« SKY OF THE TOKY(丸の内) | Main | ◆体で対話する建築空間 »

April 28, 2005

SKY OF THE TOKY(丸の内)

tyo_kokusai00東京国際フォーラム。高さあるアトリウム天井部の巨大な白い鉄骨逆アーチ梁は、宇宙船か飛行船の中にいる錯覚か、あるいは鯨か恐竜のお腹の中にいるような連想をしてしまう。そんな大きなスケール感を受ける一方、外装ガラスから受ける開放感の為、日夜両方の風貌に感動を受けてしまう。

tyo_kokusai01フォーラムには個性的な7つのホールを備える。5,012席の日本最大級の2層構造ホールや高度な音響設備を備えた最新鋭の空間を提供するホールなどがあり、クラシックコンサートや国際会議をはじめ、多様な大規模催事に対応できる様になっている。他にも、相田みつを美術館やショップ、レストランを備えている。

各建材をスケールの大きい使い勝手としているディテールは気持ちがいい。また、下手なシーリング目地による納まりも少なく、各部工夫されて納められている点も気持ちがいい。大好きな建築のひとつである。

|

« SKY OF THE TOKY(丸の内) | Main | ◆体で対話する建築空間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/3888017

Listed below are links to weblogs that reference SKY OF THE TOKY(丸の内):

» アーチ [『アーチ』 建築辞典]
アーチアーチは、下部が上に凸な曲線形状をした梁、もしくは上に凸な曲線形状そのもの。... [Read More]

Tracked on May 09, 2005 at 05:04 PM

« SKY OF THE TOKY(丸の内) | Main | ◆体で対話する建築空間 »