかも知れません。センスのいい顧客層に的を絞った経営戦略は、やはりカルロス・ゴーン社長の戦略のひとつなのでしょうか。
(つづく)

|

« 「インフィル」再考(20) | Main | Sky of the Tokyo (表参道) »

Comments

リンクさせて頂いたのですが。。。

スケルトンインフィルで作る予定でして、こやじさんのコラム参考にしてます。

Posted by: こまった | November 11, 2005 at 11:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/4387707

Listed below are links to weblogs that reference 「インフィル」再考(21):

« 「インフィル」再考(20) | Main | Sky of the Tokyo (表参道) »