« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

◆建築設計者と現場技術者に今強く思うこと(前編)

最近の建築物は現代版数奇屋建築といってもいいくらい各部材を細く見せるのが流行っている。
全体コストを抑えるために特にスチールやステンレスアルミのJIS規格型鋼を直接利用して型のエッジを見せる手法が頻繁に利用されている。また、他の建築材料でもいわゆる見附寸法やチリ寸法をできる限る小さく見せるディテールも流行っている。出来栄えとしてもかなりシャープに見えなかなか格好のいいものである。

しかし、イメージや意匠を優先し、ディテールの描けていない図面を平気で差し出す設計者がなのかにはいる。困ったものだ。あとはゼネコンや工務店が考えてね...。と言うことなのだろうが、もってのほかである。そういう設計図にはやはり建築的に納まっていないものや、設備やFFEとの調整がついていないものが多い。設計そのもののコンセプトを疑うこともある。

現在の情報化時代では様々な建築施工例が紹介されて、我々はたやすくその情報を得ることができます。最新技術や最新の建材、海外の建築家等の情報も知ることができます。それらを様々なメディアを用いて自分の目で見て応用したり理解し研鑽していくことや自分の技術やスキルに付加し新しい価値を見出していこうとすることは、豊かな生活空間を創りあげていく上で有効であり、今の時代の特権であると思う。また、大いに利用できるものは活用すべきあると思う。

が、そっくり見た目だけを真似してプレゼンテーションレベルの技術で「これが私(我々)が考えた空間です」と主張しているのはちょっとどうかと感じる。以前も主張したが、基本的に建築はデザイン主体であってアートではない。顧客要求を的確に捉えそれを空間にしていく技術が「建築」であり、その他時代背景、環境や地域性、コスト、時間等を考えてデザインしていくものである。だから建築はストイックな中から数々の洗礼を受けて形状化されたものであり、そこには必ず幾つかのコンセプトがある。

好みの形を模倣するのみでは建築デザインとはいえない。一方、アートは自由は発想で自己主張をする表現手法である。だからアートと言えそうであるが、模倣のみはアートでも何でもない。アートには表現力に生命力や感情が存在するからだ。芸術性を感じるのはそのためである。しかし、模倣にはそれが無い。見た目を真似した空間は自己満足的なエゴのみがあるような気がする。現在、溢れた情報に翻弄され、設計者にエゴイストが多いのではないだろうか。

設計者達はもっと建築的な基本ディテールを知るべきである。基本もわからないまま体裁のよく見た目のいいデザインを創ろうとしている感がある。その形のコンセプトや成り立つための下地や構造的な強度、性能性、安全性、メンテナンス性を深く考えるべきである。特に若い設計者達はそう感じさせる方が多い。

最近、一級建築士の資格を取るのに難しくはなっていると聞いている。そこで予備校みたいなところに通って試験合格のテクニックを覚え資格を取得することが多いという。もっと「ものづくり」の原点を知るべきであると痛感する。資格取得に現場経験を条件にしてはどうかと思う程である。

しかし、一方、その現場にも最近おかしな現象が起きている。
(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sky of the Tokyo (神谷町)

hikousen昨日飛行船が伸びやかに東京上空を飛んでいましたね。久しぶりに見た気がします。何の宣伝であったかよくわかりませんでしたが、気持ちよさそうに金魚の様に空を彷徨っていました...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

Sky of the Tokyo (新宿)

shinjuku寒い日がまだ続き、風景もまだ冬そのものですが、陽が伸びてやわらかくなってきた気がします。夕日も温かみを帯びてきた感じがします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2005

Sky of the Tokyo (お台場)

fuji_tv反撃に出た渦中のフジテレビ。澄んだ空が行く先を見守る。ゆりかもめが穏やかに通過する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

Sky of the Tokyo (お台場)

odaibabridge春一番の知らせもあったが、未だ寒い東京。肩寄せ合う姿が春を呼んでいる様...。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

◆建築家のメモ

昨日紹介した「デザイナーと道具―アイディアを客観化する道具展」と似たような感覚で見て楽しめる書籍がある。それは昨年10月に発行された『建築家のメモ メモが語る100人の建築術』(丸善㈱)である。メモは「創造の瞬間」を表出したものとして紹介されている。頭に浮かんだインスピレーションを形に変換されたものである。中にはエスキースしすぎた洗練されたものや完成度の高いものもあるが、気ままに書いているスケッチのほうがアナログ的感覚であり見ていて楽しい。

大変失礼ではあるが、有名な建築家もこんな程度のスケッチを実際の形にしているの!と言うのもある。若く建築家を目指す方には大いに参考となる一冊となるであろう。建築家でない人にとっても大変興味を惹くこと間違いなしだ。
また、建築家の顔写真も掲載されているので、あまり建築家の名前と顔が一致していない方は建築雑誌を持つ片手にあると便利な一冊もある。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 21, 2005

◆鉛筆が活躍:デザイナーの道具

銀座松屋で開催していた「デザイナーと道具―アイディアを客観かする筆記用具展」を見に行った。
日本を代表する44人のデザイナーが日頃アイディアやデザインを具体化する時にしようしている筆記用具を紹介していた。そこで圧倒的に使用されていたのが鉛筆だ。

筆跡から思い思いの雑記帳に鉛筆でイメージを書いているその筆跡には勢いがあった。鉛筆の削り方も恐らくひとりひとり異なるであろう。鉛筆とはいえその使い方が千差万別なのだ。濃さ、タッチ、速さ、大胆さ、色、表現方法どれをとってもやはり個性あって圧倒される。言葉ではとても表現できない。デザインはこうした即興の勢いで生まれるのだろうなとつくづく思う。

なかには書道家の方やコンピューターグラフィックを使って自分の頭の中にあるイメージを出力させる方も紹介されていたが、身近な鉛筆がここまでいろんな表現力に君臨しているのを見るとワクワクしてくる。不思議なものだ。鉛筆を無意識に持ちたくなるような気になる。

残念ながら開催は今日まで。アナログ的感覚の芸術性を多くの方に実感してもらうためには、再びどこかで開催されることを願いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2005

Sky of the Tokyo (城南島)

jounannjima貨物船からあがるコンテナが積み木の様に空へ向かって積みあがる。首都圏の物資輸送量の多さから力強さと海外を感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

■アナログ主義宣言(2)

人間の心や体、精神・肉体は操作ボタンひとつで出来上がったり、成長するものではありません。他人とふれあい、努力や苦労し、汗や涙を流してこそ、一歩ずつ成長していくものではないでしょうか。
高度情報化時代の恩恵を受け、物質的には豊かになりましたが、真の意味で人が安心して安全に心豊かに暮らす為に、個々人が内面的にブラッシュアップを心掛けていく必要があると思います。

さらには、世代や国家を超えて人と人とが情操教育やコミュニティ活動、ボランティア活動を通じ交流する事により、様々な思想、考え方、喜怒哀楽に触れ、豊かな感性や俯瞰的な視野や地球環境を配慮した視野が養えるでしょう。

高度情報化社会において、あたかも近隣のごとく地球規模の地域の情報交換がされています。今後さらに発展する情報化・国際化社会において、各コミュニティ社会の中でリーダーシップをとる人材には、豊かな感性やグローバルな視野能力が必要不可欠な能力のひとつです。そういったボタン動作では備わらない、自発的に行動をおこす事により経験的・体験的に備わる能力が、これからの時代では最も人々が必要とされる大切なもののひとつではないでしょうか。

しかし、日常において『自発的に行動をおこす事』は、意外と面倒なことです。
ですから、ちょっとした身近な生活の中から自己表現できる行動や活動からはじめてみることが大切であると感じます。そうすることで、多種多様な情報が氾濫し個性が失われつつある社会生活において、自分らしさを発見でき、ひとつの新しい快感を取得することでしょう。同じ様な教育・職場・生活環境から半歩でも一歩でも抜け出して、真に個性ある生活空間でゆとりある心豊かな暮らしを実現したいものです。

私は建築技術者です。今まで『建築』を通じて生活空間に密着した、人間が本来必要である『各自が個性的な知恵を絞り、汗をながして創り上げ、完成を喜び、馴染み深く使いこなす』というアナログ主義的な生活手法を現場で学び経験的に身につけてきました。

そこで、先ずは身近なことから、ちょっとした工夫・提案・発想から生活空間を変化できそうなものを、アナログ主義的なアイテムや情報を、このブログで発信していきたいと考えています。
もちろんアナログ主義ですので、私自身の五感で確認したうえで、紹介していきます。
時間がかかるかも知れませんが、いろんな方々と交流したり、意見交換し少しずつ成長していこうと思います。

―人とふれあう経験・体験の中から本当の『自分らしさ』を発見しよう―
―コミュニケーションから生まれる人間力の魅力を再発見しよう―
それが、ここで主張するアナログ主義です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2005

■アナログ主義宣言(1)

高度情報化時代の現在、多種多様の情報が容易に入手できる様になり、それにより生活スタイルはかなり急激に変化してきました。より良いものを、個性にあったものを選択して生活スタイルに取り込むことが可能になりました。また、情報がスピーディーに行き交う事により、商品・製品の平均的品質水準等もかなりレベルアップし、低コストにもなりました。

しかし、現実にはそれらの情報を上手に活用している人々はまだ充分とは言えません。高齢化社会でもあり、また長く不況が続いた背景も重なり、情報端末の環境整備はもちろんのこと、あふれる情報を上手く取り入れたり整理したりすることが不得手のままでいる人は少なくありません。また、情報の活用し方も、なんとなく信じている情報マスメディアに頼り、そこから送りだされる情報に便乗して単純に同調しているのことが大変多い様に見受けられます。

高度情報化に対応しなくてはならない建築施設や社会基盤が必要である傍ら、生活空間において個々人が個性ある豊かな暮らしをする為には、もっと身近な空間に自己発見のできる機会を作ったり、従来の近隣コミュニィを重視し、人々がふれあい意見交換できる場を築き、むしろそういった『自分らしさ』を表現できる環境作りや活動が活発化することが大切であると思います。

一方、残念ながら、生活水準が向上した割にはそこに住む人々の心や精神レベル等の内面性までが全体的にレベルアップした訳ではありません。実際に、なんら不自由の無い生活を送っていても、すぐ身近に隣人殺人、誘拐、自殺、ドラッグ、売春、少年犯罪、ストーカー等の心の屈折が原因となる事件が発生し、社会現象として急激にクローズアップされてきています。一昨日も、非情な事件が大阪寝屋川の小学校で発生しました。許しがたい事件です。その背後には犯人の生活背景には何があったのでしょうか?テレビ・新聞などの報道では、犯人が小学校時代からゲームマニアであることが強調して伝えられています。

多くの生活の行動がボタンひとつやマニュアル通りで、ゲーム感覚のように不自由なく過ごす事が可能となってきましたのが、機械的な殺伐とした社会を創りだした原因のひとつだとも言われています。無機的なデジタル式の生活に空虚感を覚え、自分自身を見失ってしまっている様に見受けられます。注意していただきたいのは、ゲーム自体やそういった便利な生活そのものが決して悪いと言っているのではありません。便利になってきた分、やはり、自分らしさを発見できる行動を自らポジティブに、自発的に行う時間を個々人が持ち、コミュニティ豊かに暮らすことがまさに必要なのではないでないでしょうか。
(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2005

◆中学受験家族プロジェクト終結。子供部屋模様替えの成功術。

やっとこどもの中学受験が終わった。何とか本人の第一志望校に合格でき、一昨日は湯島天神にお礼参りを済ませ気持ちを一新したところである。少し大げさかもしれないが、思えば家族で取り組んだ「中学受験家族プロジェクト」であった。塾には通っていたけれど、受験する本人はなかなか本気で勉強しないし成績は下がっていく...。そんな状況であったのが、去年の夏休み。その時点で志望校のレベルを考えると絶句してしまう程のこどもの成績であった。

そこではじまったのが、「中学受験家族プロジェクト」。志望校に合格する為には受験する本人がまずヤル気にならなければ話にならない。そのためには何が必要かを夫婦で考え、自主性を習慣づけるべきだということで第一にはじめたのが、子供部屋の模様替え。今まで親子でよく同じ部屋に寝ていたことがあったが、親への依存度が高く自立心が着かないと思いこども部屋にベッドをおくことを計画、そして実行。部屋には手につくところに遊ぶものは無くした。もちろんゲームの類も...。また、猛暑であった為、自然環境派ではあったが、こども部屋にエアコンも整備した。

そしてこれらは短時間のうちに部屋の環境を変えた。そうすることが、こどもの意識を変えると考えたからだ。寝る時間と起きる時間を守らせ、自分の机の前には様々な目標を掲げる。夏休みは殆んど旅行など出かけることをせず、「中学受験」をするんだ!という意識をこどもが持つように仕向けました。昨年の夏はアテネオリンピックで盛り上がっていましたが、日本人の活躍も「中学受験」となぞり、努力と忍耐、根性で成功を勝ち取るんだぞと刷り込んだ。レスリングの浜口親子の気合の入れ方なんかも参考に、気持ちひとつで結果が違うんだと言うことを本人に言い聞かせ、こどもにとって自分発の「中学受験」にしむけていった。

このこども部屋模様替えの意識改革が発端で効果が出た。夏休みが終わる頃には成績もグンと上昇し、本人のヤル気につながっていきました。親が真剣に環境づくりをすることで精神的にこども刺激された感じである。親がただ「勉強しなさい!」とか「テストの点数は?」とこどもにプレッシャーを与えるのでなく、勉強し易い環境を整え、いろいろ考えた上で「これだ!」と決めたものについて親が牽引するようにこどもに勉強させたほうが良いことを実体験できた気がします。
(「スケルトン&インフィル」のインフィル再考にも使えるネタですね。こども部屋の模様替えがこどもの気持ちを変え、結果的には中学校ライフスタイルを希望通り変えたのですから...。)

また実際、こども部屋というのは小学校5~6年で一度模様替えを実施したほうが良いと思います。「こども部屋」についての書籍を読んだりすると、サンタクロースを信じなくなったら時期がこども部屋の模様替えの適時としていたりもします。「こども部屋」について模様替えを計画される場合、リビングデザインのホームページが参考になります。WEBサイトを紹介しておきます。『子ども室の考え方

《付録》
来期中学受験の方へ。参考までに振り返ってみて成功に導いた我が家の重点実施事項例を下記に要約&整理しておきます。
(ここはあくまでも『建築コラム』なので簡潔に整理しておきます。)
1)自主性を持たせる環境づくり
・こども部屋模様替え・空調整備
・遊び道具との隔離・寝起きの自主管理
・気分転換時に家庭手伝いの実施
2)短期中期の目標作り
・1ヶ月、3ヶ月ごとの勉強実施ノルマの作成と実施
・試験1ヶ月前の過去問題復習と直前の簡単問題による自信力UP
3)勉強方法の見直し
・できない問題と間違った問題の復習の徹底
・志望校の過去問題の実施徹底(3回以上)
・参考書と問題集の絞りこみ
・単一塾での学習
・ノートに問題の解き方を整理して書く癖をつける
4)親の勉強手助け
・【算数】中学代数演題による方程式の考えかた伝授
・【国語】文章読解力の為、優良映画の鑑賞(感想と主題)
・【理科】科学館等での実験や映像による体験学習
・【社会】時事問題の解説と歴史的事象の背景や事由の説明

同じように「中学受験」をされた家庭では一喜一憂しているでしょう。振り返れば、目標が高ければ高い程こども一人ではとても達成できる状況では無いような気がします。家族で「中学受験」を楽しむ位のプラス思考で取り組むのが何よりの成功を導く気がしました。それにしてもお金も大変かかりますよねぇ...。これも投資のひとつと考えてやっておりますが、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2005

SKY OF THE TOKYO(神宮前)

ts_harajukutrendy「トレンディ」・taste「テイスト」・thematic「テーマ性」・timeless「時代を超越した」などのプロジェクトコンセプトで1999年に誕生した『t's harajuku 』。若者の心を捉える先端ファッション建築に飛行機雲がよく似合う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2005

SKY OF THE TOKYO(外苑)

kaigakan東京の冬の空は美しい。
そう感じるこの絵画館上空は一段と広く澄み切っている。
野球やキャッチボールに励むプレーヤーの声が歴史的建造物の壁に優しく反射する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2005

「インフィル」再考(11)

「インフィル」再考(10)のつづき・・・。
「フレキブルな空間」では稼動式の壁紹介されている。詳細のディテールを示した図面等は紹介されていないが、仕掛けは単純に壁にキャスターを取り付けているだけである。住んでいるうちにリビングを広く使いたいなと思ったら壁をおして広げればいい。単純明快な仕掛けである。なぁんだと感じた方もいるかも知れないが、「コロンブスの卵」である。紹介されている写真を見る限りでは、稼動家具の類には見受けららずスッキリと納まっている。

壁を動かすのには一般的にパーテーションや稼動間仕切りがあるが、パーテーションは軽すぎて意匠的にも重厚感がないし稼動間仕切りとなると天井などにレールが仕込まれ意匠的にも住宅として良くないし決まった場所にしか移動できない。恐らくキャスターを壁の中に隠蔽したようなディテールであると思われる。壁を固定する時に使用する治具も上手に納めている様子だ。

以前にも記述したように、「高額なコストをかけないと模様替えができないようなプラン」や「ライフスタイルに応じ、住まい方の変化に対応できるようにしておく為に多額なコストや労力を使うもの」ではあまり意味が無い。ここで紹介したのは設備等のインフラと関連していない単純な壁の例であり成功している。壁には通常コンセントや電話回線等の電気的な仕掛けが必要としている為、少し改良を加えれば多機能稼動壁が誕生するかもしれない。

少しのコスト負担と大掛かりになるのを覚悟しこれをヒントに、一部設備配管や電気的な配線等を脱着可能とし床部の細工を施せば、稼動キッチンユニットやバスユニット、トイレユニットも実現化可能であろう。改修や模様替え時にいったん全部り、模様替えによる大幅なコストダウンが計れるであろう。ただし予め建物本体にある程度の機能を仕掛けておかなければならないため、将来どのくらいの模様替えの頻度があるのか等を検討し無いとあくまでも実験的な建築となってしまう。また、やはりコストや労力を使うものでは良くない。費用対効果を見込んだバランスが必要である。
(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

「インフィル」再考(10)

「インフィル」再考(9)の続き・・・。
比較的狭い空間が個性的な空間を作り出している実際例は日本で数多く紹介されているが、最近の日本の住宅は1戸あたりの床面積が大きくなる傾向である。一方、欧米の都市部では最近土地の価格高騰で狭くなる傾向ある。最近発行された『makinig more of SMALL SPACEES』(著者:スチーブン・クラフティ、発行:グラフィック社)という書籍にはオーストラリアのメルボルンを中心とする住宅の中から狭いながらにも工夫して建築された具体例が多く紹介されている。

広大な土地に恵まれて自然豊かなオーストラリアでは都市郊外に庭付きの戸建ての住宅が当たり前である。しかし、近年都市部での生活の便利さや防犯上観点から、都市部に住む傾向となっている。住・働・遊を合理的に生活に取り入れることができるのはやはり都会ということなのであろう。そうしたことから都市部の土地価格が上昇し、分譲住宅、賃貸住宅を問わず高騰し一戸あたりの床面積がかなり狭くなってきているのがオーストラリアNSW地域の現状である。

ところが、一戸あたりの住宅の面積が狭くなってきたといってもやはりオーストラリア。その面積が概ね100㎡程度か若干それを下回るくらいである。つまり、日本の現在の都市部でみられる分譲マンションの人気の広さと共通する。広さ的に接点があるところが面白い。また、その多くが今風のシンプルなデザインであり、「太陽の国」であるだけに自然採光を意識して取り入れたものが多く紹介されています。現在日本の都心部に住んでいるヒトやそうしたいと考えているヒトであればきっと興味深い書籍であろう。そのなかでも「スケルトン&インフィル」的な事例として紹介されているのが、「フレキシブルな空間」である。
(つづく)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

sky of the TOKYO(日本橋)

nihon_gikouキリ番のお札横領、新札発行、年末年始の偽札横行、大量のお札が用水路で発見等々...。何かとお札に関する話題が多い。
写真はライトアップで浮かぶ日本銀行。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

Sky of the Tokyo (葛西臨海公園)

cristal_viiew冬将軍が大活躍していますが、この真冬の寒いときに東京で海をボーっと眺める場所ってあるだろうかというと...実はある。
とっておきの穴場を紹介すると葛西臨海公園のクリスタル・ビューである。
ガラスで覆われた展望台は公園の丘の上に開放されている。日が射しているときは冬でも暑いくらい。
のんびりと海の見えるベンチで読書をしたり、仲のいい二人でボーっと海を眺めるのもいい。
kasai-rinnkai-koen1海に向かって左手にはディズニーランドも見える。距離のある二人であれば、寒い時期だけにその距離を近づける場所なのかもしれない...。
駅より葛西臨海公園の中央の通路を海に向かって歩いていくとクリスタル・ビューの姿が見えてくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »