« 光を通すコンクリートの存在にびっくり! | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »

March 13, 2005

光を通すコンクリート:追記

昨日記載のコラムで紹介の[Optics.org]のサイトは英語である為、記事を翻訳してみました。
参考までにどうぞ。
____________________________
灰色のさえないコンクリート時代は終わったといえよう。ハンガリーの建築家が世界中で最も普及されている建材を光ファイバーを用いて光を透過させる新しいタイプのコンクリートを創り出したのである。

「各ブロックの主要2面に方眼状かつ並行に無数の光ガラスファイバーを貫通させています」と商品開発者のアロン・ロソンツィは説明している。さらに「採光側の影は反対側へもくっきりとした影を到達させます。また、多彩な色も同じ様に透過させることができます。この特殊な効果は重厚なコンクリート壁の一般的な印象を覆す最高の感動を導くことでしょう。」としている。

この新しい建材はコンクリート造の内装表面の持つ暗く重たい印象をむしろ明るく爽快な感じに変えてくれるという点で期待したい。

ロソンツィは若干27歳のスウェーデンのストックホルムにある国立造形芸術大学に在学時にそれを発明し、全ヨーロッパのデザイン展示会において宣伝活動をおこなった後にその商品化の為の会社を設立しました。

彼の新設会社は、その建材をLitraCon(リトラコン)と名付け、その製造方法を確立し、今年(2004)の年末には組積用ブロックの材料を発売開始する予定である。

「理論上、この透光性のあるコンクリート壁構造は2m厚さのものと同様に20mもの距離でも光が減衰することなく透過する働きがある。」という。また、「構造負荷試験よりガラスファイバーコンクリートは高圧縮強度コンクリートに劣らない効果も確認されている。断熱性能も考慮できる多様な大きさの仕様を生産できるようにしている。」とロソンツィは説明している。
____________________________

|

« 光を通すコンクリートの存在にびっくり! | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/3276373

Listed below are links to weblogs that reference 光を通すコンクリート:追記:

« 光を通すコンクリートの存在にびっくり! | Main | SKY OF THE TOKYO(表参道) »