« ■アナログ主義宣言(1) | Main | Sky of the Tokyo (城南島) »

February 17, 2005

■アナログ主義宣言(2)

人間の心や体、精神・肉体は操作ボタンひとつで出来上がったり、成長するものではありません。他人とふれあい、努力や苦労し、汗や涙を流してこそ、一歩ずつ成長していくものではないでしょうか。
高度情報化時代の恩恵を受け、物質的には豊かになりましたが、真の意味で人が安心して安全に心豊かに暮らす為に、個々人が内面的にブラッシュアップを心掛けていく必要があると思います。

さらには、世代や国家を超えて人と人とが情操教育やコミュニティ活動、ボランティア活動を通じ交流する事により、様々な思想、考え方、喜怒哀楽に触れ、豊かな感性や俯瞰的な視野や地球環境を配慮した視野が養えるでしょう。

高度情報化社会において、あたかも近隣のごとく地球規模の地域の情報交換がされています。今後さらに発展する情報化・国際化社会において、各コミュニティ社会の中でリーダーシップをとる人材には、豊かな感性やグローバルな視野能力が必要不可欠な能力のひとつです。そういったボタン動作では備わらない、自発的に行動をおこす事により経験的・体験的に備わる能力が、これからの時代では最も人々が必要とされる大切なもののひとつではないでしょうか。

しかし、日常において『自発的に行動をおこす事』は、意外と面倒なことです。
ですから、ちょっとした身近な生活の中から自己表現できる行動や活動からはじめてみることが大切であると感じます。そうすることで、多種多様な情報が氾濫し個性が失われつつある社会生活において、自分らしさを発見でき、ひとつの新しい快感を取得することでしょう。同じ様な教育・職場・生活環境から半歩でも一歩でも抜け出して、真に個性ある生活空間でゆとりある心豊かな暮らしを実現したいものです。

私は建築技術者です。今まで『建築』を通じて生活空間に密着した、人間が本来必要である『各自が個性的な知恵を絞り、汗をながして創り上げ、完成を喜び、馴染み深く使いこなす』というアナログ主義的な生活手法を現場で学び経験的に身につけてきました。

そこで、先ずは身近なことから、ちょっとした工夫・提案・発想から生活空間を変化できそうなものを、アナログ主義的なアイテムや情報を、このブログで発信していきたいと考えています。
もちろんアナログ主義ですので、私自身の五感で確認したうえで、紹介していきます。
時間がかかるかも知れませんが、いろんな方々と交流したり、意見交換し少しずつ成長していこうと思います。

―人とふれあう経験・体験の中から本当の『自分らしさ』を発見しよう―
―コミュニケーションから生まれる人間力の魅力を再発見しよう―
それが、ここで主張するアナログ主義です。

|

« ■アナログ主義宣言(1) | Main | Sky of the Tokyo (城南島) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/2975704

Listed below are links to weblogs that reference ■アナログ主義宣言(2):

« ■アナログ主義宣言(1) | Main | Sky of the Tokyo (城南島) »